2017年10月18日

ティモシー・スナイダー『暴政 20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン』

トランプを、ファシズム登場の前触れと警告する歴史学者

2016年11月8日に、ドナルド・トランプがアメリカ大統領に当選した。イェール大学の歴史学教授(東欧史、ホロコースト史)である著者は、その1週間後の11月16日に、自分のフェイスブックに箇条書きで「こんにちの状況にふさわしい20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン」を載せた。
ウソと強弁のトランプのふるまい、トランプ支持者たちが「USA!」を連呼する熱狂、これらはファシズムそのものではないが、ファシズムの前触れだ。いまおきていることを軽視していると、恐ろしい未来を招来するぞ、という警告の書です。
スナイダーは、トランプの低劣さ愚劣さを、決してあなどらない。
1930年代にも、グローバリズムへの反動としてのポピュリズムやナショナリズムはあった。問題は、人々がそれに追従し熱狂し、ついには「防衛のため」と称して他民族や他集団の大量虐殺にまで突っ走ってしまうことだ。
それは、いくつかのことに注意を払っていれば、防ぐことができるというのが、20項目のレッスンです。

1、忖度(そんたく)による服従はするな
ナチスがオーストリアに侵攻したとき、オーストリアの役人も一般人も、ナチスの意を忖度し、率先してユダヤ人への侮辱と財産没収をやりはじめた。これがナチス高官たちに「どんなことが可能かを教えた」と、スナイダーは指摘します。ナチスの蛮行は、ドイツ人の専売特許ではない。どの民族・国民にも起きうることだ。
2、組織や制度を守れ
独裁者といえども、現存の組織や制度をないがしろにはしないはず、となぜか国民は思う。当の犯人たちが「ぶっこわす」だの「リセットする」だのとわめいているのに、そういう者を選挙で選ぶ。
3、一党独裁国家に気をつけよ
どんな選挙も、それが民主的な手法の最後の選挙になりうる。一党だけに権力を与えるな。
4、シンボルに責任を持て
スターリンは富農を豚の姿に描かせた。ドイツではユダヤ人の家や商店にペンキで「ユダヤ人」の印をつけはじめたところから大虐殺への暴走がはじまった。シンボル操作に警戒せよ。
5、職業倫理を忘れるな
権威主義的支配者は、従順な公務員を必要とする。「命令に従っただけ」といういいわけが、大虐殺をひきおこす。
6、準軍事組織には気をつけよ
トランプは、選挙集会で私設保安部隊に反対者を追い出させ「USA」コールの熱狂を煽った。これはナチスの「突撃隊(SA)」を連想させる。
7、武器を携行するに際しては思慮深くあれ
独裁者の求めに応じて、警察官や軍人(武器を携行する公務員)が不法な行為に手をそめたときに、大虐殺はおきる。
8、自分の意志を貫け
独裁者への「和解と崇拝」に、背を向ける者であれ。
9、自分の言葉を大切にしよう
言い回しを他のみんなと同じにすることをやめる。テレビを消し、本を読む。
10、真実があるのを信ぜよ
選挙中にトランプが語ったことの78%がウソだった。「ポスト・トゥルース」(脱・真実)とは、「プレファシズム」(ファシズム前夜)のことだ。
11、自分で調べよ
インターネットの時代はユーザー全員が出版業者でもある。よく調べ、事実、真実だけを発信せよ。
12、アイコンタクトとちょっとした会話を怠るな
微笑み、握手、挨拶の言葉が、抑圧に抗する武器だ。
13、「リアル」な世界で政治を実践しよう
ポーランドの「連帯」の闘いは、共産主義(全体主義)の終わりの始まりとなった。
14、きちんとした私生活をもとう
インターネットの使用頻度を減らし、じかに人と触れ合ことを大切にする。
15、大義名分には寄付せよ
慈善活動を一つか二つ選んで、自動引き落としをはじめる。
16、他の国の仲間から学べ
どんな国であれ、自国だけでは解決法を見出せない。国外に友人を持ち、学び合おう。
17、危険な言葉には耳をそばだてよ
自由を代償にしてはじめて安全が得られるーと語る政治家を信用するな。彼らは、あなたから自由も安全も奪う。
18、想定外のことが起きても平静さを保て
現代の暴政は、テロを操作する。テロの脅威を口実とするトリック(非常事態云々)にひっかかるな。
19、愛国者(ペイトリオット)たれ
ナショナリストと愛国者はまるで異なる。ナショナリストは報復を煽り、愛国者は国民が理想に沿って生きることを望む。
20、勇気をふりしぼれ
現大統領の「アメリカ・ファースト」という言葉は、1930年代にナチス・ドイツと闘うことを妨げようとした委員会の名前だ。私たちの誰一人も自由のために死ぬ気概がなければ、私たち全員が暴政(ティラニー)のもと死すべきさだめとなる。

日々の、誰にでもできることをしっかりやることが、ファシズム到来を防ぐ防波堤となるという、語りかけです。考えさせられることの多い本でした。わたしも、ささやかながら、11項目目の「事実、真実だけを発信せよ」を守って、安倍政権の暴走政治(まさに暴政)に抗していくことにします。

プーチンへの警戒、憎悪の強さが印象に残る

スナイダーにとっては、ファシズムと共産主義はまったく同列の悪として扱われます。スターリン主義への憎悪に関しては100%同意しますが、たとえばマルクスが説いた共産主義が、ユダヤ人撲滅のファシズムと同じものだとは、呆け天は考えません。
もう一つ強く印象に残るのがプーチンへの警戒・憎悪の強さです。最悪の全体主義者、全世界の極右勢力のリーダーかつ資金源、まるで「ショッカーかッ!」という扱いです。
エマニュエル・トッドは、プーチンはドイツ後ろ盾とするウクライナのファシストからロシアを自衛しようとしているだけだ。プーチンへの憎悪がヨーロッパに好戦的な気分を蔓延させていることが問題だと指摘しています。つまり、スナイダーとはまるで逆の見方です。双方の主張を聞き比べながら、考えていきたい。

トランプ登場に「ファシズム前夜」を予感する歴史学者の警告に、乾杯。
暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン -
ティモシー・スナイダー『暴政 20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン』慶応義塾大学出版会、2017年、1200円+税。
関連:2015年05月29日、エマニュエル・トッド『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』http://boketen.seesaa.net/article/419767550.html
posted by 三鷹天狗 at 09:51| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

スディール・ヴェンカテッシュ『ヤバイ社会学 一日だけのギャングリーダー』

暴力と麻薬が支配するスラムに、
公民権運動の挫折が、透けて見える

シカゴ大学の大学院生スディール・ヴェンカテッシュ(インド系アメリカ人)が、大学の近くにある黒人貧民地区に実地調査に入る。16階建ての高層アパートが建ちならび、4000戸もの人々が暮らす街が、麻薬に汚染され、ギャングに支配されている。学校警備員が「そこにだけは近づいてはいけない」と学生たちに釘をさす場所だ。
知りあったギャングの若いリーダーJTと、友情といってもいいようなかかわりが生じる。1989〜95年の6年間、毎日のようにこの地区に入りびたり、黒人ギャングの生態を内側からレポートした。
サブタイトルの「一日だけのギャングリーダー」は、スディールがJTに「リーダーってのは、楽な仕事だね」と感想をいったら、「ならお前が一日だけやってみろ」とギャングリーダー体験をさせられたことによる。

映画の世界でしか見ることのない、アメリカ最貧スラムのルポです。
潜入した初日に、不良たち(JTの手下)に拉致されたスディールが「アフリカ系アメリカ人の生活を理解するために…」とJTに訴える。
「オレはニガーだ」「ニガーってのはこういうとこに住んでるやつらのことだ」「アフリカ系アメリカ人ってのは郊外に住んでるやつらだな。アフリカ系アメリカ人はネクタイ締めて仕事に行く。ニガーは仕事なんかもらえない」
もう、この出だしだけで「つかみはOK」というやつです。
会話のすべてに「ニガー(Nigger)」「クソ(Shit)」「ファック(Fuck)」がつく。暴力沙汰は日常茶飯事だが、誰も警察を呼ばないし、救急車も呼ばない。呼んでもこないということもあるが、警察が立ち入ると麻薬取引という、ギャングにとって死活にかかわるビジネスに、支障をきたすからだ。
JTは大学を卒業したあと、カネを稼ぐにはギャングになるのが近道と考えて、生まれ故郷のゲットーにもどった。まだ30歳の若さで、200人の部下を束ね、麻薬売買のアガリと住民たちからのみかじめ料で、高級車を乗り回し、複数の愛人を抱える暮らしをしている。
JTの母ミズ・メイは、スディールの顏を見ればなにかを食わせ、一族の者たちを守る肝っ玉かあさんだ。スディールはミズ・メイの部屋でレポートを書くほど親しくなっていく。
ギャングとならぶ支配装置が、自治会だ。自治会長の女性・ベイリーは、育児放棄された子どもにご飯を食べさせる、揉めごとをおさめるなど、住民のよろず相談役として奮闘している。同時に、仕事をしている住人から手数料や「税金」を徴収する、ギャングとならぶ支配者でもある。
ときどきギャングのパーティを襲って現金や貴金属を強奪するのは、悪徳警官グループだ。彼らは、ギャングたちが自分たちよりはるかに多い収入を得ていることにガマンができず、定期的にギャングのパーティを襲う。ギャングはこれを「税金」と考え、反撃しない。スディ―ルがいちばん恐ろしい目にあうのは、この警官たちを告発する気なのではないかと疑われた時だった。

まあ、なんという世界だと呆れかえるしかありませんが、読んでいるうちに、とてもつらい気持ちになります。レポートの端々に、1960年代公民権運動が、未完のまま腐ってしまった姿が、透けて見えるからです。
4000所帯のうち、90%は女性が家長だ。彼女たちは、1960年代には公民権運動を担い、1970年代には選挙で黒人候補を後押し、コミュニティのために真剣に戦った。しかし、レーガン政権による福祉切り捨て、それを追認したクリントン政権によって1990年代には貧困が常態化し、ギャングと麻薬が団地を覆う。
JTはギャング・ブラックキングス(BK)の下部組織のリーダーにすぎない。シカゴに200もの下部組織をもつBKは、シカゴのアンダーグラウンド経済を支配しており、自分たちは黒人コミュニティの守護者だと思っている。じっさい、スディールに昔の自慢話をする大幹部は「1960年代には、ギャングは黒人革命を先導していた」とまでいう。
疲れ果てた女たち。暴力と麻薬で街を支配し「黒人革命の先導者」「コミュニティの守護者」を気どるギャングたち。公民権運動の挫折、ブラックパンサー党の敗北の、90年代の姿がこれなのか。まさにディストピア(地獄)です。(スディールがレポートしたスラムは、すでに解体され、いまは存在しない。)
スディールは「アメリカの絶望」を見せたくてこの本を書いたわけではなく、「それでも人々は生きていく」という側面に光をあてるために書いた。それは承知のうえで、アメリカの病理の深さにため息がでます。

トランプのもとで息を吹き返すKKK。

トランプはオバマ政権の8年間を憎み、侮蔑し、アメリカの深奥部からKKK(クー・クラック・クラン=白人至上主義団体)を呼び起しています。
核兵器の廃絶や、国民健康保険制度の導入など、オバマ政権が語った夢は、一場の幻にすぎなかったのか。
それとも、トランプを弾劾し、少しは正気な政治に復元する力が、アメリカ社会にあるのか。
さまざまなことを思わせる本でした。

スディール・ヴェンカテッシュの、捨て身の社会学レポートに、乾杯。
ヤバい社会学 -
スディール・ヴェンカテッシュ『ヤバイ社会学 一日だけのギャングリーダー』東洋経済新報社、2009年、2200円+税。
posted by 三鷹天狗 at 09:21| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

『文藝春秋』11月号、佐藤優「トランプの『北の核容認』に備えよ」

米朝チキンレースについて、初めて聞く説得力のある議論

北朝鮮・金正恩とアメリカ・トランプのチキンレースはどこに行きつくのか。雑誌・週刊誌はいまにも戦争が始まるとはやしたて、安倍は「朝鮮有事」を煽れば選挙で圧勝できるとふんで、疑惑隠しの解散総選挙に走った。
しかし、ほんとうのところはどうなるのか。
トランプは先制攻撃にふみきるのか。北朝鮮はどう反応するのか。

文藝春秋11月号の佐藤優「トランプの『北の核容認』に備えよ」は、初めて聞く説得力のある分析・推論でした。
偶発的に、誰も望まない形で戦端が開かれてしまう可能性はあるということを留保したうえで、佐藤は、トランプは先制攻撃に踏み切れない、と断言します。
第2次朝鮮戦争が勃発してしまえば、ソウルは二日で陥落しアメリカが北を制圧し終えるまでに200万人近い犠牲者がでると、米軍はシュミレーションしている。在韓日本人4万人、在韓米人20万人にも大きな犠牲がでるだろう。
いっぽう北朝鮮は、金王朝・首領様を守る=国体護持のためなら、どんな犠牲をもいとわないという国をつくりあげてしまっている。
多大な被害を厭わない国と、多大な被害を避けたい国が向きあえば、被害を避けたい国が譲歩するしかない。(これって、ヤクザと一般市民がケンカしたときと、構図が同じですね。いやはや。)
北は、トランプの登場を喜んでいる。オバマによる無視作戦がいちばんつらかった。「こっち向いて!」「金王朝には手をつけないと言って!」ということだけが北ののぞみであり、聞こえないふりをされると立つ瀬がない。ところがトランプはひっきりなしにツイッターで北に言及し、金正恩について「なかなかの切れ者」「かなりタフな相手」などといってくれた。
これをチャンスととらえ、交渉・取引のために、一気に核カード(核実験、ICBM発射訓練)を切った。
トランプは、アメリカにミサイルが飛んで来ないということにしか、関心はない。いま経済制裁を言い立てているのは、やれるところまでやったというアリバイ作りにすぎない。落としどころは「北の核兵器と中距離弾道ミサイルを事実上容認する代わりに、ICBMの開発だけを放棄もしくは凍結する」ということになるだろう。
これはパキスタン方式だ。アメリカはパキスタンの核保有を事実上容認している。パキスタンは中距離弾道ミサイルしかもっておらず、アメリカに危険は及ばないからだ。北が、ICBMさえ持たなければアメリカにとっての直接の脅威ではなくなるーそれで良い、というのがトランプの結論になる。
これは韓国と日本にとっては、常に北の核の脅威にさらされ続けるということになり、日本でも急速に核武装論がたかまるだろう。日本には2年以内に核兵器を開発する能力があるが、現状のNPT(核拡散防止条約)体制のもとでは作れない。ウラン・プルトニウムの供給がストップするからだ。非核3原則から、非核1.5原則に移行し、米軍の原子力潜水艦に日本の自衛官が乗船するといった「核の共同運用」が予測される。
そうした現実的対応をしながら、米朝国交正常化がはじまるのにあわせて日朝国交正常化を行い、韓国と共同して北への投資を行い、豊かな北朝鮮を招来させる。人々が豊かになれば、欲望が独裁を超えはじめる。日本が、国体護持(天皇の戦争犯罪を問わない)がはっきりしたら一夜にしてアメリカの友好国になったように、金王朝に「国体護持」を約束することで戦後日本と同じ道を歩ませることができる可能性はある…。

この中の、非核3原則から、1.5原則への移行という議論には、私は反対です。
エマニュエル・トッドなども、日本が核武装すれば東アジアは安定すると言ってますが、反核・反原発信者である私には、聞く耳はありません。ことしのノーベル平和賞に選ばれた「ICAN」=「核兵器廃絶国際キャンペーン」は、日本政府が核兵器の開発や保有などを禁止する核兵器禁止条約に参加しないのは、70年にわたって核廃絶を訴えてきた被爆者に対する裏切りだと批判しています。わたしもまったく同意見です。
その点をのぞけば、佐藤優の分析・推論は、米朝チキンレースについて、唯一まともなものではないかと感じました。
北朝鮮への怒りや侮蔑の感情は、理性をにぶらせるだけです。「そういうもの」として存在してしまっているカルト国家を、暴発させず、北の国民自身が「欲望」の力で呪縛から醒める日をうながしていく。これが大人の議論というものでしょう。

とりあえず、日本に立憲民主の旗をたてるところから

北朝鮮との緊張が、森友問題(国有地無償払い下げ)も、加計問題(恣意的な法運用)もチャラにしてくれるという、国政の私物化が、今回の国会審議ゼロの解散総選挙です。北の脅威を煽りながら選挙をやってるバカさ加減は、世界中の笑いものになっていることでしょう。
せめて、立憲民主党がある程度まとまった議席を獲得し、アジアや世界に発信できる言葉をもった政党になっていくのを、期待するしかありません。どんなに情けなくとも、これが日本の政治の現実ですから。

佐藤優の、米朝チキンレースについての明晰な分析に、乾杯。
文藝春秋 2017年 11 月号 [雑誌] -
文藝春秋 2017年 11 月号、880円(税込)
posted by 三鷹天狗 at 09:04| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする