2017年07月25日

純正な「囲碁ファン」の人と、出会う

むかし「囲碁愛好家はいるが、囲碁ファンはいない」と高島俊男は言ったが…。

現役時代に通勤電車で愛読していた「週刊文春」に、高島俊男「お言葉ですが…」という連載があった(1995年〜2006年)。なんか強烈にへそが曲がっている感じの、在野の中国文学者・エッセイストです。数ある著作のひとつに『本が好き、悪口言うのはもっと好き』(文春文庫)というのがあるくらいで、漢字や中国に関するウンチクと、歯に衣着せぬ悪口芸で楽しませてくれました。

高島は囲碁好きで、日曜日の午後、NHK囲碁トーナメントを見るのが楽しみ。しかし、番組の司会者が「囲碁ファンのみなさん、こんにちは」というのが気にいらない。
自分は野球をしないが野球をみるのは大好きという人たちを「野球ファン」というのはよい。同じ意味でサッカーファンもいるだろうし、ジャズファン、ミステリ小説ファンもいる。
しかし、囲碁に限って、自分は囲碁をうたないが、他人がうっている囲碁を見るのが好きという人間はいない。したがってこの世に「囲碁ファン」というものは存在しない。言うなら、囲碁愛好家といえ、というわけです。
なんだかなあ、という屁理屈です。
高島のすごいところは、その屁理屈をNHKに電話して、屈服させてしまったことです。いまの司会は長嶋梢恵さんですが、かならず「みなさんこんにちは」と始めます。ここ20年くらいの司会者も、決して「囲碁ファンのみなさん、こんにちは」とは言いませんでした。これは、何十年か前の、高島のしつこいクレームにNHKが音をあげてのことだと、エッセイにトクトクと書いています。
まったく困りもののじいさんですが、ま、確かに自分は碁をうたないのに囲碁番組を見る人はいないだろうなあ、とは私も思ったものでした。

ある土曜日に、例によっていそいそと碁会所に向かって外出したら、ご近所の、わたしと同年配のRさんがたまたま外にいて「おでかけですか」と声をかけてきます。「ええ、碁会所に」といったら「え、碁をやるんですか。わたしも碁は大好きです」とおっしゃる。「あらあ、ご近所に碁ができる人がいるとはうれしい。こんどぜひお手合わせしましょう」「いや、わたし碁はうったことがないんです。ただ、プロの対局を見るのが好きで、NHKの日曜日の放送や、囲碁将棋チャンネルの竜星戦をよくみています」
もう、ほんとに驚きましたね。
この世に、自分は碁をうたないが、プロの対局を見るのが好きという人が実在する。
お〜い、高島先生!あなたのクレーム、とりさげたほうがいいよ。
NHKさん、数十年前の屁理屈おじさんの呪縛から解き放たれて、はればれと「囲碁ファンのみなさん、こんにちは!」とトーナメント戦をはじめてください。

その後、日をあらためてゆっくりお話をうかがうと、亡くなった父上が碁が趣味だったよし。しかし、自分はうつ機会が一度もないまま、今日まできてしまった。囲碁番組をみるだけでなく、囲碁の入門書や囲碁関連本を読むのも好きで、何冊も持っている。
では碁を打つ気はまるでないのかと問いますと、いやぜひ打ってみたいという。
狐につままれたような思いで、碁盤を用意し、星目置いてもらって(=九子局で)対戦してみました。たしかに、初めてであることは、石の持ちかた置きかた、着手からわかります。しかし、プロの対局する囲碁番組を何十年も何百局も見てきただけあって、石がまるでトンチンカンなところに行くということはありません。
なにやら神聖なものと向き合っているような、厳粛な気持ちさえしました。勝敗が目的ではないので、途中でつぶれないようにしながら最後までうち、計算までしっかりやりました。「はじめて碁をうって感激です」と喜んでおられます。
いやはや、人生なにがあるか分からないものです。
こういう方が一人いたということは、日本全体ではきっと他にもおられるはず。現にRさんは「碁をうたないのに囲碁番組を見る人がいるとは信じられない」という私に、「いや、うちの家内なども碁はうちませんがNHKの囲碁番組は面白いと見ていますよ」とさらりといいます。

高島先生の思い込みが、現存する「囲碁ファン」にくつがえされたことに、乾杯。
何十年来の囲碁ファンの、初めての対局相手をつとめることになった機縁に、乾杯。
高島俊男『本が好き、悪口言うのはもっと好き』文春文庫、1998年、476円+税。
高島俊男『お言葉ですがですが』(1〜10)文春文庫1999年〜。
posted by 三鷹天狗 at 08:19| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

NHKスペシャル「徹底解剖 藤井聡太〜“進化”する14歳〜」(7月8日)

天才少年の出現を祝い、AI(人工知能)と人間の関係を考える。

まだあどけない表情の中学生が、加藤一二三など名だたるプロ棋士との公式戦で29連勝する。
はにかみながら、「勝てたのは僥倖です」(20連勝した澤田戦の後)とかいう。僥倖って、中学生が使うことばかよッとつっこみをいれながら、つい彼がでてくるニュースや新聞・雑誌記事は見てしまう。NHKのニュース番組に、将棋の盤面がでてきてプロが解説するという、かつてみたことのない光景まで出現した。
羽生善治七冠誕生(1996年)以来の将棋フィーバーです。
つい最近、三浦弘行九段の「将棋ソフトカンニング疑惑→冤罪」騒動でミソをつけてしまい、地に落ちるほどイメージダウンしていた将棋界にとって、まさに起死回生の救世主です。人間社会は、こういう逆転がおこるからおもしろい。
全国各地で、将棋教室に子どもたちがやってくる。山形・天童市では将棋の駒が売れまくる。「囲碁将棋をやると子どものアタマが良くなるらしい」といったうわさが流れる。いいことづくめです。

7月8日(土) 午後9時、NHKスペシャル「徹底解剖 藤井聡太〜“進化”する14歳〜」は、藤井の強さの秘密に迫った、とても面白い番組でした。
強く印象にのこったこと二つ。
一つは、AI(人工知能)将棋ソフト「ポナンザ」による「指し手評価」を、プロたちがためらいなく受け入れていること。
藤井の全対局をAIが一手ごとに評価する。AIが「最善手」とする着手との落差が数字で示され、「悪手率」という言葉が使われる。
新記録達成となった29戦目の増田康広4段(19歳)との対戦。増田自身がAIソフト活用世代で、藤井対策をしっかり研究してきた。ペースを握った増田が放った42手目で、AIの考えた最善手は2六歩。しかし増田はやや勝負を焦って4九角成り。AIはこの一手を悪手と判定する。その後、この悪手をとがめた藤井が増田を追いつめて勝利し、連勝新記録を達成した。全局を通じての「悪手率」を、一手ごとの平均として表せば、藤井−15点、増田−72点なのだという。
この対局をふりかえる増田が「どちらかというと2六歩がコンピュータらしい手かなとは思ったのですが」藤井の強さへの恐怖から「早い決着」をもとめて悪手を指してしまったと語る。
AI「ポナンザ」が正着・最善手を知っている「神」で、不完全な人間がそれに近い手を打てるかというゲームが現代の将棋なのか?
そんなもののなにが面白いの、というくらいのものですが、どうやらそれが面白いと感じる感覚が人間にはあるみたいです。
AIの考える「最善手」にちかい手を打てる棋士が出てきたことを、プロ棋士自身が面白がっている。ウーム。

もう一つが、藤井が「AIには打てない悪手」を放って勝利した一局。
20戦目澤田真吾6段との対局。藤井はめずらしく悪手が多く、澤田に即詰め寸前まで追い詰められる。このとき110手目からの数手で、相手が間違えれば自分の勝ち、間違えなければ相手の勝ちという「ワナ」をしかけ、AIが決してうてない「悪手」を放って相手のミスを誘い、勝利を収める。
師匠・杉本昌隆7段は「AIは悪手だから選ばない手」を打てるからこそ藤井将棋は面白いのだ、と語る。
なるほど。人間同士のたたかいにミスはつきもの。「ミスしない」AIにはありえない手が、人間同士の闘いでは最高に魅力的な一手になる。ウーム。

囲碁より一足先に、AIに人間が勝てなくなった将棋の世界が、14歳少年の連勝でこれほど盛り上がる。しかも囲碁のアルファ碁のように「人間より強くなってしまったので引退」ということでもないみたいです。すると、AIとプロ棋士は共存しながら、将棋の魅力の新しい側面をひきだすのだろうか。
いずれにしても藤井総太クンの登場、すばらしい。囲碁の世界にも、同じような天才少年・少女がでてきてほしいなあ。

「今日は総太クンの番組があるから、早く帰るか」

土曜日は、碁会所→居酒屋のゴクラク日です。TVを見ているヒマなどない。ところが7月8日・土曜日の夜は、いつもの居酒屋で飲んでいたら「今日は総太クンの番組があるから、早く帰るか」となかまのひとりがいう。60〜80代の爺さんたちが「お、それもそうだナ」とサクサク帰る。
藤井総太、おそるべし。汝の名は、居酒屋グダグダ飲みより強し。
しかし、そのひとことのおかげで、この貴重な番組を見て、録画することもできました。

「将棋世界」8月号には、あの名作『聖の青春』の著者・大崎善生が「神を追いつめた少年」という連載を始めました。第1回「将棋との邂逅」。まだ、5歳の少年が瀬戸市にある将棋教室に通い始めるところまでしか書かれていないのに、ドキドキするほど面白い。

将棋界にあらわれた天才少年に、乾杯。
将棋世界 2017年8月号 -
posted by 三鷹天狗 at 10:57| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

1局3秒、1日3万局の自己対戦ーアルファ碁は「神の一手」に近づく

もはや、人間のトップ棋士より3子強い?

囲碁ファンにとって衝撃だったのは、2016年3月に、韓国のトッププロ棋士・李セドル9段がAI(人工知能)アルファ碁と対戦し、1勝4敗で敗れたことでした。
チェスや将棋でコンピュータが勝ったといっても、囲碁で勝つにはあと何年もかかる、囲碁はそれだけ奥が深いというようなことを、囲碁雑誌はトクトクと書いていたし、純朴な呆け天など「そうなのか」とアタマから信じていました。それがあっさりアルファ碁に負けるとは!
そして今年5月23〜27日、現在世界最強といわれる中国のプロ棋士・柯潔が3連敗した。柯潔は「アルファ碁にはつけいるスキがなかった」と、完敗を認める談話を発表しています。
shukan-go170612.jpg
この結果をうけて、アルファ碁を開発したディープマインド社は、囲碁の世界から引退すると表明した。他の、社会的に重要な課題に向かうためというのが公式の説明だが、呆け天はそうではなかろうと思います。これ以上やると、人間から「囲碁の楽しみ」を奪うことになりかねない、「プロ棋士」という職業の人たちから仕事を奪いかねない、というのが「囲碁からの引退」の理由だと感じます。

週刊『碁』2017年6月19日号で、ディープマインド社が公開したアルファ碁の「自己対戦譜50局」の連載がはじまりました。
記事の冒頭に、アルファ碁は「自己対戦」で、1局3秒の碁を、1日3万局、打ち続けると書いています。1手3秒ではない、1局3秒です。囲碁はだいたい1局200手くらいですから、1手0.015秒でうつわけです。そして1日3万局。これを1年続けたら1千万局以上です。
「あくまでも統計上」とことわりながらですが、ディープマインド社は「昨年の李セドル戦のときより3子強くなっている」という。それなら、柯潔が3連敗するのは当然です。
プロ棋士の世界では、きのう初段になったばかりの新人も、9段のトッププロと互先(ハンディなし)でうちます。2子置くなどという手合いは考えられない。置いた方が必ず勝つ。そういう天才たちが争っているのが、日本、韓国、中国のプロ棋士の世界です。
それらのトップ棋士より「3子強い」のであれば、もはや「神の領域」です。
むかし藤沢秀行は、われわれの打つ手など「神の1手」にくらべれば赤子のようなものと語っている。アルファ碁がこのまま自己対戦を3年5年と続け、「最適解」を求め続ければ、やがてトッププロが3子おいても5子おいても勝てない領域に入り、プロ棋士の存在意義そのものが消滅する。そういう恐ろしいことがおきるということです。
ディープマインド社の「囲碁の世界からの引退」を歓迎します。
わたしも、アルファ碁の棋譜をならべて「人間ならぬ一手」の妙味を、安心して楽しみます。

シンギュラリティは、ほんとにくると実感

世の中では「シンギュラリティ」(特異点。人工知能が人間を超える日)の議論がさかんです。
わたし、今回の一事をもって、ディープラーニング(深層学習)する機能をもった人工知能は、やすやすと人間を超えるということを認めざるを得ない。
休憩もない、逡巡もない、神速で最適解につきすすむAIの能力恐るべし。
そういえば、養老孟司は「人間は考えたことは必ず実現する。全知全能の神を考えてしまったのだから、全知全能の神を実現させる。そこで現人類は御用済みになる」と言ってたなあ。
ディープマインド社はグーグル傘下の会社だそうです。グーグルよ、人間を滅ぼすことのないような枠組みの議論もちゃんとしてくれ、頼むよ。

アルファ碁の、囲碁世界からの引退に、乾杯。

関連:2015年01月05日、養老孟司・阿川佐和子『男女の怪』http://boketen.seesaa.net/article/411822450.html
2016年10月16日、奥泉光『ビビビ・ビ・パップ』http://boketen.seesaa.net/article/442845147.html
posted by 三鷹天狗 at 09:36| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする