2017年06月08日

2ヶ月過ぎてから、清水ミチコのライブ芸が分かる

小池百合子あいうえお(by小田嶋隆)

「新潮45」6月号に、小田嶋隆の「『小池劇場』はポピュリズムの悪魔結合である」という、小池都政についての評論が載っている。タイトルの「悪魔結合」というのは、小池百合子が、小泉純一郎流の「ワンフレーズ」政治と、橋下徹流のマスコミ操作術を結合させた巧妙な世論操縦で、異常に高い支持を得ているという意味です。
このなかで小田嶋は、小池百合子の政治は「あいうえお」であらわせるといいます。
ざとさ
かがわしさ
さんくささ
げつなさ
しつけがましさ
あまりにもピッタリ小池百合子をあらわしていて、笑ってしまいます(橋下徹も同じですが)。

これを読んだときにありありと浮かんできたのが、「清水ミチコひとりのビッグショー」の小池百合子のモノマネでした。
清水のショーでは冒頭に「携帯電話は切っておく、ビデオ撮影禁止」というような注意を、清水のモノマネビデオでやります。ライス国務長官とか北朝鮮の女性アナとか、ぶっとぶしかないみごとな芸で、客に警告する。YouTubeでみることができます。
わたしが見た日は小池百合子でした。狸顔のメークで登場、つぎつぎと英文のフリップをだし、上から目線でねっとりと警告したあと、タメをつくり「拍手は?」とおどす。
会場は大爆笑で、わたしもゲラゲラ笑っていましたが、清水が小池のなにを抽出しているからこんなに可笑しいのかが、いまひとつ分かっていませんでした。たとえば、女性政治家でいえば田中真紀子のモノマネは清水の得意芸で、ごうまん、苦労知らず、攻撃性、早口などが分かりやすく表現されます。
それに比べれば、小池のものまねには、ストレートな分かりやすさはありません。なのに可笑しい。そのわけが、小田嶋のいう「あいうえお」だと分かりました。粘りつくようなことば遣い、つくりわらい、慇懃無礼な上から目線…あざとく、いかがわしく、うさんくさくて、えげつない。最後に清水が「拍手は?」と強要したのは、まさに「おしつけがましさ」で締めたわけです。
なるほどなあ。2ヶ月もたって清水のライブ芸がわかるというのも情けないが、あの日の笑いがストンと腑におちました。

清水ミチコ「ひとりのビッグショー」を初体験

前々から観たいと思っていた清水ミチコのライブを、3月22日(水)昭和女子大学人見記念講堂で初体験しました。
青汁コマーシャルのパロディ、実弟との共演、芸歴30周年を祝って著名人が清水に「降りて」きてお祝いするがすべて自分のことしかしゃべらない…盛りだくさん、かつ映像とのコラボなど技法も多彩で、圧倒され、大いに楽しみました。
残念だったのはメインの「作曲法」モノマネに、まるでついていけなかったこと。唯一聞いたことのあるグループ名が「ミスチル」(曲は聞いたことがない)で、「ダンダン」でやけに受けていた。グループ名さえ聞きとれないものでは音が止まる「…」で会場が沸く。しかし、名前もしらない一度も聞いたことがないグループの「作曲法ものまね」では、わたしは笑えない。そうか、もはや清水ミチコのライブを楽しむ時期は過ぎたのか、という詠嘆とともに会場をあとにしたのでした。
ということでブログにも書きそびれていましたが、小田嶋の文章を読んで、やっと書けました。これからは、CDや本で楽しむだけにします。

進化し続ける清水ミチコに、乾杯。
清水みちこ.jpg
「清水ミチコひとりのビッグショー」3月22日18:30〜、昭和女子大学・人見記念講堂
関連:2013年06月28日、清水ミチコ「主婦と演芸」http://boketen.seesaa.net/article/367729016.html
posted by 三鷹天狗 at 08:33| Comment(0) | 演歌・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

笹沢信『藤沢周平伝』

どっぷりと藤沢作品の世界に浸らせてくれる評伝

読了に10日ぐらいかかりました。
時間がかかるのは、笹沢が引用する藤沢作品の一節を読んでいるうちに、本棚からその作品をひっぱりだしたくなり、読みふけってしまうからです。
引用は往々にして10〜15行、ときには20行におよぶものもあるほど長い。ふつう引用は、著者が自分の考え方や主張を補強したり証明するために行うわけですが、笹沢の引用にはその意図がない。その作品のいちばん魅力的な文章はここだ!と笹沢が信じるところを引用する。その手つきがあざやかで、作品がありありと思いおこされる。なのでつい当該作品を本棚からひっぱりだしたくなる。ああ、ここを引用したかなどと思いながら、短編だと全文読み直してしまう。時間がかかるのも当然です。
こむずかしい文学論は皆無、斬新な視点、初めて掘り起こした新事実といったものもありません。藤沢周平ファンにとっては、ぬるーいお湯につかってあんなことこんなことを古い記憶からよびもどしているような、そんな本です。幸せな時間をありがとう、と感謝したくなる一冊です。

著者は山形新聞社に1965〜1998年の33年間在籍し、主に文化欄を担当した。藤沢周平が「オール讀物」新人賞に応募し始めたのが1964年、亡くなったのが1997年だから、藤沢の作家生活と著者の山形新聞在籍期間はほぼ重なっている。藤沢は郷里・山形への愛情ただならぬ作家であり、山形新聞にも小説の連載、エッセイなどたくさん書いている。原稿依頼や事務連絡、講演など、きっと文化欄担当の著者と藤沢の関係もきわめて濃かったにちがいない。
ところが、拍子抜けするほどそのことが書かれない。著者は、藤沢と面識があったのかなかったのか、ということさえ書かない。ないはずはないのだから、こんな言葉をかわした、こういう印象だったという「肉声を伝える」義務があるとわたしなどは思うのだが、笹沢はそれをしない。
「活字になっている資料だけを使い、読者が追体験できる」枠内で書くという、自分が決めたルール・方法に、頑強にこだわっているのだ。
荘内弁に「かたむちょ」ということばがあるそうで、意味は片意地をはる、頑固者というようなことらしい。土佐の「いごっそう」とか、肥後「もっこす」、津軽「じょっぱり」などと同じようなニュアンスのことばでしょう。藤沢は自分の性格を「かたむちょ」と規定している。
たぶん笹沢は、それこそ筋金入りの「かたむちょ」にちがいありません。藤沢周平本人とのふれあいだけではなく、本書のために取材したであろう山形の人々との会話なども、なにひとつ記さない。事実関係も含め、活字になっているもののうち、笹沢が事実だと思うこと以外はいっさい引用しない。徹底した「かたむちょ」ぶりです。

『評伝吉村昭』の著者でもある笹沢に、あらためて感謝。

本書は、藤沢周平の没後16年もたってから書かれました。
藤沢には、向井敏『海坂藩の侍たち』(文藝春秋、1994年)という、最高の書評があります。藤沢の作品を称揚してこれ以上のものはありません。死後には、文藝春秋編『藤沢周平のすべて』(1997年)がだされ、丸谷才一、井上ひさしの弔辞にはじまり、そうそうたる作家の藤沢周平讃歌が、つめこまれています。この2冊に、娘・遠藤展子の2冊(『父・藤沢周平との暮らし』『藤沢周平・父の周辺』)があればじゅうぶんです。これ以外に関連本はたくさん出ましたが、私が心ひかれるものはありませんでした。
吉村昭の業績をたたえる評伝がないことを嘆いていたら、2014年に笹沢信『評伝吉村昭』(白水社)がでた。やれうれしや。藤沢関連本があれほどでるのに吉村昭には一冊もない(川西正明『吉村昭』という呆け天にはまるで評価できない本が一冊あるのみ)。悲しい想いをしていたところにでた一冊なので、深く感謝したものでした。
遅まきながら本書を手にして、なるほど、おなじポリシーで藤沢を書いたのか、と納得しました。『評伝吉村昭』も、それこそ禁欲的なまでに「活字になっているもの、読者が追体験できるもの」だけで書かれた本です。それにしても、藤沢と吉村という、わたしが敬愛してやまない作家の評伝を、おなじ人が書いてくれた。ありがたいかぎりです。

笹沢信の、公平・公正にして作品愛にあふれた藤沢周平評伝に、乾杯。
藤沢周平伝 -
笹沢信『藤沢周平伝』白水社、2013年、3000円+税。
関連:2014年07月25日、笹沢信『評伝吉村昭』http://boketen.seesaa.net/article/402541635.html
2017年01月27日、『オール読物』2月号藤沢周平特集http://boketen.seesaa.net/article/446354280.html
2017年01月13日、「没後20周年記念 藤沢周平展」http://boketen.seesaa.net/article/445877050.html
2013年06月15日、藤沢周平「三屋清左衛門残日録」http://boketen.seesaa.net/article/366446916.htm
posted by 三鷹天狗 at 09:12| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

沖縄の友人より(31)大規模集会、カヌー隊、早朝座り込み…あらゆる方法で

5.14瀬嵩の浜、5.27ゲート前で、連続して2000人規模の抗議

瀬嵩の浜から出発するカヌー隊が海からの監視と抗議を。キャンプ・シュワブゲート前の早朝からの座り込みが資材搬入阻止など工事の進捗を止めるための抵抗を。
海と陸の両方から、辺野古の新基地を作らせないためのたたかいが続いている。
5月14日には瀬嵩の浜に2200人が結集して「復帰45年県民大会」が開かれた。県内外からの参加者を前に、沖縄選出国会議員団、地元名護の稲嶺市長などが基地建設を止める決意を表明した。韓国から40人の代表が参加し、「韓国で民主的な政権が誕生した。米中対立の軍事緊張ではなく、ともに東アジアの平和をつくろう」とアピールした。
5月27日には「ゲート前県民集会」に2000人が参加した。沖縄選出の国会議員、各地の運動体や県議・市議などがアピール。那覇市議会の金城徹市議は「政府が一番恐れていることは県民の団結だ。歴史が示すように、民衆の非暴力の闘いは必ず勝つ」と訴えた。

@5.27 ゲート前県民集会に2000人。キャンプ・シュワブゲート前を埋め尽くした人波。
Aオール沖縄会議の玉城愛共同代表、ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表などがアピール。
B米軍基地に向かい怒りのこぶし。Cゲート前に座り込むグリーンコリア巡礼団の40人。
D手作りのプラカードを手に辺野古新基地NO!を訴え。E座り込みはもうすぐ3年になる。
@5.27 ゲート前人波.jpg@A5.27 ゲート前.jpgAB5.27 ゲート前怒りのこぶし.jpgB
C5.27グリーンコリア巡礼団.jpgCD5.27 手作りのプラカード.jpgDE5.27座り込みはもうすぐ3年.jpgE
F5.24 キャンプ・シュワブゲート前座り込み。大阪歌声協議会の35人が参加し、歌を披露。
G5.24 テント撤去に抗議して機動隊に詰め寄る。
F5.24大阪歌声協議会.jpgFG5.24 て機動隊に詰め寄る.jpgG
H5.18 大浦湾護岸工事現場での海上抗議行動。陸には軍警、海保、ガードマン、県警。
I5.18 カヌーは二重のフロートを越えて作業現場へ近づく。
H5.18 大浦湾.jpgHI5.18 大浦湾フロートを越えて.jpgI
J5.17 ゲート前集会。午前中の集会の締めとして、トランペットの伴奏で歌う。
K5.17 14人が参加した東京都日野市の9条の会のメンバー。
J5.17 ゲート前集トランペット.jpgJK5.17 ゲート前日野市.jpgK
L5.14 瀬嵩の浜に2200人。「復帰45年5・15平和とくらしを守る県民大会」。
M集会の最後に全員でシュプレヒコール。辺野古埋め立て阻止するぞ!
N集会を終えてデモ行進に移る韓国代表団の40人。
O地元名護市辺野古の島袋文子さんも元気に頑張ろう!
L5.14 瀬嵩の浜に2200人.jpgLM5.14 シュプレヒコール.jpgM
N5.14 韓国代表団.jpgNO5.14の島袋文子さん.jpgO
P5.13 沖縄県立博物館。沖縄と韓国を結ぶ連帯集会
Q5.13 佐喜真美術館。普天間基地の上空写真を前に韓国からの訪問団に説明する佐喜真館長。
P5.13 沖縄と韓国.jpgPQ5.13 佐喜真館長.jpgQ
不屈のたたかいを続ける沖縄のみなさんに、敬意と連帯を表します。
posted by 三鷹天狗 at 08:36| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする