2018年07月19日

新聞紙のこよりで作られた実物大のカバ

一ツ山チエ展、野性のなまなましさが伝わってくる

新聞紙をこよりにして、ねじりあわせ貼りあわせ、実物大のカバが出現する。
なにか、野性のなまなましさがある。カバには、乾いた泥がこびりついている。赤く充血した目がこっちを覗きこんでいる。口を大きくあけたカバの牙の根元、のたうつ下の奥、皮膚と皮膚の下の血管までが表現されているよう。
一ツ山チエ120180718.jpg 一ツ山チエ6.jpg 一ツ山チエ15.jpg
犬や猫には、ヤマイヌ、ヤマネコと言いたくなるような野性のにおいがする。
一ツ山チエ8.jpg 一ツ山チエ220180718.jpg
不思議なアートがあるものです。
展示説明によれば、作者の一ツ山は、密猟者に傷つけられたサイの現状を知り、「彼らの命そのもの」を表現し、伝えたいと考え、この創作をはじめたのだという。
展示の奥のスペースでは、制作を実演し、希望する子どもは参加できるというスタイル。もうじき夏休みだから、これはうけるだろうな。写真撮影は自由、いいね。

調布の「紙アート」シリーズの第3弾

アート技法無限ーそんな感想がわいてくる展示です。
2015年関口光太郎の「新聞紙とガムテープで彫刻つくった」、2016年玉田多紀の「ダンボールの動物園」に続く「紙のアート」第3弾です。前の二回も良かったが、今回もすばらしい。

新聞紙のこよりで野性のかがやきを表現する、一ツ山チエのアートに、乾杯。
「新聞紙のこよりによる動物アート 一ツ山チエ展」7月7日〜8月26日。調布文化会館たづくり1階展示室。入場無料。主催:調布市文化・コミュニティ振興財団。
関連:2015年07月02日、関口光太郎展。http://boketen.seesaa.net/article/421585485.html
2016年06月13日、玉田多紀展http://boketen.seesaa.net/article/438913037.html
posted by 呆け天 at 08:51| Comment(0) | 美術・水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

マテウシュ・ウルバノヴィチ『東京店構え』

下町の個人商店が、こんなに魅力的にみえる不思議

絵画の不思議さを体感させる、マジックのような画集です。
東京の下町エリアを中心に、そこに美術・絵画的な魅力があるなどと誰も思っていない小さな個人商店を、正面から描く。間口2間前後の、居酒屋、寿司屋、肉屋、床屋…50の店舗が、克明に描かれる。いくつかの店は、私も見たり入ったりしたことがある店です。なにげなく見ている、変哲もないそれらの店が、なんともいえずいい味を醸し出してくる。その店の歴史、店主や客のことまで想像させるような力がある。

著者のマテウシュ・ウルバノヴィチはポーランド人、はじめて東京に旅行で来たとき、高島平のホテルから荒川に向かって散歩し「インスピレーションの爆発」を経験したという。
「目の前には、日本のアニメーションや漫画で見てきた、あらゆる景色が広がっていました。それはまったく新しい経験というよりも、まるで自分の知っている場所に戻ってきたような感覚でした。」
おもわず、「そこかい!」とツッコミたくなります。
日本が世界に誇れるのは、いまやアニメと漫画だけというようなことがいわれて久しいが、著者マテウシュの場合、まさにそのことばのままです。むかしフランスの文学や絵画にあこがれてパリに旅行した日本の青年が、パリの景色に感動するのと同じ感動を、高島平から荒川への散歩でマテウシュは感じている。
パリは自分を文化の中心だと思っているから、世界中からおのぼりさんがやってくるのを当然だと思っている。東京は自分を「アニメと漫画の聖地」などと自覚していないから、マテウシュのような反応を聞くとおどろきます。
しかし、このブログでもとりあげたことがある北欧女子オーサの例などみても、よほどの数のアニメ・漫画ファンが日本に旅行にきて、そのうちの何人もの人たちが日本で暮らすことを選んでいるんだろうな。

マテウシュはアニメ製作会社に就職して、映画『君の名は』(新海誠監督)の背景美術を担当したというのですから、プロ中のプロです。あの映画そのものは、老人にはいまいちピンときませんでしたが、背景美術の美しさは、ジブリアニメに引けをとらないほどすばらしかった。そうか、あの風景描写は、ポーランド人イラストレーターが見た日本だったか。

「模写意欲」が、メラメラと湧いてくる。

あんまりいい作品集なので、『非水百花譜』以来の「模写意欲」が湧いてきました。
東京店構え.jpg 東京店構え3.jpg 東京店構え4.jpg

巻末に創作課程の説明などもあり、みなさんも街の景色をイラストにしたらいかが、と誘っています。自分で描くと、さっぱりなんですね、これが。模写で、見方や描き方を学んで、わたしもこつこつ自分の住んでいる周辺を描きます。

すばらしい東京個人商店讃歌に、乾杯。
東京店構え マテウシュ・ウルバノヴィチ作品集
関連:2013年07月07日、「非水百花譜」を模写するhttp://boketen.seesaa.net/article/368522124.html
2017年06月13日、北欧女子オーサ、剣道を体験するhttp://boketen.seesaa.net/article/450787930.html
2016年09月30日、映画『君の名は』http://boketen.seesaa.net/article/442364532.html
posted by 呆け天 at 08:29| Comment(0) | 美術・水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

ヨシダナギ『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』写真集『SURI COLLECTION』

馬喰横山で観たヨシダナギ展。とんでもない写真家がいるものです。

若い知り合いに「馬喰横山で面白い写真展やってるよ。見たら驚くこと請け合い」と教えられてサクサクでかけてみました(2月23日)。
この写真見たら驚くしかありません。パプアニューギニアの少数民族で、悪霊と戦うために自ら悪霊と化す「模倣呪術」。「スケルトンマン」と呼ばれているらしい。
アフリカ・エチオピアの少数民族で「世界でもっともファッショナブルな民族」といわれるスリ族。衝撃的なまでに美しいアフリカ。
ヨシダ9.jpg ヨシダ7.jpg
撮影自由。どんどん広めていってほしいという。地下鉄馬喰横山駅から歩いて数分の「Kanzan gallery」(カンザン ギャラリー)という、ごくごく狭いスペースでの個展です。
「Tribe Walk」(トライブ ウオーク)は少数民族散歩(見て歩き)くらいの意味か。アフリカやパプアニューギニアなどで「未開」といわれる暮らしをしている少数民族を、心底「カッコいい!」と思っている写真家であることが、びんびん伝わってきます。アフリカといえば、飢餓、内戦、植民地支配の残した深い傷…負のイメージの写真が多い。ヨシダナギの写真に写されているのは、理屈抜きで美しい少数民族の姿です。
予備知識なしで行ったのでほんとに驚きましたが、ネット検索すると、民放のバラエティ番組で「服を脱ぎ民族と同じ姿になる写真家」として有名らしい。本も出してる。

『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』(2016年)は、いじめられっ子でひきこもりだった女性が、23歳のときにいきなりアフリカにとびこんでいく、かなりぶっとんだルポルタージュです。はたからみれば「なんて無謀な」としか思えない行為ですが、彼女には子どものころにテレビでみたマサイ族へのあこがれという、強烈な動機があった。大きくなったらあの美しくカッコいいマサイ族のようになれるのだと思っていたというから、クリエイティブ系の人生を生きるしかない個性です。
『SURI COLLECTION』(スリ コレクション)は、スリ族の一大ファッションショー。
「撮影したらカネ払ってとっとと帰れ」という少数民族の女性たちの反応に対し、ヨシダナギは「私がその恰好をしたくてここに来たんだ」と、素っ裸になり、葉っぱの装飾をつけ、泥のメイクをしてもらう。女性たちは大笑いしてヨシダを受け入れる。アフリカにあこがれ「彼らに会うたびにハリウッドスターに囲まれているような気分」になっているヨシダだけがつくることのできる関係です。写真家が被写体と溶けあっている。通常の写真集の概念を超えたものを感じます。

ここから、日本人のアフリカ観が変わっていくほどのパワーがある

「リアル北斗の拳」状態のソマリアに、平和な独立国家がつくられているというウソのようなルポが、高野秀行『謎の独立国家ソマリランド』(2013年)でした。腐敗、独裁、内戦といった現実は確かにあるが、そこから脱していこうとするアフリカの人々の智恵や勇気もここにあるぞ、というレポートです。
ヨシダの写真は、アフリカを「飢えた子どもたち」のイメージだけでとらえるのは間違っている、こんなに美しい、誇りたかいさまざまな民族を「カッコいい」と思わない?という、つきぬけたメッセージです。
それにしても、魂消るほどすごい写真であり、写真家です。ここから、日本人のアフリカ観が変わっていくほどのパワーがある。

マサイ族になりたかった写真家の、衝撃的なまでに美しい写真に、乾杯。
ヨシダ,裸でアフリカをゆく -  SURI COLLECTION -
ヨシダナギ展『Tribe Walk』Kanzan gallery(カンザン ギャラリー、2/3〜2/25、入場無料。
ヨシダナギ『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』扶桑社、2016年、1600円+税。
ヨシダナギ『SURI COLLECTION』(写真集 スリコレクション)いろは出版、2016年、3400円+税。
関連:高野秀行『謎の独立国家ソマリランド』http://boketen.seesaa.net/article/387713787.html
posted by 呆け天 at 11:52| Comment(0) | 美術・水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする