2018年01月17日

若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』

祝・63歳の芥川賞受賞。「遠野の昔語り」の匂いがする。

「あいやぁ、おらの頭(あだま)このごろ、なんぼがおがしくなってきたんでねべが
どうすっぺぇ、この先ひとりで何如(なんじょ)にすべがぁ」
これが書きだしの2行です。
わたしは東北出身なのですらりと読めますが、東北出身以外の人はこの小説読み通すのはたいへんだろうなあ、などと余計な心配がわきます。
夫に先立たれて一人暮らしをしている74歳のおばあちゃん・桃子さんの、全編モノローグ小説です。
頭のなかを複数の人間(これまで生きてきた桃子さんの各年代の声、抑圧されていた桃子さんの声…)が行きかい、ぶつぶつとひとり言をいい、高笑いし、怒り、涙する。
「東北弁とは最古層のおらそのものである。もしくは最古層のおらを汲み上げるストローのごときものである」と、複数の内面登場人物のひとり「人品穏やかな老婦人のごとき柔毛突起」がいう。
タイトルの「おらおらでひとりいぐも」を決めたのも、きっとこの老婦人でしょう。

宮澤賢治の詩『永訣の朝』、賢治の絶唱の合間に妹トシ(とし子)のささやきがはさまれる。
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)
 ー雨雪をとってきてください
(Ora Orade Shitori egumo)
 ーおら おらで ひとり逝くもの

初めて読んだ時、この(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)に受けた衝撃、ぶわっと涙がふきあがる感覚は数十年を経た今もみずみずしくよみがえります。
くらべて(Ora Orade Shitori egumo)は、どうしてこの一行だけはローマ字で書かれねばならなかったのかが分からず、ハテナマークがついたものでした。最愛の妹トシのことばを「音」として、聖なる響きとして伝えるためではないかというような解説を読んで、なるほどと思ったりもしました。
今回、この本のタイトル「おらおらでひとりいぐも」がもつ強い吸引力をみて、ある納得感があります。
祈りに似た響き、しかも賢治の詩では「あの世へ逝く」の意味なのに、この本のタイトルは「自分らしく、一人で生きていく」という意味だということが、伝わってくる不思議。
作者は、そこまで考え抜いてこのタイトルにしたのでしょう。

エンディングが、小学校3年生の孫娘との交歓であることが救いとなり、甘い心地よさが残ります。

読み終えた翌朝に「芥川賞受賞」のニュースを知る

それにしてもおもしろい小説がでてきたものだと読み終えたら、翌朝(1月17日)の新聞で「芥川賞受賞」が報じられている。これは読書人生での初体験です。
63歳で、初めて書いた小説が「文藝賞」受賞(昨秋)、そして芥川賞受賞となった。
「テーマをつかむのに、私には63年という時間が必要だった」「何かを始めるのに、遅いということはない」という受賞の弁、迫力です。
岩手県遠野の出身とありますから、遠野の昔語りの血も引いているでしょう。でだしの東北弁に、その匂いがあります。
人生を「ほぼ終わったもの」としてとらえがちな最近の呆け天に、若竹姐さんの言葉が喝となって響きます。

だれもがひとり行く者である、という熱いメッセージに、乾杯。
若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』河出書房新社、2017年、1200円+税。
関連:2016年08月31日、村田沙耶香『コンビニ人間』http://boketen.seesaa.net/article/441495744.html
2015年06月06日、<続>遠野。カッパ淵、ふるさと村。http://boketen.seesaa.net/article/420207325.html
posted by 呆け天 at 11:40| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

なんて強い藤沢里菜女流名人(19歳)。竜星戦で快進撃・4連勝。

大石を仕留めた剛腕、見る者を魅了しました

進行中の第27期竜星戦Eブロックで、藤沢里菜3段(女流名人)が快進撃している。
1回戦、大表拓都2段に白番中押勝ち。
2回戦、堀本満成4段に白番中押勝ち。
3回戦、武宮陽光6段に白番中押勝ち。
そして、1月8日放送の4回戦、ベテラン桑本晋平7段にみごと黒番中押し勝ち。
桑本7段の巧妙な打ちまわしで明らかに劣勢にたたされていた藤沢は、桑本の大石に猛然とおそいかかりみごとに仕留めてしまった。解説の河野光樹8段が「とても死ぬ石ではない」と解説し、じっさい局後の検討でも白石に生きはあったようなのだが、素人目には、とりかけにいった藤沢の迫力があざやかに記憶に残りました。
藤沢里菜、強い!

もちろん、藤沢里菜の強さは昨年女流4冠を達成した時点で、囲碁ファンなら百も承知二百も合点のことです。
ながく女流棋士のトップとして君臨している謝依旻(しぇいいみん、27歳)の、5タイトル独占(女流本因坊、女流名人、女流棋聖、扇興杯、立葵杯)のうち、女流棋聖以外の4つのタイトルを昨年奪取した(現在は女流本因坊を謝依旻に奪い返されている)。
第43期碁聖戦ではそうそうたる棋士を破って本戦入りした(女流棋士の七大タイトル戦本戦入りは9年ぶり)。
将棋に比べれば男女の実力差は少ないといわれる囲碁だが、ながく女流トップに君臨している謝依旻でさえ、七大タイトル戦本戦入りはできていない。
囲碁ファンにとっては「里菜ちゃん」は、なんといっても故・藤沢秀行(名誉棋聖)の孫です。
あの破天荒な棋士の血をひいているというだけで、なんやかやと妄想をかぶせてしまう。
歌舞伎の世界ではないのですから、一流棋士の子どもや孫が一流になるなどという保証はまったくありません。にもかかわらず、もしかしたら藤沢里菜は七大タイトル戦で男性棋士とはりあうような棋士になるのでは、という期待を抱いてしまいます。
韓国では2000年、女流棋士芮廼偉(ぜい・のい)が、゙薫鉉を破って韓国のタイトルの一つ国手を奪取した歴史があります。不可能とか、ありえないということではないのです。

竜星戦、初めて見る棋士のたたかいを堪能。

テレビの囲碁番組といえばNHK杯囲碁トーナメント(日曜12:30〜)しか世の中には知られていません。しかし、囲碁好きにとっては、囲碁将棋チャンネルの早碁棋戦・竜星戦があります。
NHK杯にでてくるような強豪・有名棋士も後半にはでてきますが、各ブロックの1〜6回戦くらいまでは、初めて見る棋士がほとんどです。とくに、1〜3回戦あたりは初段〜3段の若手棋士が激しいうちあいねじりあいを演じて、じつに面白い。
昨年26期では、芝野虎丸17歳が初優勝し、井山裕太に続く若手の台頭を強くアピールしました。

藤沢里菜女流名人の、竜星戦での快進撃に、乾杯。
藤沢里菜2.jpg藤沢里菜女流名人。写真はWebサイトより。
関連:2017年09月28日、祝!芝野虎丸・新竜星誕生http://boketen.seesaa.net/article/453750127.html
posted by 呆け天 at 11:53| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

沖縄の友人より(45)元旦から、辺野古新基地阻止の決意を新たに

あけましておめでとうございます。1月1日の、辺野古の浜の初興(ハチウクシ)です。松田ぬ浜の初日の出を拝み、辺野古新基地阻止の決意を新たにしました。
E2018.1.1 初日の出を拝み、辺野古新基地阻止の決意を新たに.jpg
1.6第一土曜日集中行動に600人。名護市長選に勝利し、辺野古新基地を必ず止める
正月明けの1月6日土曜日早朝から、2018年の第一回目の土曜集中行動が展開された。キャンプ・シュワブゲート前は、県内各地の島ぐるみをはじめ、「沖縄の闘いに連帯する関東の会」や鹿児島、埼玉、大阪など全国からの参加者600人の熱気で埋まった。
稲嶺名護市長が「私はこれまで2期8年、ぶれることなく新基地NO!を貫き、子供、子育て、教育分野の公約実現に力を注いで成果を上げてきた。21世紀を担う子供たちを守り育てるのは我われ大人の責任だ」と、再選への意欲を力強く語った。
沖縄選出衆参両院議員の照屋寛徳、玉城デニー、伊波洋一さんのあいさつ、赤嶺政賢さんのメッセージ朗読(糸数慶子さんは午前中座り込みに参加し発言した)。沖縄選出のこの5人の国会議員ほど、国会議員になったからといって偉ぶることなく、選挙公約を守り、沖縄の民意に忠実に応え運動の現場に常に足を運び連帯している議員は他に知らない。県民の誇りだ。
<写真>@2018.1.6 キャンプ・シュワブゲート前。オール沖縄主催の第一土曜日総決起行動に600人。終日資材搬入なし。Aテントを埋め尽くす人々。B稲嶺進名護市長のアピール。
G2018.1.6 キャンプ第一土曜日総決起行動に600人.jpg@F2018.1.6 キャンプ・シュワブゲート前%u3002オール沖縄主催.jpgAH2018.1.6 キャンプ・稲嶺進名護市長の.jpgB
C1.6 「72年以上の占領、もう十分。全米軍は沖縄から撤退せよ」D1.6 VFP(平和のための退役軍人の会)の横断幕
J2018.1.6 キャンプ・「72年以上の占領、もう十.jpgCK2018.1.6 VFP(平和のための退役軍人の会)の横断幕.jpgD
12.20最終弁論・陳述を終え3.14判決へ。三人は無罪、有罪は日本政府だ
E2017.12.20 最終弁論, 最終陳述に向けた城岳公園での決起集会。山城、稲葉、添田さん。
韓国で辺野古写真展
F2017.12.1〜3韓国平沢(ピョンテク)ビジョンドン聖堂での辺野古写真展。民衆民主党の人々が2週間にわたって韓国各地で写真展ツアーを行なった。G12.14〜ソウル光化門(クァンファムン)での辺野古写真展。
A2017.12.14~15 ソウル光化門(クァンファムン).jpgF@2017.12.1~3韓国平沢(ピョンテクて韓国各地で写真展ツアー.jpgG
今年は、名護市長選(2月4日)、沖縄知事選(11月)という重要な選挙があります。安倍政権に対峙する沖縄のみなさんの闘いに、敬意と連帯を表します。
posted by 呆け天 at 10:27| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする