2017年03月05日

沖縄の友人より(23)海上、ゲート前、地裁。闘いは続く

沖縄の友人からのレポートです。
2月18日には、大浦湾の海上で100人が抗議船10隻、カヌー22艇に乗って抗議行動、浜でも300人が抗議集会を開きました。
2月22日のキャンプ・シュワブゲート前には250人が集まり、資材搬入をストップさせました。
2月24日には、裁判所前の城岳公園で「山城博治さんたちの即時釈放を求める大集会」が開かれ2000人が結集しました。沖縄平和運動センター議長である山城博治さんたちが、ほとんどこじつけ、いいがかりに近い理由(有刺鉄線をきって2000円相当の被害を与えたetc)で逮捕・起訴されたのが昨年10月17日。すでに4ヶ月を越える、不当長期勾留です。これは安倍政権が批判勢力や社会運動は警察力で封殺するという、治安維持法体質とでもいうべき政権であることをしめす、きわめて危険な兆候です。

@2017.2.18 大浦湾海上バレード。抗議船10隻、カヌー22艇が新基地NO!を訴え。
A海上バレードに呼応して瀬嵩の浜で決起集会。
@10隻、カヌー22艇.jpg@A 瀬嵩の浜.jpgA
Bカヌーチームが並んでデモ。浜では300人が集会。
C玉城デニー衆議院議員が発言。Dレインボー旗を掲げた平和丸。
B大浦湾海上.jpgBC玉城デニー.jpgCD平和丸.jpgD
E2.22 キャンプ・シュワブゲート前座り込みテント。962日目。
F「この子、は沖縄だ」(田中美津さんたちが作った市民グループ)の人々20人が発言。
G民族歌舞団花こまによる仮面劇。
E962日目.jpgEF「この子は沖縄だ」.jpgFG仮面劇.jpgG
HIJ2.24 裁判所前の城岳公園で、3人の即時釈放を求める県民集会
H 集会.jpgHI裁判所前の城岳公園.jpgIJ 県民集会.jpgJ
沖縄のみなさんの、辺野古新基地建設阻止の闘いに、敬意と連帯を表します。
posted by 三鷹天狗 at 09:09| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

沖縄の友人より(22)辺野古・大浦湾の緊迫した海の様子です

沖縄の友人から、辺野古・大浦湾のいまの様子と、訪米から帰国した翁長知事の写真です。サンゴ礁とジュゴンの海・大浦湾を、わがもの顔に制圧する防衛局・海保。倦むことなく抗議の声をあげつづける沖縄県民。たたかいは続いています。

@2017.2.3 辺野古・大浦湾海上行動。抗議行動を妨害する海保のゴムボート(左)
A2.3 辺野古・大浦湾海上行動。防衛局が契約した海上警備船。(右)
@.jpg A.jpg
B2.3 辺野古海のテント。全国から訪れる人々が絶えない。(左)
C2.4 植村隆さん講演会(右)元朝日新聞記者で「慰安婦報道」を巡ってバッシングにあった植村隆さん、「沖縄ヘイトや従軍慰安婦を否定する勢力には絶対に負けない。」
B.jpg C.jpg
D2.5 那覇空港 。訪米活動を終えて出迎えの人々に挨拶する翁長知事(左)
E2.5 那覇空港。取材風景(右)
D.jpg E.jpg
F2.6 大浦湾。フロートに囲まれた海域で作業するブロック台船とクレーン作業船(左)
G2.6 大浦湾。フロート付近で作業する防衛局の作業船と潜水夫(右)
F.jpg G.jpg
H2.6 大浦湾。海底ボーリング調査を行う「ポセイドンT」(左)
I2.6 大浦湾。抗議船「平和丸」(右)
H.jpg I.jpg
J2.3 辺野古・大浦湾海上行動。カヌーチームが果敢に抗議(左)
K2.6 長島近くで不屈号とカヌーチーム(右)
J.jpg K.jpg
辺野古の海を守り、新基地建設に抗する沖縄のみなさんに、連帯と敬意を表します。
posted by 三鷹天狗 at 08:06| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

沖縄の友人より(21)翁長知事、1.20緊急シンポで「埋め立ては絶対に許さない」と表明

集会、海上、ゲート前、法廷ーあらゆる場で、たたかいは続く

沖縄の友人より。集会、海上、キャンプ・シュワブゲート前、法廷ーあらゆる場で「辺野古新基地許さない」というたたかいが続いているレポートがとどきました。>

1月20日那覇市内で、辺野古訴訟支援研究会主催のシンポジウム「辺野古裁判の検証と今後の展望」が開かれ、約350人が参加した。はじめに翁長知事があいさつした。翁長知事は1月30日から2月5日の日程で訪米し、トランプ政権に新基地NO!の民意を直接伝える活動を行なう。
知事は「沖縄基地を台湾に移すという議論があるように、沖縄基地の今後についてはいろいろな考えがありうる。埋立は絶対に許さない。基地建設の入り口で止めていく。名護市とも連携し、県が有する権限を最大限に行使する。県民の心を一つに団結し、建白書の精神に基づいてあくまで頑張り抜く」と、日米両政府に対する困難な闘いを決してあきらめることなく貫き通す決意を明らかにした。
2017.1.20 自治会館シンポジウム.jpg

1.19辺野古海上行動、海保の度重なる拘束にも屈せず。抗議船4隻、カヌー15艇で作業中止を訴え。早朝テント2に集まった海上チームは、抗議船4隻、カヌー15艇で海上行動をおこなった。
@1.19 大浦湾。フロート設置現場。抗議運動を妨害する海保のゴムボート
A 大浦湾。新型の「海上フェンス型」フロート
@海保のゴムボート.jpg A.jpg
キャンプ・シュワブゲート前では、連日の攻防がおこなわれています。
B1.21 キャンプ・シュワブゲート前。警察機動隊の座り込み排除
C1.21 キャンプ・シュワブゲート前。排除されてもまた座り込み集会。
B警察機動隊の座り込み排除.jpg Cまた座り込み集会.jpg
D1.14 キャンプ・シュワブゲート前座り込み集会。アメリカからの参加者がソウルを熱唱
E1.14 キャンプ・シュワブゲート前座り込み集会。発言する海外の代表
Dアメリカからの参加者がソウルを熱唱.jpg E海外の代表.jpg
F1.14 キャンプ・シュワブ第1ゲート前。米海兵隊装甲車両の前に立ち、海兵隊撤退をアピール
G1.16 辺野古キャンプ・シュワブゲート前の座り込み集会。キムギガンさん
F米海兵隊装甲車両の前に立ち、海兵隊撤退をアピール.jpg Eキムギガンさん.jpg
H1.17 那覇地裁前。山城博治平和運動センタ―議長ら3人の釈放を要求して、4万人近くの署名を提出
I1.14 キャンプ・シュワブゲート前座り込み集会。「オスプレイは総理専用機に」との横断幕
G3人の釈放を要求して、4万人近くの署名を提出 (1).jpg H「オスプレイは総理専用機に」との横断幕.jpg
J1.14 キャンプ・シュワブゲート前座り込み集会。VFP(ベテランズ・フォア・ピース)の人々
Iベテランズ・フォア・ピース)の人々.jpg
たたかい続ける沖縄のみんさんに敬意を表します。
日本全国に、世界に、じわじわと「オキナワ」が伝わっていっています。
posted by 三鷹天狗 at 08:48| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする