2018年05月25日

カンパニュラ・メディウム、春から初夏に似合う色合いの花

朝の散歩コースに初登場、道端の鉢植えの花。
青紫、白、薄いピンクの色合いが、春から初夏に向かうこの季節の雰囲気によく似合う。
風鈴草420180511.jpg 風鈴草20180511.jpg 風鈴草220180511.jpg
もちろん名前など知らないが、帰宅して家人に聞くと「カンパニュラ・メディウム」という、ヨーロッパ原産の花だそうです。ツリガネソウ(釣鐘草)、フウリンソウ(風鈴草)ともいうらしい。

この花の形になぜか魅かれるみたいで、前にも超小型の花に参ったことがありましスノードロップという、2〜3センチの小さな花です。
釣鐘型の花l2.jpg
柄にもなく、「ソロモンの栄華にまさる」などという形容がうかびます。
関連:2015年04月15日、野の花、さくらのうしろで可憐に咲いてhttp://boketen.seesaa.net/article/417250322.html
posted by 呆け天 at 07:50| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

神代植物公園 春のバラフェスタ

5月8日〜31日は、神代植物公園「春のバラフェスタ」です。
約400品種5,200株が咲きほこるさまは圧巻です。
手入れも1年中されていて、毎年、春・秋のフェスタ、見飽きるということがありません。
バラフェス1120180509_133243_.jpg バラフェス20180509_134242_.jpg  
全景もいいし、個別の品種もいい。バラにかたむけた人々の情熱がつたわってきます。
神代植物公園が生みだした、クイーン・オブ・神代(日本)
バラフェス90180509_133532_.jpg クイーン神代20180509_133520.jpg
バラに関しては、なんといってもイギリス・フランス・ドイツが、歴史の厚みを感じさせます。
フラワー・ガール(イギリス)
バラフェス220180509_134332_.jpg イギリス120180509_134327_.jpg
プリンセス・ミチコ(イギリス)
バラフェス620180509_133906_.jpg イギリス0180509_133853.jpg
プリンセス・ドゥ・モナコ(フランス)
バラフェス720180509_133726_.jpg フランス0180509_133721.jpg
フリージア(ドイツ)
アイスバーグ(ドイツ)
イントゥリーグ(アメリカ)
3日ほどつづいた雨で一部傷んだりした感がありましたが、陽光でふたたび元気に。今月下旬まで
楽しめます。
今年も咲きほこるバラに、賞賛の乾杯。

<追記>5月13日(日)ばら園にアイリッシュ音楽ながれる
バラフェスタ期間中には、さまざまなイベントも行われる。13日のばら園コンサートでは、「きゃめる」の3人によるアイリッシュ音楽が軽やかにながれました。満開のバラと音楽、よく似合います。
この日の神代植物公園は、ちょっとないくらいの人出です。NHKニュースで「クイーン・オブ・神代」がとりあげられたらしいので、そのせいかもしれません。
バラフェス620180513.jpg バラフェス520180513.jpg
posted by 呆け天 at 09:02| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

4ヶ月ぶりの早朝散歩。なんて気持ちがいい。

4月1日(日)朝5時半過ぎ、目が覚めたら体が「散歩にいきたい」という。
寒さに負けて、約15年続けてきた早朝散歩を昼の散歩にきりかえたのが昨年12月。丸まる4ヶ月中断していたのに、体のなかのなにかが「ハイハイ、時間ですよ」とうながしてくる。体内時計が4月1日にセットされてるんだろうか。
いわれるままに着替えて散歩にでる。いやあ、なんて気持ちがいいんだ。やはりわたしには早朝散歩が性にあっている。体がはずんでいるのが分かる。
定番の深大寺おまいり。しだれ桜がしっかり咲いています。
深大寺を抜けて坂道をのぼり、昼の散歩では人目が気になってできなかった「後ろ向き歩き」(腰痛対策になると信じている)も楽しむ。
かってに「ミニ花見山」と名付けている一画がある。ごく小さな造園林なのだが、色彩配置が福島の花の名所「花見山」とよく似ているのだ。桜のピンクをベースに、真っ白な花、赤に近い濃いピンクの花、レンギョウの黄色、ミツバツツジの紫がごちゃ混ぜに植わっている。景観うんぬんの配慮はまるでなく、ただどしゃっと植えられているだけなのだが、いっせいに咲いている色合いがなんともいえない。
早朝7.jpg早朝8.jpg早朝散歩.jpg早朝9.jpg早朝10.jpg
芝生の養生のために柵で立ち入り禁止になっていた丘も解禁になっている。丘の上からみえる桜、調布や三鷹の街並み。いいなあ。
早朝2.jpg早朝3.jpg早朝4.jpg
すこし安心しました。
このまま早朝散歩はなくなるのかと思っていたら、とつぜん体のほうからうながされて再開できた。少なくとも11月までの8ヶ月は続くだろう。また、12月の寒い朝に「早朝は休み」と体がいいだしたら素直にしたがうことにする。

再開した早朝散歩に、乾杯。
早朝12.jpg
続きを読む
posted by 呆け天 at 07:39| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする