2017年08月06日

植物公園の蓮(はす)の花

どぶに落ちても根のあるやつは いつかはハチスの花と咲く

神代植物公園の中央芝生広場わきに、美しく蓮(はす)の花が咲いています。
水面に浮かんでいる蓮も美しいが、水鉢で高く咲いている蓮の花もまたけっこうなものです。
蓮2.jpg

『男はつらいよ』の主題歌2番。
「どぶに落ちても根のあるやつは  いつかはハチスの花と咲く」
わたしはこの「ハチス」が、蓮の花のことだということをずいぶん長い間知りませんでした。
ハチスというのはなんかの符牒で、歌の意味としては、たまたまどぶや水たまりに落ちてしまった草花のタネでも、名も知れぬ花を咲かせることもある、くらいに勝手解釈していました。ハチスが蓮のことと知って、寅さんの俗まみれの生き方と、高貴・清浄な蓮の花とを対比させた歌詞だったかと得心しました。気づくまでウン十年、なんともおそまつな寅さんファンです。

はちすという古名は、花が落ちたあとの花托が蜂の巣に似ていることからきたというのが、通説の由。花のこの部分です。
蓮1.jpg
たしかに見た目、蜂の巣のようといえなくもない。「はす」という呼び方は「はちす」が転じた訛りという。
子どものころから蓮の花に座っている仏さまの絵などを見てきたからか、いまでもなにか特別な花、ありがたい花という気持がわきます。

暑苦しい夏に、さわやかな風を運んでくれる蓮の花に、乾杯。
蓮3.jpg 蓮4.jpg
posted by 三鷹天狗 at 08:11| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

たのむよ、さるすべり

下田・南伊豆から帰っての初散歩で、さるすべりの花がきれいに咲きはじめました。
sarusuberi20170722_065231_.jpg さるすべり.jpg
これから猛暑がつづく日々のなかで、散歩コースいちばんのはたらきものです。
さわやかで、かろやかで、涼しげ。
別名「百日紅=ひゃくじつこう」というくらいのもので、とても長く咲き続けるのもえらい。
たのむよ、さるすべり。夏をのりきる早朝散歩の、かけがえのない伴侶です。

左は今が最盛期のカンナ。これが黄色というものです、という見本のような鮮やかな色彩です。右の赤い花は最近満開になりました。涼やかないい花ですが、名前が分かりません。
散歩2017.jpg 散歩20170722_.jpg
早朝散歩に力をかしてくれるくれる夏の花たちに、乾杯。
続きを読む
posted by 三鷹天狗 at 10:20| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

散歩コースの道ばたに咲いている花

さくら、つつじ、バラ…春の主役級の花たちが退場していきました。しかし、主役のかげでひっそりと道ばたに咲く、散歩コースの野の花にも、それぞれの味わいがあります。
野の花1.jpg 野の花3.jpg 野の花63606_.jpg
野の花_065417_.jpg 野の花7.jpg 野の花064915_.jpg
がらにもなく、聖書のあの有名な一節「栄華を極めたソロモンでさえ、この花のひとつほどにも着飾ってはいなかった」が、心に浮かびます。ほんとに自然は精妙です。

足元に咲く花なにか問いたげに 呆け天

5月中旬の早朝散歩でみかけた蝶です。なんじゃもんじゃの木の幹に、しずかに止まっています。羽化したばかりなのか、飛び立つ気配はありません。すきとおるような淡い水いろが印象的です。
蝶3.jpg 蝶1.jpg
散歩コースの脇役たちに、乾杯。

追記:この蝶の名は「オオミズアオ」といい、蛾の一種とのことです。囲碁仲間から教えてもらいました。わたしも名前を検索しようとあれこれ蝶とか蛾とか検索していたら、欧米では蝶と蛾を区別しないというようなことを書いているサイトもありました。(2017年6月21日)
posted by 三鷹天狗 at 09:19| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする