2018年02月07日

沖縄・名護市長選、稲嶺候補敗北の衝撃

「嘆かず、依存せず、できる限りのことを黙々と、淡々とやっていく」ーチョイさんの沖縄日記より

沖縄県名護市長選が2月4日投開票された。
渡具知武豊  20.389票
稲嶺進     16,931票
辺野古新基地反対の先頭に立ち、オール沖縄の候補であった稲嶺氏が敗れた。今でも名護市民の6割が基地建設に反対という世論調査に変わりはない。しかし、「基地反対だけではやっていけない」というネガティブキャンペーンに、稲嶺陣営は抗しきれなかった。
遠くから「稲嶺ガンバレ」と応援していた者としては、残念無念、悔しくてなりません。
しかし、稲嶺氏の当選のためにがんばってきた名護市民、基地建設阻止の最前線でがんばっている方たちの悔しさとは比べるべくもありません。みなさんの言葉に耳を傾けるのみです。

翁長知事は、辺野古新基地建設反対は揺らがないことを表明したうえで、安倍首相が「名護市民に感謝したい」などと発言したことについて疑問を呈した。「国は沖縄が最初に出した民意を尊重してきたのか」「知事選、衆院選、参院選で(辺野古反対の)民意は出たが政府はそれを一顧だにしなかった」と指摘。「民意のとらえ方は、首相が胸を張って言えるようなものではない」と述べ、政府与党支援の候補者の勝った選挙結果が出た時のみ、地元の意向を尊重する姿勢を示す国を批判した。
「琉球新報」2月6日https://ryukyushimpo.jp/news/entry-659870.html
現地での闘いの先頭にたっている芥川賞作家・目取真(めどるま)俊さんは「逆境の中でこそ真価が問われる。敗因を真摯に反省し、現場での闘いを強めましょう」というメッセージを2月4日に発しています。「祝杯をあげている政府の政治家・役人は、沖縄県民・名護市民のことを腹の底では嘲笑っているだろう。米軍に奉仕することしかできないそういう連中によって、沖縄県民・名護市民が犠牲になることを許してはならない。」という強く深い怒り、決意が述べられています。
「海鳴りの島から」http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/1ba8beeb8141184fcf5cf155d7b5e912
同じく現地の最前線から、匿名ブログで発信し続けている「チョイさん」は、目取真さんが4月に語ったことばを引用する形で「嘆かず、依存せず、できる限りのことを黙々と、淡々とやっていく」のみという力強いメッセージを発しています。
「チョイさんの沖縄日記」http://blog.goo.ne.jp/chuy/e/561faafaa94b93adb81cc825e30039df
映画『標的の島』の三上智恵監督は「辺野古の街の闇にトグチ陣営の乾杯の声がこだましてる」とはじまる長い詩をフェイスブックに投稿しています。「誰が何を失ったのか?光を失ったのはこの国ではないのか」という問いかけが、重く、胸に迫ります(2月4日23:49投稿)。
https://www.facebook.com/chie.mikami.54?hc_ref=ARQ9Ut0UAdLQCNHreXraSA-3p_qxegANv8UOw8J_uYowYm-8o6uUaXz-OGKwhWClYsg&fref=nf&pnref=story

「中央政府に弓を引く」ことの困難

ときの中央政府・政権にたてつき弓を引くことは、古来から尋常ならざる困難を伴います。むかしなら騎馬兵士が制圧にきたし、今はカネの力、威圧と懐柔が重く住民にのしかかります。
沖縄の人々が求めている「国土の0.6%にすぎない沖縄に、米軍基地の74%がおかれている異常事態の是正」という、あまりにもまともな要求を、政権の全体重をかけて圧殺する安倍政権。今回の名護市長選は、中央政府の暴政に、名護市民がいったん屈することになりました。しかし、なにも終わったわけではありません。
「嘆かず、依存せず、淡々と」米軍基地撤去を求め続けるたたかいは続きます。
左:2月5日朝日新聞夕刊、右:同2月6日朝刊
関連:2015年12月11日、高橋哲哉『沖縄の米軍基地』http://boketen.seesaa.net/article/431008252.html
2018年02月01日、映画『カタブイ − 沖縄に生きる』http://boketen.seesaa.net/article/456590436.html
posted by 呆け天 at 12:23| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

沖縄の友人より(46)1.19沖縄県議会が、全会一致で「海兵隊撤退」などを決議

沖縄の暮らしを脅かす、相次ぐ米軍機事故。
「米軍は良き隣人ではない」(翁長知事)

昨年12月の普天間基地所属の米軍機からの部品や窓枠の落下に続き、今年に入って伊計島の海岸や読谷村への米軍ヘリの不時着など、米海兵隊の事故が相次いでいる。
翁長知事は記者会見で「最大限可能な限り飛行しないとした約束が破られたことは極めて遺憾。極東の安全を守る前に国民の安全を守り切れない」「米軍は良き隣人ではない」と強く批判した。
1月19日、沖縄県議会は全会一致で、@普天間所属米軍機の民間地上空での飛行中止、A普天間飛行場の来年2月までの運用停止、B海兵隊の国外・県外移転、C日米地位協定の改定などを求める意見書と抗議決議を採択した。
1月10日に行われたND(新外交イニシアティブ)主催「トランプ政権下の東アジア外交と沖縄」で講演したダグ・バンドウ氏(元レーガン政権特別補佐官、保守系シンクタンク上級研究員)は、「海兵隊は日本の防衛には何も関係がない」「日本政府が、沖縄の海兵隊を動かして欲しいと言ってくれば、アメリカも対応せざるを得ない」と語った。海兵隊のさまざまな事故・不祥事は、日本政府の対米従属政策がひきおこしている。

速報・南城市長選挙に勝利!
1月21日投開票の南城市長選挙に、オール沖縄の瑞慶覧朝敏さんが当選した。自民、公明、維新の推薦を受けた現市長は落選。安倍官邸に結びつき翁長県政の足を引っ張ることに注力してきた市長グループの一角を崩すことに成功した。

<写真>辺野古新基地を許さないたたかいは、キャンプシュワブゲート前で、ねばり強く、ひるむことなく続いている。
@1.20 辺野古ゲート前座り込み土曜行動。第1回目の資材搬入のあとゲート前に集まって抗議のこぶし。A1.20 第1ゲート前で手作りのプラカードを掲げる女性。B1.17 辺野古ゲート前座り込み。拘束された中から、ダンプの資材搬入に抗議して「違法工事を止めよ」とシュプレヒコール。
C1.17 県警の座り込み排除は乱暴の度を増している。ゴボー抜きで地面に倒された女性の足を引っ張る。D1.17 本部港からの砕石搬入に抗議し、大浦湾側のK9護岸に向かおうとするカヌーチームをさえぎる海保の高速ボート。E1.13 ゲート前テント。土曜行動に150人。終日資材搬入なし。那覇島ぐるみバスで参加の県外メンバーがあいさつ。
F1.10 ND主催のダグ・バンドウさん(ケイト―研究所上級研究員)講演会に150人。発言する猿田佐世ND事務局長。G1.10 ゲート前。資材搬入を終えて出てくる工事車両対し「違法工事やめろ」「海兵隊出ていけ」と訴え。H1.10 ゲート前。あいさつする高江住民の会の伊佐さん、安次嶺さん。
I1.9 平和市民連絡会の対県交渉。30人参加。「知事権限行使」を求める要請書を読み上げる高里鈴代共同代表。J1.8 辺野古の海に延々と伸びるフロート。海保のゴムボートは9隻。海保の仕事は埋め立て工事のガードマン。K1.7 ヘリ基地反対協の浜のテント。浜での座り込みから5000日を越えた。「勝つ方法はあきらめないこと」

自民党の松本文明内閣府副大臣が1月26日の衆院本会議で、沖縄の米軍ヘリのトラブルを巡る質問に対し、「それで何人が死んだんだ」とやじを飛ばした。いまや自民党国会議員には、ネトウヨ・バカウヨ代表のような人間がゴロゴロしていることを端的にしめす事件です。
同じ自民党議員でも、先日亡くなった野中広務などは、沖縄戦での沖縄県民の犠牲に思いを馳せる発言をいろんな場でしていたものでした。安倍政治のもとで、腐りはてた自民党議員が増殖している事態に、どこで、どう歯止めをかけるのか。
たたかい続ける沖縄のみなさんに、敬意と連帯を表します。
posted by 呆け天 at 11:21| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

キタコマ沖縄映画祭2018 愉快なプレイベント

冊封使・徐葆光(じょ・ほうこう)は、「破壊される前の琉球」の姿を書き残した。

朝日新聞の告知記事で知った「キタコマ沖縄映画祭2018」のプレイベント(1月21日)に参加しました。
キタコマとは、小田急線・喜多見駅(世田谷区)と狛江駅をさす。隣り合わせの両駅近くにある公民館やイベントホールを使って約2週間、20本近い沖縄関連映画を上映する。
正式名称は「第4回 喜多見と狛江で小さな沖縄映画+α(色んなライブ)祭」というもので、ネーミングから分かるようにマイナー・手づくり感たっぷりの催しです。

プレイベントは入場無料で、「徐葆光が見た琉球」というドキュメンタリー映画の上映からはじまりました。
徐葆光(じょ・ほうこう)は、18世紀の中国の官僚で、冊封副使として琉球を訪れた。そのこまやかな観察力で《中山伝信録》や《奉使琉球詩》などの第一級の歴史資料を残した。その記述をルーツとして葛飾北斎の「琉球八景」が描かれた…。
そうでしたか、初めて知りました。
北斎の「琉球八景」は、雪景色があったり富士山が見えたりという、うけるためならなんでも描く浮世絵師の本領を発揮した怪作です。そのもとになったのは、冊封使・周煌の絵図「中山八景」であり、周煌は徐葆光が琉球を描写した漢詩や紀行文を基にその絵図を描いた。
徐葆光が書き残した琉球の政治・文化・風俗・人間の記述は、「薩摩侵略」「琉球処分」「アメリカによる占領」という、三つの破壊によって跡形もなくされた琉球王国の姿を、今に伝える。この記述を基に、冊封使を迎えるときの儀礼、饗宴の料理、舞踊・芸能をできるかぎり忠実に再現しようとする試みが、さまざまにおこなわれている。
なるほどなあ。歴史文献というものが持つ力というのは、たいしたものです。
上海生まれで、徐葆光に関する数々の歴史的発見も行ってきた女性研究家ウ・ヤンファの、歯切れのよい解説、中国ロケもふんだんにもりこまれ、清とヤマトの二重支配をうける琉球の姿が、いきいきと伝わってきます。

どういう形になるかは分かりませんが、やがて必ず独立への道を歩きはじめるだろう沖縄の、学究的な基礎工事の一つと感じました。

盛りだくさんの演しもの、愉快な司会進行。

映画のあとは、琉球舞踊、琉球民謡など盛りだくさんの演しもの。そのどれもが結構でしたが、特にえぐさゆうこの「朝顔節」(奄美民謡)はすばらしいものでした。えぐさの唄にあわせて演じられた井上ミウの舞踊も魅力的。これで無料では申し訳ないので、えぐさのCD、泡盛、ビール、つまみ、おみやげなどいろいろ購入して、ささやかながら売り上げに寄与しました。
演しものと同じくらい面白かったのが、実行委員長・高山正樹の「しゃべりすぎる」司会進行です。
「渋谷とか下北沢でやればこの何倍も集まることは分かってるの。だけど、この辺鄙なところでやって、ご近所の人が来てくれる催しをやりたいの。」
「反基地とか分かりやすい主張なら記事にしやすいんだけど、と新聞社の人はいう。わたしは、基地に賛成も、基地に反対も、ひっくるめて沖縄だと思ってる。」
「沖縄独立っていうけど、本土と沖縄本島の距離より、本島と八重山(石垣、宮古等)の距離が遠いよ。本島が独立すんなら俺たちは島ごとに独立するって言ってるよ。どうすんの。」
「全労連の集会で琉球舞踊やってくれっていうから行ってみたら、始まる前の人寄せだという。舞踊は拒否して、唄だけやったけど、だれも聞いてやしない。それで小池という男が出てきたらみんな食いつくような目をして聞いている。北朝鮮かっていうの。」

いやはや、いいたか放題、自由奔放、思わず吹き出す毒舌漫談。
主義は嫌いだ、ありのままの沖縄とつきあっていこうよという、熱いメッセージが伝わってきました。高山の熱に感応して、1月26日〜2月5日のあいだに、何度か足を運ぼうと思います。
辺鄙な地の、マイナーな「沖縄映画+α祭」に、乾杯。
関連:キタコマ沖縄映画祭2018 http://kitamitokomae-artfes.com/okinawa_4th/index.html
posted by 呆け天 at 12:06| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする