2018年06月07日

映画『モリのいる場所』(監督:沖田修一、2018年)

熊谷守一は、夫婦で囲碁が趣味だった

樹木希林がでているので観にいった映画ですが、いちばん驚いたのは夫婦で囲碁を打つ場面です。
そうか、超俗の画家・熊谷守一(山ア努)の趣味は囲碁だったのか。それも、かなり弱いらしく、繕い物の片手間に打つ妻・秀子(樹木希林)にボロボロにやられて、「勝つことだけが目的か」などと泣き言をいう。
囲碁好きとしては、もうそれだけで嬉しくなってしまいます。
モリのいる場所.jpgc「モリのいる場所」製作委員会
観客は囲碁を知らないということを前提にしているので、タモリのにせ外国語のような怪しげな盤面になっていますが、それはしょうがない。ただ、納得がいかないのは、妻がアゲハマ(取った石)を碁笥のフタに入れるのではなく、コタツ板のうえに直接おくことです。何十年も碁を打っている人が、そんなことをすることはありえない。スタッフに碁を打つ人が一人もいなかったんだろうなあ。出演者にはきたろうがいて、彼はNHKの囲碁番組にゲスト出演するくらいの囲碁愛好家なのに、囲碁シーンのアドバイスをしなかったんだろうか。残念。
(ここまで書いてから、「熊谷守一、囲碁」で検索すると、熊谷の碁は定石もなにもない、まったく自由奔放なものだったようです。つまり二人とも「囲碁の常識」といったことにはまるで関心がなかったようですから、これでいいのかもしれません)。

山ア努と樹木希林の演技がしっくりとかみあい、小宇宙をつくっている。
97歳まで生きて現役の画家だった夫と、18歳年下で50年以上も連れ添っている妻。貧窮の中で子供を病気で失ったりしたつらい過去も、画家として名声を得て千客万来のいまも、すべてを包み込んだ夫婦像です。
洗濯物を干している妻の脇を、両手に杖をついて散歩の支度をした夫がでかける。いってくる、いってらっしゃいと声をかけあった夫の行く先は、20坪に満たない自分の家の庭だ。庭の木々、雑草、蝶やトカゲ、蟻を、ひたすら凝視する。
地べたに横たわって、蟻の行列を延々と見つめている。その果てに「蟻は左の二番目の足から歩きだす」という、ファーブルもはだしで逃げだす観察をする。
まさに超俗です。狭い庭が、大自然・大宇宙と化している。

むかし一休さんが、修業の果てにカラスがカアと鳴く声を聞いて悟りをひらいた、なんて話を聞いたことがありますが、悟りというのが宇宙・自然との一体感を感得することだとすれば、熊谷守一は30年間一度も外出せず居続けたというこの庭で、悟りの境地に達したんでしょう。そうでなければ「文化勲章あげる」といわれて、あっさり「いい(いらない)」とこたえることはできない。

樹木希林と山ア努。もはや名老優。

朝日新聞「語るー人生の贈りもの」の5月8日〜25日に、樹木希林の14回のインタビューが載った。「向田さんの脚本ですか?『才能ないなあ』と思っていたわね」など、絶好調の語りです。この第13回に、「モリのいる場所」のオファーがきたとき、山アと初共演できるというので「はい!やります」と即決したこと、撮影は至福の時間であったことを語っています。映画については、よいできだが「破けていないこと」が心配、という感想を述べています。そういえば、樹木希林というのは、どんな映画・ドラマに出ても「破けた」ところをつくる役者だった。
山ア努は『サライ』6月号のロングインタビューで「僕は俳優として未だアマチュアでしかない」という、おそろしいことばを発しています。
二人とも、もはや老名優です。『マルサの女』など伊丹十三作品での山アの名演・怪演、「ジュリイィィ!」と叫ぶきん婆さんや、富士フィルムのCM「それなりに」の樹木希林。くっきりとまぶたに焼きついて忘れられない。

碁を打つ熊谷守一(山ア努)と秀子(樹木希林)に、乾杯。
モリのいる場所2.jpg
映画『モリのいる場所』(監督:沖田修一、2018年)6月4日(月)11:00〜イオン・シネマ、シアタス調布
監督・脚本:沖田修一、出演:山ア努、樹木希林、加瀬亮、吉村界人、光石研、青木崇高、吹越満、池谷のぶえ、きたろう、林与一、三上博史
関連:HP「畑に家を建てるまで」の「熊谷守一」http://www.ne.jp/asahi/kaze/kaze/silent.html
posted by 呆け天 at 09:46| Comment(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよV』(監督:山田洋次)

そうか、へそくりは冷蔵庫の奥に隠すのか

山田洋次監督『家族はつらいよ』シリーズの第3作。同じ顔ぶれの役者の家族もの、という意味では第4作ともいえるか。どうやら、寅さんシリーズのような感じで、続く気配もしてきた。

実際には、このごろの日本ではありえないような家族の姿です。
横浜で3世帯同居する平田家は、老親・長男夫婦・孫ふたりの6人家族。
すぐ行き来できる距離に、税理士事務所を開いている長女とその連れ合いが住んでいる。
母親のお気に入りの次男は、賢く美しい働き者の看護士と新婚で、やはり近くにいる。
この4夫婦が、なにかといえば全員集合し、家族会議をやっては、あれこれもめる。
いまどきそういう家族いないでしょうと、設定だけで引く人もいそうな感じですが、わたしは山田洋次が作った映画というだけで満足なので、なんの不満もありません。

第4作の主人公は、長男夫婦の妻・史枝(夏川結衣)です。
家事のさなかについ居眠りしてしまったところを空き巣に入られる。実直な老サラリーマン風のいでたちのコソ泥(笹野高史)は、手慣れた雰囲気で冷蔵庫の奥に隠してある史枝のへそくり約40万円をみつけだす。
目ざめて泥棒と遭遇した史枝は、恐怖でへたりこみ、叫ぶこともできない。コソ泥は歩いて去っていく途中、すれちがったお巡りさんに笑顔で会釈する…。みごとな数分の映像です。

そうか、今どきのへそくりは冷蔵庫の中に隠すのか。きっと、いまいちばんありがちな隠し場所なんだろうな。昔の映画では、なげしにかかっている先祖の写真の裏側というのがあったし、ぬかづけの底というのもあった。
コソ泥がなんの迷いもなく、冷蔵庫の、しかも小さい引き出しの奥に手をいれる。あんのじょう、封筒に入った札束がでてくる。こういうあるある感は、寅さん映画のいたるところに散りばめられていました(笹野は、寅さん第40作『寅次郎サラダ記念日』でもコソ泥役やっています)。
こんな場面だけでも、山田洋次の映画をみた満足感があります。

たまたま香港出張中だった夫・幸之助(西村まさ彦)は、妻の恐怖に思いをはせるゆとりもなく「俺が働いているときに昼寝とはいい身分だ」「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」など、いまどきそういうセリフをいう夫はいないでしょうという逆上したセリフを連発。
アタマにきた史枝は、たまっていた不満を爆発させて家出をします。
といっても、次男の妻・憲子(蒼井優)にだけは行き先(いまは誰も住んでいない佐久市茂田井の実家)を伝えているので、行方不明ではありません。ま、やがて夫にも伝わって迎えに来ることを想定したプチ家出です。

史枝の田舎・佐久市茂田井の映像がすばらしい。古い宿場町の風情、老舗の酒造に嫁いだ同級生との交歓、「別れて帰ってきてしまえ。ミス茂田井だったあんたが帰ってきたら…」のセリフで、そうだよな、この夏川結衣という女優、ずいぶん美人だよななどと思わされたり。
最後は、本シリーズの定番・鰻の特上の出前で締める。

平日の昼、客席はもれなく高齢者です。泣いたり笑ったり、途中でトイレに行く人もチラホラというけっこうな上映でした。

イオンシネマ・シアタス調布、なかなかいい映画館です

イオンシネマ・シアタス調布は3回目。これまでみた映画はイマイチでブログに書く気になれませんでしたが、今回やっとお気に入りの映画で大けっこう。4Dとかは最初から見る気はないので、ごく普通の映画だけみてます。
チケットの買い方が楽。いまどきの映画館は、客があれこれキーボード操作、ストレスたまる時間かかるでウンザリ。ここはキーボード操作機はもちろん何台もありますが、カウンター嬢がにこやかに「シニアでよろしかったでしょうか」などと対人販売してくれる。
座席がゆとり。かなりいいほうの新宿ピカデリーだって座席の前の空間がなくて人は通りにくい。ここは、客が立ったり体をねじったりしなくとも前を通れる。客席の勾配はかなり急なので、前の人の頭が気になるということもない。

ぜひ、ながいこと栄えて、調布の映画文化をささえてほしい。
山田洋次『家族はつらいよ』シリーズが何作も続くことを祈って、乾杯。
家族はつらいよ3.jpg
映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよV』(監督:山田洋次)5月29日13:30〜イオンシネマ・シアタス調布
関連:2016年03月25日、映画『家族はつらいよ』http://boketen.seesaa.net/article/435607619.html
posted by 呆け天 at 09:21| Comment(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』(監督:チャン・フン。韓国、2017年)

光州蜂起の現場に連れて行かれるような臨場感

1980年のソウル。妻に先立たれ、11歳になる娘と暮らすタクシー運転手キム・マンソプは、政治に無関心な労働者だ。当時の全斗煥(チョン・ドファン)軍事独裁政権に抵抗する学生デモに対しても「学生の本分は勉強だろ」と毒づく。
10万ウォンという高額な報酬で、戒厳令下の光州に向かう運転手をさがしている外国人記者がいることを聞きつけ、同僚を出しぬいてまんまと記者を乗せる。カネ目当ての運転手と、使命に燃えるドイツ人ジャーナリスト・ピーター。二人はいろいろ揉めたりしながらも、なんとか光州にたどりつく。
光州で繰り広げられる市民のたたかい、軍による暴圧を目の当たりにして、キム・マンソプの心境にも大きな変化がおこる…。

まるで、1980年の光州に連れて行かれるような臨場感があります。
主役を「高額報酬につられたタクシー運転手」としたことで、彼と一緒に、おっかなびっくり事件現場をのぞきみている感覚になる。キムは兵役経験があるので、検問の兵士に「忠誠!」と敬礼、これが兵士の警戒を緩める。地元のタクシー運転手とのケンカや和解、なまいきだが純粋な学生への反発と共感、おもわず乗せた地元の老婆との交流。コミカルな味付けが、暴虐の現場に入っていく緊張を和らげます。

たちあがった市民が、軍による無差別の発砲で殺戮されるシーンは、恐怖です。この時の軍の暴虐の全容はいまだ解明されておらず、被害者からの告発や真相究明は今も続いている。
光州からの脱出では、軍の追跡をふりきるカーチェイスでたっぷり観客サービス。
数十年の時を経て、いまも運転手をしているキムが、雪の降るソウルの街であの日々を回想する、抒情的で心地よいラストです。

映画は2017年8月に韓国で公開され、1200万人の観客を集める大ヒットとなった。
いまでは光州蜂起は「5.18光州民主化運動」とよばれている。文在寅(ムン・ジェイン)現大統領は、自身も光州事件で警察に拘束された経歴があり、2017年の5.18記念式典で「文在寅政府は光州民主化運動の延長線上に立っています」と宣言したという。すばらしい。

光州蜂起の現場で取材した、日本人記者(朝日新聞)がいた

映画は、光州にのりこんだドイツ人ジャーナリスト(ドイツ公共放送東京在住特派員)ユルゲン・ヒンツペーターとタクシー運転手の友情という、本当にあったことを基にしています。
エライ記者がいたものだと思うと同時に、「日本人記者は行ってたのか」という心配がわきます。
検索したら、「登攀工作員日記」というクライマーの方のブログに、2008年7月15日に京都で元朝日新聞記者・斉藤忠臣がおこなった講演が収録されています。「民主化を求めた光州事件の教訓―その取材記から」という演題で、なまなましい取材体験記です。えらい。よかった。
たしかに、記憶のなかに、当時の朝日の記事・写真の断片があります。「とんでもないことがおきている」という、ざわざわした感覚がよみがえります。ロック歌手白竜の「光州City」の発売禁止(中止?)とか、彼の「アリラン〜シンパラム(新しい風)」というすばらしい曲のことなどもうかんできました。
あれから、もう38年の歳月がすぎさったのか。

韓国民主化の原点、偉大な民衆蜂起が、このようなすばらしい映画になったことに、乾杯。
タクシー運転手174594.jpg
映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』(監督:チャン・フン、韓国、2017年)2018年5月17日14:20〜新宿ピカデリー。
関連:「登攀工作員日記」光州事件https://mezase8a.exblog.jp/238494400/
2018年04月04日、金永煥『韓国民主化から…』http://boketen.seesaa.net/article/458563979.html
2017年10月10日、内田樹・姜尚中『アジア辺境論』http://boketen.seesaa.net/article/454060551.html
2017年03月13日、映画『怪しい彼女』http://boketen.seesaa.net/article/447870582.html
2015年10月07日、沖縄・辺野古韓国人青年逮捕http://boketen.seesaa.net/article/427374778.html
posted by 呆け天 at 09:15| Comment(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする