2017年06月21日

1局3秒、1日3万局の自己対戦ーアルファ碁は「神の一手」に近づく

もはや、人間のトップ棋士より3子強い?

囲碁ファンにとって衝撃だったのは、2016年3月に、韓国のトッププロ棋士・李セドル9段がAI(人工知能)アルファ碁と対戦し、1勝4敗で敗れたことでした。
チェスや将棋でコンピュータが勝ったといっても、囲碁で勝つにはあと何年もかかる、囲碁はそれだけ奥が深いというようなことを、囲碁雑誌はトクトクと書いていたし、純朴な呆け天など「そうなのか」とアタマから信じていました。それがあっさりアルファ碁に負けるとは!
そして今年5月23〜27日、現在世界最強といわれる中国のプロ棋士・柯潔が3連敗した。柯潔は「アルファ碁にはつけいるスキがなかった」と、完敗を認める談話を発表しています。
shukan-go170612.jpg
この結果をうけて、アルファ碁を開発したディープマインド社は、囲碁の世界から引退すると表明した。他の、社会的に重要な課題に向かうためというのが公式の説明だが、呆け天はそうではなかろうと思います。これ以上やると、人間から「囲碁の楽しみ」を奪うことになりかねない、「プロ棋士」という職業の人たちから仕事を奪いかねない、というのが「囲碁からの引退」の理由だと感じます。

週刊『碁』2017年6月19日号で、ディープマインド社が公開したアルファ碁の「自己対戦譜50局」の連載がはじまりました。
記事の冒頭に、アルファ碁は「自己対戦」で、1局3秒の碁を、1日3万局、打ち続けると書いています。1手3秒ではない、1局3秒です。囲碁はだいたい1局200手くらいですから、1手0.015秒でうつわけです。そして1日3万局。これを1年続けたら1千万局以上です。
「あくまでも統計上」とことわりながらですが、ディープマインド社は「昨年の李セドル戦のときより3子強くなっている」という。それなら、柯潔が3連敗するのは当然です。
プロ棋士の世界では、きのう初段になったばかりの新人も、9段のトッププロと互先(ハンディなし)でうちます。2子置くなどという手合いは考えられない。置いた方が必ず勝つ。そういう天才たちが争っているのが、日本、韓国、中国のプロ棋士の世界です。
それらのトップ棋士より「3子強い」のであれば、もはや「神の領域」です。
むかし藤沢秀行は、われわれの打つ手など「神の1手」にくらべれば赤子のようなものと語っている。アルファ碁がこのまま自己対戦を3年5年と続け、「最適解」を求め続ければ、やがてトッププロが3子おいても5子おいても勝てない領域に入り、プロ棋士の存在意義そのものが消滅する。そういう恐ろしいことがおきるということです。
ディープマインド社の「囲碁の世界からの引退」を歓迎します。
わたしも、アルファ碁の棋譜をならべて「人間ならぬ一手」の妙味を、安心して楽しみます。

シンギュラリティは、ほんとにくると実感

世の中では「シンギュラリティ」(特異点。人工知能が人間を超える日)の議論がさかんです。
わたし、今回の一事をもって、ディープラーニング(自己学習)する機能をもった人工知能は、やすやすと人間を超えるということを認めざるを得ない。
休憩もない、逡巡もない、神速で最適解につきすすむAIの能力恐るべし。
そういえば、養老孟司は「人間は考えたことは必ず実現する。全知全能の神を考えてしまったのだから、全知全能の神を実現させる。そこで現人類は御用済みになる」と言ってたなあ。
ディープマインド社はグーグル傘下の会社だそうです。グーグルよ、人間を滅ぼすことのないような枠組みの議論もちゃんとしてくれ、頼むよ。

アルファ碁の、囲碁世界からの引退に、乾杯。

関連:2015年01月05日、養老孟司・阿川佐和子『男女の怪』http://boketen.seesaa.net/article/411822450.html
2016年10月16日、奥泉光『ビビビ・ビ・パップ』http://boketen.seesaa.net/article/442845147.html
posted by 三鷹天狗 at 09:36| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

春の神代植物公園で、緑陰の対局を楽しむ

5月5日のこどもの日。うららかな春の陽気に誘われて、碁キチなかまが神代植物公園に参上。サクサクと碁盤・碁石を準備し、ビール・酒・つまみなどもぬかりなく整え、緑陰の対局を存分に楽しみました。
公園囲碁112728_.jpg
それにしても気持ちの良い天候、気温です。
公園囲碁112734_.jpg 公園囲碁112710_.jpg
開始前や、手空きの時間、対局終了後には、園内をめぐって春の花を愛でました。いまは、4月の桜・椿・つつじが咲きほこった場面から、5月中旬のバラまつりへの過渡期です。メインでひきつけるような花はありませんが、さまざまな花が来園者を迎えてくれます。
@いつもながら園入口のアプローチ、きれいです。A春の山草展が開かれています。
公園囲碁135356_.jpg@公園囲碁134935_.jpgA
Bつつじ、まだ美しく咲いている一角がありました。C藤棚から花がこぼれ落ちています。
公園囲碁134613_.jpgB公園囲碁134137_.jpgC
Dしゃくなげは今がピーク。Eしゃくやく。F春のバラ(9日から「春のバラフェスタ」)。
花を愛で、囲碁を楽しむ。善き一日に、乾杯。
公園囲碁133635_.jpgD公園囲碁133822_.jpgE公園囲碁134233_.jpgF
posted by 三鷹天狗 at 07:55| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

井の頭公園で、囲碁・酒・桜のゴクラク三昧。

恒例の花見囲碁大会。満開の桜、おだやかな気温、ありがたし。

4月8日(土)12:00〜井の頭公園ジブリ美術館裏。
満開の染井吉野・大島桜が美しい。家族連れが目立つ、おだやかなお花見風景です。その一角に、碁盤6面をならべて12人の碁キチが一心不乱に対局している。恒例の花見囲碁大会です。
花見囲碁IMG_20170408_144853_.jpg 花見囲碁IMG_20170408_132508_.jpg
ときおり最長老から「碁ばかりうってないで、桜もみろよ!」などの指示がでますが、全員それどころではない。
三鷹駅前オオゼキで大量購入したビール・日本酒に加え、常連の碁会所席亭からのさしいれ、参加者が自発的にもちこんだ日本酒・酎ハイなどを、グイグイと飲みながら対局に没頭しています。
当日は朝から小雨がぱらつくあいにくの天気。11時開始予定を1時間遅らせての開催となりましたが、雨はあがり気温もそこそこ温暖。昨年、寒さのあまり午後2時前に撤収したことにくらべれば、上々吉の、花曇りのもとでの囲碁大会となりました。2012年にはじまり、今年で6回目。囲碁・酒・桜の3つの楽しみを同時に味わう、なんともぜいたくな時間です。
「えッ、もうこんな時間か」の声があがったのが夕方5時半ごろ。チリ一つ残さず、手際よく片付けをすませ、三鷹駅前の居酒屋に移動して宴会を続けました。
花見囲碁IMG_20170408_144910_.jpg 花見囲碁IMG_20170408_144919_.jpg

井の頭の花見といえばこちら、池のまわりの桜です。写真は4月5日(水)。快晴、満開の桜です。
花見囲碁IMG_20170405_112014.jpg 花見MG_20170405_113204_.jpg
関連:2016年4月3日、花見囲碁ー花冷えに沈むhttp://boketen.seesaa.net/article/436125063.html
2015年4月7日、花見囲碁、国際交流対局もhttp://boketen.seesaa.net/article/416802385.html
posted by 三鷹天狗 at 09:13| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする