2017年10月12日

『文藝春秋』11月号、佐藤優「トランプの『北の核容認』に備えよ」

米朝チキンレースについて、初めて聞く説得力のある議論

北朝鮮・金正恩とアメリカ・トランプのチキンレースはどこに行きつくのか。雑誌・週刊誌はいまにも戦争が始まるとはやしたて、安倍は「朝鮮有事」を煽れば選挙で圧勝できるとふんで、疑惑隠しの解散総選挙に走った。
しかし、ほんとうのところはどうなるのか。
トランプは先制攻撃にふみきるのか。北朝鮮はどう反応するのか。

文藝春秋11月号の佐藤優「トランプの『北の核容認』に備えよ」は、初めて聞く説得力のある分析・推論でした。
偶発的に、誰も望まない形で戦端が開かれてしまう可能性はあるということを留保したうえで、佐藤は、トランプは先制攻撃に踏み切れない、と断言します。
第2次朝鮮戦争が勃発してしまえば、ソウルは二日で陥落しアメリカが北を制圧し終えるまでに200万人近い犠牲者がでると、米軍はシュミレーションしている。在韓日本人4万人、在韓米人20万人にも大きな犠牲がでるだろう。
いっぽう北朝鮮は、金王朝・首領様を守る=国体護持のためなら、どんな犠牲をもいとわないという国をつくりあげてしまっている。
多大な被害を厭わない国と、多大な被害を避けたい国が向きあえば、被害を避けたい国が譲歩するしかない。(これって、ヤクザと一般市民がケンカしたときと、構図が同じですね。いやはや。)
北は、トランプの登場を喜んでいる。オバマによる無視作戦がいちばんつらかった。「こっち向いて!」「金王朝には手をつけないと言って!」ということだけが北ののぞみであり、聞こえないふりをされると立つ瀬がない。ところがトランプはひっきりなしにツイッターで北に言及し、金正恩について「なかなかの切れ者」「かなりタフな相手」などといってくれた。
これをチャンスととらえ、交渉・取引のために、一気に核カード(核実験、ICBM発射訓練)を切った。
トランプは、アメリカにミサイルが飛んで来ないということにしか、関心はない。いま経済制裁を言い立てているのは、やれるところまでやったというアリバイ作りにすぎない。落としどころは「北の核兵器と中距離弾道ミサイルを事実上容認する代わりに、ICBMの開発だけを放棄もしくは凍結する」ということになるだろう。
これはパキスタン方式だ。アメリカはパキスタンの核保有を事実上容認している。パキスタンは中距離弾道ミサイルしかもっておらず、アメリカに危険は及ばないからだ。北が、ICBMさえ持たなければアメリカにとっての直接の脅威ではなくなるーそれで良い、というのがトランプの結論になる。
これは韓国と日本にとっては、常に北の核の脅威にさらされ続けるということになり、日本でも急速に核武装論がたかまるだろう。日本には2年以内に核兵器を開発する能力があるが、現状のNPT(核拡散防止条約)体制のもとでは作れない。ウラン・プルトニウムの供給がストップするからだ。非核3原則から、非核1.5原則に移行し、米軍の原子力潜水艦に日本の自衛官が乗船するといった「核の共同運用」が予測される。
そうした現実的対応をしながら、米朝国交正常化がはじまるのにあわせて日朝国交正常化を行い、韓国と共同して北への投資を行い、豊かな北朝鮮を招来させる。人々が豊かになれば、欲望が独裁を超えはじめる。日本が、国体護持(天皇の戦争犯罪を問わない)がはっきりしたら一夜にしてアメリカの友好国になったように、金王朝に「国体護持」を約束することで戦後日本と同じ道を歩ませることができる可能性はある…。

この中の、非核3原則から、1.5原則への移行という議論には、私は反対です。
エマニュエル・トッドなども、日本が核武装すれば東アジアは安定すると言ってますが、反核・反原発信者である私には、聞く耳はありません。ことしのノーベル平和賞に選ばれた「ICAN」=「核兵器廃絶国際キャンペーン」は、日本政府が核兵器の開発や保有などを禁止する核兵器禁止条約に参加しないのは、70年にわたって核廃絶を訴えてきた被爆者に対する裏切りだと批判しています。わたしもまったく同意見です。
その点をのぞけば、佐藤優の分析・推論は、米朝チキンレースについて、唯一まともなものではないかと感じました。
北朝鮮への怒りや侮蔑の感情は、理性をにぶらせるだけです。「そういうもの」として存在してしまっているカルト国家を、暴発させず、北の国民自身が「欲望」の力で呪縛から醒める日をうながしていく。これが大人の議論というものでしょう。

とりあえず、日本に立憲民主の旗をたてるところから

北朝鮮との緊張が、森友問題(国有地無償払い下げ)も、加計問題(恣意的な法運用)もチャラにしてくれるという、国政の私物化が、今回の国会審議ゼロの解散総選挙です。北の脅威を煽りながら選挙をやってるバカさ加減は、世界中の笑いものになっていることでしょう。
せめて、立憲民主党がある程度まとまった議席を獲得し、アジアや世界に発信できる言葉をもった政党になっていくのを、期待するしかありません。どんなに情けなくとも、これが日本の政治の現実ですから。

佐藤優の、米朝チキンレースについての明晰な分析に、乾杯。
文藝春秋 2017年 11 月号 [雑誌] -
文藝春秋 2017年 11 月号、880円(税込)
posted by 三鷹天狗 at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

内田樹・姜尚中『アジア辺境論 これが日本の生きる道』

日・韓・台の、民衆レベル・国レベルの連携を熱く語る

金正恩とトランプという、どうみてもまともとは思えない人間が核兵器のボタンを手に罵りあう。米ソ冷戦が終焉したときに、かくも愚かしくおぞましい未来がくるとは、誰も想像できませんでした。
朝日新聞の投書欄に、若い知り合いから「北朝鮮を先制攻撃で叩くべき」といわれてどう答えるべきか分からなかったという60代後半のかたの投書がのっていた。私自身は生身ではそういう言葉を聞いたことはないが、ネット上の言論を横目でみれば、おそろしいほど好戦的な言辞がはびこっている。
安倍が、臨時国会冒頭解散という、立法府軽視・憲法無視の暴挙にでたのは、北朝鮮に対する好戦的な気分をとらえれば選挙で圧勝できるというヨミによるものでしょう。

そういうご時世に、「なにを悠長な!」というほどゆったりと、日本・韓国・台湾の、民衆レベル・国レベルの連携にこそ未来があると、手をかえ品をかえ、語りつくす一冊です。
昨年、ふたりは『世界「最終」戦争論ー近代の終焉を超えて』という対談本で、「いっちょ戦争でも」という気分が広がりつつある日本の現状を憂い、大いに警鐘をならした。この本では、戦争以外の選択肢のための大きなヴィジョンを提示しています。

内田と姜は、21世紀の世界はゆるやかに「中世回帰」するのではと語り合います。
世界はいくつかの「帝国」に分割される。
「今のロシアの版図はロマノフ王朝のころの版図とだいたい同じです。中国は清朝末期と同じ、EUが神聖ローマ帝国の版図と同じ、インドはムガール帝国の版図と同じです。…中近東の紛争が終息して、そこにオスマン帝国が出現してくる」(内田)というように、だいたい中世の帝国の版図に世界は分割されるというわけです。
「韓国・日本・台湾というのは、中国のコスモロジーの辺境にありますけれど、中華帝国の一部であったことはないし、軍事力で中国に実効支配されたという経験もない。」(内田)
「帝国の周辺」にいる小国が生きのびるには、昔ながらの弱者の智恵=合従連衡しかない。日本・韓国・台湾(+香港)で、2億人の規模の経済圏ができれば、アメリカの顔色をうかがわなくとも、あるいは自閉化したアメリカが自国ファーストで太平洋から引いていっても、なんとかなる…。

姜は、かなり大胆に、日本のアジア主義の光と影を論じています。宮崎滔天のアジア主義、樽井藤吉の『大東合邦論』などには、その流れを汲んだ者たちの極右的な国権主義・アジア侵略へと向かう暗い側面だけではなく、アジアの中で生きていくしかない日本の光もあった。韓国と台湾で民主主義が定着した今、民主主義国家・地域の日韓台連携が、新しいアジア主義の形を可能とするのではないか。
私が知らないだけかも知れませんが、在日韓国人が、戦前の日本のアジア主義をいささかでも肯定的な色あいを帯びて論じるのを、初めて聞いたような気がします。やはり、時の流れというのは大したものです。

内田の著作は韓国でどんどん翻訳・刊行され、講演会によばれて行くと、多くの参加者がある。韓国では、李朝末期、日本の植民地支配、戦後軍事政権時代の全期間を通じて「マルクス主義」に触れる機会がなかった。内田の『寝ながら学べる構造主義』とか『若者よ、マルクスを読もう』などの著作は「今さら聞けないマルクス主義」についての、格好の入門書になっているのだという。
内田の韓国での講演会では、日韓連帯を説くところで熱い拍手がわく。夜のうちあげで「東アジアの未来」を語れば「日韓連携が東アジア再編の基本になるべきで、この方向しかない」という結論になる…。
いいですねえ。今のところは、ほんの少数の学者・学生との交流にすぎないかもしれないが、やがて大きく花開くだろうというのぞみが湧きます。

立憲民主党よ、日韓台連携を語れ

自民・希望・維新という、極右ナショナリズム政党揃い踏みというおぞましい風景に、かろうじて立憲民主党がリベラルの旗を立ててくれました。
旗をたてるだけでやっと、というボコボコ状態の政党に注文つけるのは難しいことは承知のうえで、立憲民主党よ、主張の一部に日韓台の連携を入れてくれといいたい。「いや、中国との関係が」とか言わないで、日韓台の連携が、明るいアジア、民主主義のアジアの礎となると語ってほしい。
「北朝鮮の脅威」を煽り「先制攻撃論」に世論を誘導する政党に対し、日本・韓国・台湾の「民主同盟」を構築して北朝鮮崩壊の受け皿をつくろうという、ひとまわり大きな未来を提示してほしいものです。

内田樹・姜尚中の日・韓・台連携の夢に、乾杯。
アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書) -
内田樹・姜尚中『アジア辺境論 これが日本の生きる道』集英社新書、2017年、740円+税。
関連:2016年07月16日、内田樹・姜尚中『世界「最終」戦争論』http://boketen.seesaa.net/article/440093239.html
posted by 三鷹天狗 at 08:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

沖縄の友人より(39)きびしい闘いのさなかにも、沖縄には唄と踊りがある

辺野古ゲート前で島袋文子さんのトーカチ(米寿)祝い
「童神」の古謝美佐子さんも、ビッグサプライズ演奏

沖縄では、旧暦の8月8日に88歳の祝いをする。本土でいえば米寿祝い、沖縄ではトーカチ祝い。今年は9月27日が旧暦の8月8日にあたり、辺野古ゲート前で、名護市辺野古住民の島袋文子さん(88)のトーカチ祝いが、400人の座り込みの人々によって、盛大に祝われた。
参院議員・伊波洋一さんからの花束贈呈、ビッグサプライズで古謝美佐子さんの「童神」演奏もあり、3時間にわたってお祝いが続いた。文子さんは琉歌で「御万人(ウマンチュ)ぬ情(ナサ)き わが肝(チム)にとぅみてぃ 永らえてうとーてぃ 基地ゆ止ぅみら」(みんなの思いを心に刻んで長生きし基地を止めよう)とうたった。
午前中からの座り込みに対し、機動隊は力づくの排除を行ない、たくさんのケガ人もでた。しかし、辺野古新基地を許さないという県民のたたかいは、大らかな唄と踊りをエネルギーにして、くじけることなく続いている。
@2017.9.27 キャンプ・シュワブゲート前。伊波洋一参院議員から花束を受ける島袋文子さん。Aビッグサプライズ、古謝美佐子さんの演奏(写真は沖縄タイムスより)Bオープニングにトーカチを祝う三線演奏。C3時間にわたる宴の最後は全員のカチャーシー。
D2017.9.25 辺野古・高江弾圧裁判第12回公判。城岳公園の集会で、糸数慶子参院議員、山城博治さん、三宅俊司弁護士。E掲げられた横断幕。「三人の完全無罪を勝ち取ろう」。F9.20 山城さん、稲葉さん、添田さんの無罪を勝ち取る決起集会に200人。Gこの日が誕生日の山城さんは花束を受け取り、目に涙。

9.17高江山中行動に二十数人。H、G地区のヘリパッド関連工事を監視

高江ヘリパッド建設関連工事を監視するため、9月17日(日)早朝から、二十数人が米海兵隊北部訓練場内の工事現場に入り、H地区ヘリパッド、建設中の進入道路、G地区ヘリパッドまで詳しく観察した。
沖縄防衛局の職員や警備員の妨害をはねのけ、3時間にわたって、工事による森の破壊をチェックした。沖縄防衛局は「ここは提供施設です」と繰り返して観察を妨害しようとする。
誰が提供した?やんばるの森は数百年以上前から再生産可能な形で維持してきた県民の財産だ。県民の意思に反してまるで強盗のようにそこに広大なゲリラ訓練場をつくったのが米軍だ。そして本土復帰後も沖縄駐留米軍を容認しているのが日本政府だ。我われの森を歩いて何が悪い!
H2017.9.17 昨年夏から秋にかけて攻防の舞台となった高江N1裏テント。I防衛局と警備員が並んだ阻止線を突破して進む。JG地区ヘリパッドに至る進入路脇の作業ヤード。赤土の山が森を汚染する。K一部コンクリート舗装されている。L進入路脇の竹の植え込み。オスプレイの200度をこえる熱噴射に耐えられない。MG地区ヘリパッド。まだオスプレイが使用していないため、表面の芝生は美しい。
N2017.9.17 高江赤土の山.jpgJO2017.9.17 高江.jpgKP2017.9.17 高江竹の植え込み.jpgLQ2017.9.17 高江.jpgM
森で、海で、ゲート前で、裁判所で。おおらかな島唄とともにたたかい続ける沖縄のみなさんに、敬意と連帯を表します。
posted by 三鷹天狗 at 09:12| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする