2017年05月27日

「共謀罪」が衆議院を通過

「戦争は国会から始まる」ということばが、どんどん現実味をおびる

5月23日、「共謀罪=現代の治安維持法」が衆議院を通過した。
もはや日本の政治は、安倍ブラック政権の暴走を止めるどんな手立てもない様相を呈している。
世論調査によれば、共謀罪の審議は不充分だと思うなど、個々の政策には疑念を抱いている国民が多い。しかし、安倍政権へのい支持率は変わらない。
「戦争は国会から始まる」という、老国会ウオッチャーのことばが、どんどん現実味を帯びてきている。(朝日新聞2015年9月18日、西川重則さん(88))
有識者のなかには「安倍政権がみずから有事を引き起こす」危険を指摘する声も出てきている(菅野完『日本会議をめぐる四つの対話』での白井聡の発言)。
そうなった時、「がらりと風景が変わるように」国民が戦争に熱狂していく姿を、飯田進や瀬戸内寂聴の世代は見てきた。

5月24日朝日新聞社会面に「権力に反発する人間に反発する人」が増えているという小田嶋隆のことばが載っている。
小田嶋が「一般人は対象にならない」という政府の説明に対して「これってつまり『誰が一般人でどんな人間が犯罪予備軍であるのかはオレらが決めるんでよろしく』ということだよね?」とツイッターで発信した。すると「適当に批判するのは小学生レベル」「『テロ等準備罪』の文字が読めないの?なんですぐに妄想で語っちゃうの」といったツイートが相次いだのだという。
菅野完は、日本会議の特徴は「アンチ・言挙げする人間」であり、「理屈を言う奴が嫌い、筋道立ったことを言う奴が嫌い」という「日本のおっさん会議」だといっている(同前)。
小田嶋へのツイートには、その気分がよく出ている。薄気味わるい。それこそ「時代は治安維持法」とでもいうべき気分が、年代を問わず蔓延しはじめていると感じる。

「歴史は繰り返す。一度目は悲劇、二度目は喜劇として」という。
安倍や日本会議の妄動が「喜劇的な破綻」をむかえることを、多摩の片隅から念ずるしかない。
共謀罪3.jpg共謀罪2.jpg  共謀罪.jpg
関連:2015年09月19日、戦争は国会から始まるhttp://boketen.seesaa.net/article/426334101.html
2015年09月11日、五木寛之・古市憲寿対談http://boketen.seesaa.net/article/425705043.html
posted by 三鷹天狗 at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

春のバラフェスタ2017 たくさんの人々に愛でられて

神代植物公園がもっともにぎわう春のバラフェスタ。今年も5月9日〜31日、開催中です。
11時前後にはチケット売り場に長い行列ができるほど、たくさんの人が来園します。
多くの人をひきつけるだけの力が、バラの花にはあります。
わたしも、囲碁仲間ときたり、家族ときたり、フェスタ期間中になんども訪れました。
17春バラ3.jpg 17春バラ5.jpg 17春バラ1.jpg
バラ園コンサートも大人気。5月14日は、北欧・アイリッシュ音楽の「na ba na(ナバナ)」が、おだやかで優しい音色を響かせました。
ナバナ2.jpg ナバナ.jpg
5月21日は、姉妹ヴァイオリン「Duo Deux Fleurs(デュオ ドゥ フルール)」。多くの人が聴き入っています。
バラフェスタ1.jpg
美しいバラと、バラを愛でる人びとに、乾杯。
武蔵野バラ会.jpg 17春バラ4.jpg バラ2.jpg
posted by 三鷹天狗 at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

沖縄の友人より(30)本土復帰45年。辺野古新基地建設をめぐる攻防。

本土復帰45年・県民世論調査。「復帰良かった」75.5%、「辺野古反対」74.1%。

1972年5月15日、沖縄は本土復帰した。あれから満45年。『琉球新報』が実施した復帰45年県民世論調査によると、「本土復帰をどう思うか」との問いに、「とても良かった」「どちらかといえば良かった」合わせて75.5%、「とても悪かった」「どちらかといえば悪かった」合わせて4.1%だった。
また、「普天間飛行場の代替施設として辺野古の新基地建設をどう思うか」との問いに対して、「普天間撤去」「県外移設」「国外移設」合わせて74.1%、「辺野古に新基地建設すべき」が18%だった。また、就任後2年半を経てあくまで辺野古NO!を貫く翁長知事に対しては、「支持」が66.7%、「支持しない」が19.3%だった。http://ryukyushimpo.jp/news/entry-492150.html
沖縄県民世論の、圧倒的多数が「復帰賛成、基地反対」であり、この世論と翁長県政に対する評価が、ほぼ重なっている。

うまずたゆまず、辺野古新基地反対のたたかいは続いている。安倍政権の暴政に、決して屈しない沖縄県民の意志が、現地で、法廷で、政治・社会・文化のあらゆる場で、繰り広げられている。
@2017.5.12 「復帰45年、基地の島・沖縄の内実を問う5・15平和行進」。沖縄反基地闘争の推進力となっている「沖縄平和運動センター」のたたかい。http://www.peace-okinawa.net/
A5.12 韓国からの参加者40人近くも横断幕を掲げて行進。
B5.12 航空自衛隊那覇基地前を行進する南部コースの人々。
C5.11 沖縄県武道館での平和行進結団式に700人。
@2017.5.12 平和行進.jpg@A5.12 韓国からの参加者40人.jpgA
B5.12 南部コースの人々.jpgBC5.11 結団式に700人.jpgC
D5.10 キャンプ・シュワブゲート前座り込み。工事用ゲート前を埋め尽くした人々。
E5.9 沖縄県庁。平和市民連絡会の「埋立承認撤回」要請文を読み上げる高里鈴代さん。
F5.8 城岳公園。添田さんが「みなさんのおかげで保釈された。頑張り抜く」とあいさつ。
D5.10 キャンプ・シュワブゲート前.jpgDE5.9 沖縄県庁「埋立承認撤回」.jpgEF城岳公園での事前集会.jpgF
G5.2 大浦湾K9護岸建設工事現場での海上抗議行動。フロートの向こうの工事海域では、海保、防衛局の警備船、工事船がひしめいている。
H5.1 キャンプ・シュワブゲート前座り込み。警察が座り込みを排除し拘束している間に、工事車両がゲートを通過する。
G5.2 大浦湾海上抗議行動.jpgGH5.1 キャンプ・シュワブゲート前座り込み.jpgH
I4.29 辺野古ゲート前県民集会に3000人。キャンプ・シュワブのゲート前を埋め尽くした人々。
J4.29 「白紙撤回までともに頑張ろう」と訴える稲嶺進名護市長。
I4.29 辺野古ゲート前県民集会に3000人.jpgIJ4.29 辺野古ゲート前県民集.jpgJ
沖縄のみなさんの不屈にたたかいに、敬意と連帯を表します。
posted by 三鷹天狗 at 08:00| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする