2017年04月03日

沖縄の友人より(27)3月20日、孫崎享さん講演会「トランプ政権と東アジア」

政府とマスコミにより作られた「中国脅威論」を痛烈に批判。
日本の米軍駐留経費の負担総額年間7000億円は、日米地位協定にすら違反している。

3月20日午後、孫崎享講演会「トランプ政権と東アジア」(主催:東アジア共同体研究所 琉球・沖縄センター、共催:沖縄キリスト教平和研究所)が沖縄キリスト教学院大学のチャペルで開かれ、約200人が参加した。
孫崎2017.3.20.jpg
孫崎さんの講演はきわめて興味深い内容だった。
米軍駐留費用について、日米地位協定第24条には「日本国に負担をかけないで合衆国が負担することが合意される」と明記されている。つまり負担0%でなければならない。ところが、日本の米軍駐留経費の負担総額は年間7000億円を越える。ドイツ1800億円、韓国1000億円、イタリア400億円に比してとてつもなく大きい。
例えば4000億円あればすべての国公立大学で無償化ができる。小中学校の給食無償化は4700億円で可能だ。米軍に対する「思いやり予算」をやめればできる。
第2次世界大戦の敗戦国であり戦後復興をとげたという点でドイツと日本は似ている。しかし決定的に違うのは米軍との関係における国の主権だ。「ドイツ駐留NATO軍地位補足協定」には、「基地の使用よりドイツ側の利益が上回る場合には返還請求に応じる」との趣旨の条項がある。「ドイツ側の利益」という基準は合意議事録ではいっそう明確に「ドイツの非軍事部門の基本的な必要性、特に国土整備、都市計画、自然保護および農業上、経済上の利益」と表現されている。これを普天間基地に当てはめると、基地がない方が都市計画や経済発展の面ではるかに利益があるので、普天間基地の閉鎖・撤去となり、辺野古・大浦湾の自然保護および経済上の利益からそもそも辺野古新基地は計画されようがないことは明らかだ。
日本が米軍によって守られているという大いなる錯覚。外国軍隊がいないと国の安全が守れないという国が世界のどこにあるのか。田中角栄元首相が中国を訪問し日中共同声明を出した時、国民の多数は日中友好を歓迎した。その後米国および政府とマスコミが世論を操り、中国脅威論に導いてきた。
尖閣は棚上げでいいと中国が言っているのに、わざと緊張激化させているのが日本政府・安倍内閣だ。ASEANは一つの手本になる。宗教、政治体制の違いを乗り越え、戦争をしないことで国の安全を守る。「日米同盟」の固定観念を捨てアジアの平和共存へ乗り出すべきだ。
孫崎さんの講演は、普天間基地の閉鎖・撤去、辺野古新基地建設阻止の、きわめて重要な論拠を指摘している。

沖縄県立博物館が、孫崎講演会を拒否。県民の抗議で謝罪。

講演会は当初、沖縄県立博物館で予定されていた。ところが「政治色が強い」との理由で不許可になったため、会場は急遽沖縄キリスト教学院大学に変更された。これに対し、強い抗議の声がまきおこり、社会問題化した。沖縄県の担当者は「過去に同様の内容で利用しており、不許可にする理由がない」と指摘し、指定管理者の「沖縄美ら島財団」を批判した。結局、「沖縄美ら島財団」が講演会主催団体の東アジア共同体研究所琉球・沖縄センターに出向き、「誤った判断」を謝罪し「今後も利用してほしい」と述べた。
沖縄孫崎.jpg     沖縄孫崎2.jpg
安倍ブラック政府の意向を「忖度」することは、「森友学園疑惑」にあらわされたように、いまや日本の病となっている。日本各地で、護憲を訴える集会に公的な会場を貸さないという、異常なことが常態化している。沖縄博物館を謝罪に追い込んだすばやく強い抗議を、いたるところであげる必要がある。
posted by 三鷹天狗 at 07:55| Comment(2) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

沖縄の友人より(26)3月25日、ゲート前で3500人が集会

翁長知事、初めて辺野古現地集会に参加。
山城博治さんが半年ぶりに現地集会に登場。

3月25日、キャンプ・シュワブゲート前で「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」主催の「違法な埋立て工事の即時中止、辺野古新基地断念を求める県民集会」が開かれ、3500人以上が結集した。
山城博治沖縄平和運動センター議長は、不当な保釈条件のため、通常の集会参加ではなく、集会前の発言という形で発言した。「やっと帰ってくることができた。5か月以上にわたる勾留を頑張り抜くことができたのは県内外、全世界からの激励のおかげだ。権力がどんなに襲ってきても決して屈しない」と力強く述べ、熱い拍手を受けた。
就任以来辺野古現地集会に初めて参加した翁長知事は「今日を期して新たな闘いのスタートだ。私は銃剣とブルドーザーで米軍基地がつくられていった米占領下を思い起こす。今辺野古で同じことが行われようとしている。あらゆる県の権限を行使し、埋立承認の撤回を力強く必ず行う。皆さん、チバラナヤーサイ、ナマカラドゥヤイビンドー(頑張りましょう。今からですよ)」と決意を述べた。
沖縄選挙区選出の衆参両院議員をはじめ、沖縄の各界各層が辺野古現地に集結した。翁長知事の発言は、安倍内閣の「翁長知事個人への賠償請求」という、とんでもない反応をひきおこしている。
@2017.3.25 「違法な埋め立て工事の即時中止 辺野古新基地建設断念を求める県民集会」
Aゲート前を完全に埋めつくす
B翁長知事が「闘いはこれから」と檄
C半年ぶりに壇上に立った山城博治議長
D座り込み993日目(4月1日に、1000日到達)
A2017.3.25 県民集会.jpg@@2017.3.25 県民集会.jpgA
B2017.3.25 翁長知事.jpgBD2017.3.25 山城博治議長.jpgCC2017.3.25 座り込み993日目.jpgD

数百人規模の現地集会、海上行動は、うまずたゆまず続けられている。
E3.18 ゲート前座り込み集会。中央に座る島袋文子オバア。
F3.22 座り込み集会。東京から参加の学生たち。
GH3.21 海上行動カヌーチーム。長島付近で作業を監視。
2017.3.18 島袋文子オバ.jpgE2017.3.22 座り込み集会東京の学生.jpgF
2017.3海上行動カヌーチーム.jpgG2017.3.21 海上行動カヌーチーム.jpgH

翁長知事の「今からですよ」という力強い発言に、乾杯。
posted by 三鷹天狗 at 10:06| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

沖縄の友人より(25)3月18日夜、山城博治さん保釈。

保釈金は700万円。「事件関係者との面会を禁じる」との保釈条件。

3月17日の第1回公判のあと、那覇地裁はいったん保釈を認めたのに、那覇地険が抗告を行なったため保釈を差し止めた。しかし、18日、福岡高裁那覇支部が検察の抗告をしりぞけ、保釈を認めた。
保釈金は700万円。「事件関係者との面会を禁じる」との保釈条件が付されている。すでに公判が始まり証拠隠滅の恐れもないことが明白であるにもかかわらず、最後まで保釈を妨害した検察の悪意と、検察にほとんど従属する裁判所の姿には怒りを禁じえない。
18日午後8時ごろ、知らせを聞いて駆け付けた150人にのぼる人々の出迎えを受けて、那覇拘置所から出てきた山城さんは、妻の多喜子さんから花束を受けたあと、5か月にわたる獄中生活で10キロもやせた細い体から元気な声を振り絞り「千秋の思いで待っていたみなさんと再会できてこんなに嬉しいことはない」と述べ、涙を浮かべみんなと喜びの抱擁を交わしカチャーシーを舞った。そして「裁判では無実と無罪、沖縄の正義を訴えて頑張りたい」と語った。
 山城博治26f79e970eca396431da9889f33192a3.jpg 山城保釈imagesBZKDSVDS.jpg
写真はネットより拝借

3月17日の第1回公判には500人が参加した。午前9時から裁判所向かいの城岳公園で「山城議長たちの裁判勝利!即時釈放!政治弾圧を許さない大集会」が開かれた。池宮城紀夫弁護士は「これまで山城さんの釈放のため、保釈請求、準抗告、特別抗告合わせて21回行なったが、すべて却下された。高江・辺野古ごり押しのための権力の弾圧は尋常ではない。司法が人権の砦を捨て行政の手先になり下がっている。関係者に会ってはいけないなどという保釈条件は人権侵害であり、憲法違反だ」と述べた。
午前10時から始まった法廷は正午を大きくオーバーして終了した。報告集会で三宅俊司弁護士は「今日の裁判所の厳戒態勢は弁護士生活の中で初めての異常事態だ。検察の言う通り有罪を認めなければ外へ出さないという裁判所の態度は、自ら判断できない無能を自ら認めるものだ。3人は罪状認否で無罪を主張した。法廷の内外で闘おう」と述べた。
午後6時からは県庁前の県民広場で集会とデモが行われた。
早朝から夜中まで、全島からかけつけた人びとの怒りが裁判所を包囲し、ついに18日夜の保釈を実現させた。
@2017.3.17 山城博治さんら3人の第1回公判。那覇拘置所前の抗議行動
A第1回公判に先立つ集会で発言する池宮城紀夫弁護士
B城岳公園の集会。
2017.3.17 第1回公那覇拘置所前の抗議行動.jpg@2017.3.17 発言する池宮城紀夫弁護士.jpgA
2017.3.17 城岳公園の集会.jpgB
山城博治さんたちを取り戻した沖縄のみなさんの闘いに、敬意と連帯を表します。
posted by 三鷹天狗 at 09:37| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする