2018年02月19日

深大寺・弁天池のかいぼり

100人のボランティアが、泥にまみれて奮闘。清い湧き水の池の復活をめざす。

2月17日、1300年の歴史をもつ深大寺の弁天池で、はじめてのかいぼり作業が100人以上のボランティアのみなさんの手でおこなわれました。
弁天池は深大寺山門前にあり、幅20b、長さ50b、深さ1.5b、敷地内でもっとも広い池です。10日ほど前から消防用ホースで水を抜いたり、魚や貝の確保が行われており、当日には地底の泥がむきだしになっています。好天にめぐまれたとはいえ寒さ厳しい中、ヒザまで泥に埋まりながら、スコップで土嚢用の袋に池底のヘドロを入れていく。ほんとうにお疲れさまです。用意した土嚢袋は1600枚。とんでもないほどの量の泥が掻い出されました。
素人考えでは、強力なバキュームカーで吸い上げればいいのでは、などと横着な考えがうかびますが、それは料簡違いというもの。2月8日の記事によれば「江戸時代に寺が火災に遭った際に貴重品を池に投げ入れて守った」という言い伝えがあるそうですから、雑な作業は許されません。
加えて、檀家や、門前で商売をしているみなさん、深大寺を愛してやまない地域の多くの人々が、泥にまみれ汗をながしてこそ意味があるということでしょう。高校生らしき若い人たちがたくさんいることも、心強いかぎりでした。
一見物人として、作業をするするみなさんに感謝し、ともに古刹の弥栄(いやさか)を願いました。
かいぼり6.jpg かいぼり2.jpg
作業翌日には、池には満々と水が湛えられました。国分寺崖線からの、清涼な湧き水です。かつては、スイレンが咲き、緑の水草が見える池だったそうです。その姿がよみがえる日が楽しみです。
深大寺はかつて2度も火災焼失、現在の本堂は1918年(大正7年)に再建され、今年は建立100年にあたります。かくも多くのみなさんに愛されている寺が、ご近所にあることが幸運です。

深大寺・弁天池かいぼりのボランティアのみなさんに、乾杯。
深大寺100年20180130.jpg かいぼり3.jpg
関連:鬼太郎茶屋便りhttp://kitaro.chaya.ciao.jp/?eid=947966
posted by 呆け天 at 10:27| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

神代植物公園に梅の香たたよう

一度だけ4年ぶりの大雪に見舞われましたが、東京はほぼ毎日の快晴です。
豪雪に見舞われて苦労している日本海側のみなさんには申し訳ないような気分。列島を縦断する山脈が、かくも極端な明暗を演出するのが不思議です。
厳寒期の早朝散歩は体に負荷がかかると感じるようになってきたので、12月から、散歩を日中に切り替えています。コースの中心は神代植物公園。早くも梅の花が咲きはじめました。水戸や青梅の梅林と較べるようなものではありませんが、小さな規模なりの風情があります。あるかなきかの梅の香もいいものです。1月24日の大雪の時も、一部花が咲き始めていました。
うめ園13.jpg うめ園7.jpg うめ園2.jpg
さまざまな花の、固く小さいつぼみが、開花の時をまっています。

何度見ても不思議な盆栽。古木の梅。

園内にある植物会館では、正月いらい、盆栽展、梅とおもと展、クリスマスローズ展などさまざまな企画で楽しませてくれます。
毎年のことではありますが、何度みても不思議なのが「秩父野梅ー羽衣」と名付けられた梅の盆栽です。
完全に枯れてるでしょ、という感じの古木に、しっかりと梅の花が咲いている。説明文によれば、秩父の山奥で農夫が発見したものだという。樹齢250年はあろうかという半ば枯れかけた梅の木を、苦労の末自宅の庭に移しかえた。それを見た盆栽家が譲り受け、さまざまな人の手を経て、今は日本盆栽協会むさしの支部の方が所有している。
いったい、どういうわけでこの枯れ木にみごとな梅の花が咲くのか。素人がどれほどの時間ながめていても謎は解けません。
冬には冬の美しさをみせる神代植物公園に、乾杯。
posted by 呆け天 at 09:58| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

深大寺、神代植物公園、雪に覆われる

4年ぶりの大雪となった東京。
散歩コースの、深大寺も神代植物公園も、すっぽりと雪に包まれました。
近所総出の道路雪かきが一段落したあと、さっそくチェックにでかけました。

深大寺の山門は雪がよく似合います。境内も雪で埋まっています。
布袋様、水車小屋、数ある蕎麦屋。みな雪に覆われています。
神代植物公園は職員が人ひとり通れる通路を作ってくれています。おつかれさまです。
雪景色の神代植物公園を撮ろうと、かなりの数のアマチュアカメラマンが来園しています。
リタイアした身には、雪景色はひたすら美しい。ただしこれは、降るのが一晩だけ、一夜明ければ快晴のもとで雪が溶けていく地だからいえるセリフです。
来る日も来る日も雪が降りつづける故郷・秋田に暮らす親戚や友人からすれば「なにを寝言こいでる」というハナシです。ま、人間は勝手な生きものだとかんべんしてもらいます。

雪におおわれた深大寺と神代植物公園に、乾杯。
posted by 呆け天 at 10:19| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする