2017年07月19日

下田・南伊豆を初体験

風光明媚で、食べ物がおいしい。すばらしい観光地・保養地です。

ツレが所属する三線(サンシン)サークルが、南伊豆で2泊3日の合宿をするというのでぶら下がってついていく。旅行はぶら下がりにかぎります。責任や義務がなく、楽しむだけの、極楽トンボ御用達仕様。伊豆なら若い頃に何度も遊びに来ているーと思っていましたが、下田も、南伊豆も初体験でした。むかし来たのは、せいぜい熱海・伊東あたりまでだったみたいで、見るもの聞くもの食べるものが、みな新鮮です。
海・山(高原)・里山がコンパクトにセットになっている。きれいな海水浴場、山あいの温泉、美しい川。大都市からの移住者も多いらしい。ここに住みたくなる人たちの気持ちは分かります。すばらしい観光地・保養地ですね。

@スーパービュー踊り子号から垣間見える海がきれい。A「下田の関所」仕様の駅出口おしゃれ。
下田1.jpg@下田駅.jpgA
BC下田といえば、ペリー・黒船の舞台になった街、こんどゆっくり歴史散歩してみたい。 
I下田4.jpgC下田3.jpgC
D美しい白浜の海水浴場、弓ケ浜。E子浦。3連休なのにすいている。東京から遠いからね。
下田8.jpgD下田13.jpgE
FG2泊した桜亭(南伊豆町伊浜)。知る人ぞ知るといった雰囲気の、大きなログハウス。設備がとてもいい。バーベキューがベランダでできる。一袋1000円で5〜6個入っているサザエなど魚介類を漁協経営の市場で、新鮮な野菜を道の駅で大量購入し、あきるほど食べました。
下田6.jpgF桜亭.jpgG
散歩していたら「ガマ地蔵」なるものを祀っている「慈雲寺」というお寺がある。目の前を流れている青野川が氾濫したときこの寺が流された。寺の境内の池のガマ蛙も一緒に流されたが、住職のありがたい教えを聞いていたおかげで人間に生まれ変わった。お礼に美麗な袈裟をお寺に寄進した。これがその袈裟ですと、写真もかざられている。いやはや、楽しい縁起をもつお寺があるものです。

H美しい青野川Iほとりに建つお寺入口に「ガマ地蔵」J境内にも大きなガマの置物K慈雲寺。
南伊豆.jpgH慈雲寺2.jpgI
慈雲寺3.jpgJ慈雲寺(ガマ地蔵).jpgK
南伊豆の美しい風光と、おいしい食べ物に、乾杯。
posted by 三鷹天狗 at 08:58| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

恐るべし梅田の賑わい

甲子園から阪神電鉄で梅田に帰り、昼ご飯を食べに梅田(=JR大阪)の街に出る。なんなのこの人出の多さ。なにより阪急デパートのカッコ良さがただごとではない。影絵を使ったディスプレイが美しすぎる。そうか、大阪では百貨店文化は健在なんだ。
20160811135814.jpg20160811140514.jpg20160811140341.jpg20160811140401.jpg
posted by 三鷹天狗 at 17:19| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園歴史館、シブイ。

せっかくの甲子園なので「甲子園歴史館」を覗いてみる。
「聖地への誘(いざな)い」というキャッチフレーズが決まってます。
ま、気恥ずかしいとも言えますが、高校球児と阪神タイガースファンにとっては、まぎれもなく聖地でしょう。
入り口には高校野球連盟に加盟する高校の名前がプリントされた白球をならべた「ボールウォール」、床には甲子園の土。凝ってます。中にはこれでもかの盛り上げ展示。第1回の優勝旗、昨年の優勝旗。記憶に残る名勝負の数々の、展示とビデオ映像。果ては甲子園が舞台になったマンガを大きく引き伸ばした壁パネル。もちろん阪神コーナーもたっぷり。
東京の神宮球場、後楽園球場、西武ドームにはこういうものはありません。熱いなあ。
20160811122013.jpg20160811120421.jpg20160811120748.jpg20160811121319.jpg20160811121546.jpg20160811120618.jpg
posted by 三鷹天狗 at 16:02| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする