2017年07月31日

関川夏央『人間晩年図巻 1990-94年』『人間晩年図巻 1995-99年』

これぞ関川の代表作。個人の晩年をえがいて、現代史の一面をくっきりと浮かびあがらせる。

あとがきに、ことの発端は山田風太郎の『人間臨終図鑑』の続編が必要と感じたことにあると記しています。山田が1980年代なかばで筆をおいた、その後に死んだ人は「書かれずに気の毒ではないか」と思ったという。
全2冊、約600ページを費やして、1990〜99年の10年間に亡くなった著名人や事件・事故の当事者72人の晩年を描く。ひとりひとりが、流れ星のように生きて消えた、その光に照らされてこんな光景がみえるんじゃない、と提示する。現代史の一面がくっきりと浮かびあがります。
その語り口が、週刊誌風のゴシップ、評論家風のうんちく、自前の保守的な歴史観、さまざまなテクニックを駆使して飽きさせない。みごとな芸で、これこそ関川夏央の代表作になる仕事と思いました。

呆け天の年代だと、まずくるのが懐かしさの感情です。
一人目が栃錦清隆(1990年没)「渋好みのコドモが愛した横綱」です。
「当時は相撲ブームで、コドモたちはたいてい『土俵の鬼』若乃花に肩入れした。東京の下町の子と、コドモのくせに玄人好みは栃錦をひいきにした。」
そのとおり、なんであれほど相撲と若乃花が好きだったんですかね。ラジオで実況中継を聞いていたし、テレビが入ってきてからはさらに拍車がかかった。栃錦が春日野親方となって両国国技館を無借金で建てた、理事長を二子山(若乃花)に禅譲したなんて話し、なんど聞いても飽きることがない。ああ、懐かしい。
二人目が成田三樹夫(90年没)「自由律俳句好きの悪役」。憎たらしい悪役だった。一転して『柳生一族の陰謀』でみせた白塗りの公家かつ剣の達人という、意表をつく役柄。不気味な顔で、スラリと剣を抜いて千葉真一の柳生十兵衛と対峙した場面をいまでも思いだします。「ただものではない役者」という評判が一気にたかまりました。
成田は文学好きで、自由律の俳句を作った。「六千万年海は清いか鯨ども」すごい句ですね。
寺田ヒロオ(92年没)「『真実一路』のマンガ家、その長い晩年」。絵が明るくて、描線がきれいで、「背番号ゼロ」とか「もうれつセンセイ」とか好きだったなあ。トキワ荘でテラさんと呼ばれ、兄貴格として尊敬された。関川は、内田樹が合気道道場「凱風館」を建てたと聞いたとき「反射的に連想したのは半世紀前のマンガ『もうれつ先生』であった」と書く。なるほどなあ。こういう関川の感想が入ることで、追憶は一気に現在とつながる。

一人として「なんでこの人がでてくるの」という人はいない。本書で初めて名前を知った人もいますが、ああそういえばそういう事件があったなと思い出せることがらの当事者です。
たとえば中村曜子(1992年没)「『松本清張的世界』最後の登場人物」。名前を知りませんでしたが、あの「月光荘事件」の当事者・美人画商・詐欺事件被告といわれれば、当時の週刊誌の見出しなど思いだされます。なんと、この人があの中村紘子(ピアニスト)の母だったのか。
でてくる人、事件、そのすべてが自分が生きてきた時代そのものです。懐かしさ、薄れていた記憶の補修、自分の思い込みとは違った角度からの光のあてかた。じつにみごとな仕事です。

もうひとつ印象に残るのが、日中韓・東アジアを見ている関川の目の、確かさです。
江青(91年没)「悪いのはやっぱり毛沢東」、金日成(94年没)「どうする?銅像と肖像画は」、テレサ・テン(95年没)「昼はケ小平が語り、夜はケ麗君が歌う」、金丸信(96年没)「晩節ほど大事なものはない」、ケ小平(97年没)「不倒翁倒了」、ポル・ポト(98年没)「何が悪かった?」、寺尾五郎(99年没)「ものごとは見たいように見える」。
以上7人が、日中韓・東アジアに関連する人たちです。
金丸信は晩年に北朝鮮を訪問(90年)して、金日成の術中にはまって赤恥をかいた政治家として登場します。
全72人のトリをつとめるのは、世間の人は聞いたこともないような左翼学者・寺尾五郎です。寺尾は1959(昭和34)年に『38度線の北』を書いて、在日コリアンの北朝鮮への「帰国運動」を扇動する決定的な役割を果たした。もちろん、9万人にも達する北朝鮮への送還の、すべての責任が寺尾にあるわけではない。
映画『キューポラのある町』のラストシーンにあらわされているように、当時の日本の世論が北朝鮮=貧しいが理想社会の建設を目ざしている国という、とんでもない錯誤のなかにあった。美濃部亮吉東京都知事は1972年の訪朝時に金日成に面と向かって「社会主義の勝ち」とおべんちゃらを言った。岡本愛彦(TVディレクター)は74年の著書で「一つの国そのものが芸術の具現である国家」とまで、北朝鮮をたたえた。こういう文章を掘り起こされれば、穴があったら入りたい政治家・作家・ジャーナリストはたくさんいることでしょう。
関川は『ソウルの練習問題』(84年)で左がかったフィルターをかけて日韓関係を論じることの愚を指摘し、『退屈な迷宮』(92年)で北朝鮮は共産主義とはなんの関係もない、金一族の支配するカルト国家にすぎないことを明らかにした。
関川の指摘は、その後96年に拉致問題が明るみにだされることで実証される。ソ連邦の崩壊(91年)と拉致問題は、日本における左翼陣営の総崩れをひきおこし、いまも立ち直れていない。
関川が、この大冊・労作の、最後のひとりを寺尾五郎としたことに、日中韓現代史を見る目についての強い自負と、左派論壇への強烈な皮肉・あてこすりを感じます。

1990年代というのは、とんでもなく大きな転換点だった。

90年代は、ソ連邦の崩壊とバブル崩壊(ともに91年)があり、阪神淡路大震災とオーム真理教の地下鉄サリン事件(ともに95年)があった。戦後的なものが根本から崩れ去ったが、次の時代は見えない時代だった(今も見えないが)。
左がかったものの見かた・感覚で生きてきた呆け天など、茫然自失の10年だったというしかない。関川の仕事にうながされて、笑いもあるし悔いもある、実感的な現代史を追体験させられました。
73人をジャンルでみると映画・演劇など芸能分野が28人と圧倒的に多い。映画スターやコメディアンのエピソードが放つ「時代の共有」感はやはりすごい。政治家と作家が10人ずつ、以下スポーツ7人、将棋3人、漫画家3人、その他事件・事故の当事者や冒険家など。人選は関川の「記憶と好み」によると、あとがきにあります。
だれについても、称えず、貶めず、時代の中に放った光芒をさらりと書き留める。練達の芸に感服しました。続編(2000-2009年に亡くなった人たち)を期待します。

1990年代に、過ぎ去った時代と人々に、献杯。
人間晩年図巻 1990-94年 -  人間晩年図巻 1995-99年 -
関川夏央『人間晩年図巻 1990-94年』『人間晩年図巻 1995-99年』岩波書店、2016年、1巻1800円+税、2巻1900円+税。
関連:2013年06月16日、関川夏央「やむを得ず早起き」http://boketen.seesaa.net/article/366532094.html
posted by 三鷹天狗 at 10:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』

愉快・痛快、理系の傑作本。アフリカで「神の罰」=蝗害とたたかう若き昆虫学者。

若くてエネルギーに満ちた昆虫学者が、「オレがアフリカの飛蝗問題を解決してやる」と西アフリカ・モーリタニアに乗り込んでいく。いいですねえ。
若い理系の学者の場合、「オレが宇宙の秘密を解きあかす」「オレが深海生物を解明する」といった気負いにみちたチャレンジが面白いわけで、そこでの失敗やジタバタ、思いもかけない発見などが、わたしたち一般の読者を楽しませてくれるわけです。
本書には「アフリカの飛蝗」という大テーマと並行して、失業ポスドク(博士研究員)の職探しという、卑俗かつ深刻なテーマが流れており、二重に興味深い。ハラハラドキドキしながら感動のエンディングという、学術エンターテイメント本の、王道をゆく展開です。

モーリタニア(正式名称「モーリタニア・イスラム共和国」)は、旧フランス植民地の農業国で、公用語はフランス語、酒は禁止というお国柄です。
「日本では35℃を超すと死者が出るところ、こちとら45℃を超えている。秋田県民ならいつ死んでもおかしくない気温だ。」
著者は秋田県出身。肥満児の昆虫少年が、県立秋田中央高校、弘前大学農学部、神戸大学大学院で博士号取得と学歴を積み、昆虫学者になるという夢はかなえた。しかし、ご飯が食べられる安定した職にはなかなか就けない。だいぶ前に『高学歴ワーキングプア』(水月昭道著、光文社新書、2007年)という本があったが、前野がまさにそこに描かれている低収入ポスドクです。
一石二鳥ねらいのアフリカ行きです。蝗害を解決するという壮大かつ崇高なテーマにチャレンジし、その成果でどこかの大学か研究機関から声がかかるのを期待する。そうは問屋がおろさないと大人なら考えるところですが、若い学者は突撃していく。しかも2011年4月11日、あの東日本大震災の直後という時期に…。

出迎えるモーリタニアの「国立サバクトビバッタ研究所」、ババ所長が大人物です。
「(大地震で大変なときに)日本からきたサムライを歓迎する。コータローが頑張れば我々モーリタニアはもちろんのこと、日本の励みにもなるから頑張ってほしい。」
視野が、大きく開けている。それからの3年間、上司として、先輩学者として、ババ所長の大きな人柄、学識、経験は前野を励まし、導きつづけます。前野に「ウルド(○○の子孫)」という、モーリタニアの伝統的な名前を授けたのもババ所長です。
専属の運転手としてかかえたティジャニの、賢く、狡く、勇敢かつ世慣れている「砂漠の庶民」ぶりも魅力的です。ティジャニの第2夫人、研究所の同僚たち、市場の商人、「イナゴを買い取る」と聞いた砂漠の子供たち。話しの進展とともに触れあっていくモーリタニアの人々に対して、つねに敬意をもって接していく。イヤなこと、理解不能のこともあったろうに、そうしたことはほぼ書かれないか、すでに浄化している。前野ウルド浩太郎、人柄いいなあ。

意気込んで突撃したのに、大干ばつのせいでモーリタニアのバッタは姿を消している。実はバッタの大発生は、いつ起きるか誰にも予測できない。1987〜8年にアフリカが壊滅的な打撃をうけたサバクトビバッタの大発生をみて、ドイツは大型の研究チームをモーリタニアに派遣した。しかし、バッタたちは姿を消し、チームは研究成果なしで空しく引き上げざるを得なかった。あろうことか、引き上げた翌年、ふたたびバッタの大発生がおこる…。
古代エジプトではバッタの翅(はね)の模様はヘブライ語で「神の罰」と刻まれていると言い伝えられた。地上の植物・穀物を食い尽くす天災として、長く人類を苦しめてきた大問題です。これほど科学が発達した今も、大発生のメカニズムを解き明かし事前に抑止する方策は発見されていない。発生してから農薬(人体にも家畜にも有害)で叩くという、いたちごっこを繰り返している。
前野は、3年のフィールドワークと、最終年の大発生との遭遇で、なにやらヒントをつかんだみたいなのだが、本書では「学術論文発表前なので」という理由で明かされていない。

モーリタニアでの苦闘のかたわら応募していた「京都大学白眉プロジェクト」に、前野はみごと採用され、特定助教となる(現在はさらに、国立研究開発法人国際農林水産業研究センターに転籍)。この採用面接試験の、緊張に満ちたやりとり、京大総長のさすがのふるまいなど、印象に残ります。

感動のエンディングは、母校県立秋田中央高校での、後輩相手の講演会という、ささやかすぎるイベントです。
「質疑応答中、いけない女子高生たちが、私目がけて手を振ってくる。こんなにチヤホヤされたことなどない。『自分もウルドになりたいッス』と小粋な感想を述べる男子生徒もいた。私は今日という喜びを迎えるために、これまでがんばってきたのではないか。」
おい、国際的昆虫学者をめざす人間としては喜びのしきいが低すぎないか、とツッコミが入るところですが、秋田出身の呆け天には前野の喜びも、後輩たちのうれしさも、充分に伝わってきます。昔から「江戸の大関より故郷の三段目」というではありませんか。
きっと江戸の大関に、やがて育っていくであろう前野ウルド浩太郎の、母校での門出に拍手を。

これから若い学者が書く一般書の、基準になってほしい。

本書で特筆すべきことがもうひとつあり、それは、前野の文章が抜群にうまいことです。
全体のタイトル「バッタを倒しにアフリカへ」も秀逸ですし、本文の数ページごとについている小見出しが、サハラの洗礼、怯えるアフリカ、バッタ家族、相棒ティジャニ…など、「それはなんじゃ」と食欲をそそるみごとな惹句になっている。本文も、常にユーモアをたたえ、美味しいビールを飲むように読める。
これは若い理系学者の本としてはちょっと例がない。前野は、縁あって雑誌『プレジデント』(隔週)に連載をもったことがあり、毎号1600字程度のエッセイを書いた。このとき担当編集者・石井伸介から、「てにをは」の使いかたから「読者のことを常に想定し、文章を磨きに磨く」ことをたたきこまれたという。前野は「最強の赤ペン先生」という一項をたてて、石井への感謝を述べています。名伯楽あっての理系文筆家の誕生で、深く納得です。
若い学者の書いたもので、テーマは面白いのにあまりにも文章がお粗末で、読むにたえないものにぶつかることがあります。わたしの怒りは著者だけではなく編集者・出版社に向かい、やがて「活字文化の衰退」という、あらがいがたい趨勢を嘆いて終わります。出版社に、若く未熟な著者を教育し、たたき直して「読者が読むにたえる文章」にさせるだけの力量がなくなっている。
その点本書は、プロの編集者・校正者と若い学者が、二人三脚で仕上げた本という完成度があります。
ぜひとも、これから若い学者が書く一般書の、基準になってほしい。

「神の罰」から人類を救う使命を帯びた昆虫学者の誕生に、乾杯。
バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書) -
前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』光文社新書、2017年、920円+税。
posted by 三鷹天狗 at 11:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

井上智洋『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』

BI(ベーシックインカム)なきAI(人工知能)はディストピアをもたらす、
BIのあるAIはユートピアをもたらす、という予言

本書は、若い経済学者が、AI(人工知能)の発達が経済にもたらす影響を予測し、対策を提言した本です。
ひとことでいえば「AIが人間の仕事をほとんど奪い、大失業時代がくる。ベーシックインカムを導入すれば、危機は回避できる」という内容です。平易なことばで、IT弱者の老呆け天にも理解できるように書かれています。細部についてはしらず、大まかな流れとしては、AIを軸とした「第4次産業革命」はこの人のいうように進行するんでしょう。

1、2030年には、人口の1割くらいしか働いていない、という予測。
シンギュラリティ(特異点=AIが人間を超える日)は2045年頃という予見より早く、2030年頃には、人間のいまやっている仕事のほとんどはAIが代替しているだろうというのが、著者の予測です。
経理・総務などの事務処理はすべてAIに移行。単純労働もサービス分野もほとんどがロボットで代替可能。一見専門分野とみえる会計士、弁護士、医者…それらはAIがもっとも得意とし、進化が見込まれる分野で、人間の働き手は不要になる。
いま、日本の全人口の約半分6400万人が働いているが、それが経営者プラスアルファの、約1000万人が働けば十分という世界になる。つまり、5400万人は失業するわけです。
あな恐ろしや。
2、では労働者=失業者はどうなる。唯一の解答がベーシックインカム(BI)という提言。
労働時間を短縮(たとえば3分の1に)すれば雇用は守られる、というようにはならない。放っておけば労働者はみな失業する。全世界の富を独占する数%の人間からすれば、失業した人間は「飢えて死ね」ということでしょうね。人口が減った方が、勝者・強者にとっては、より住みよい地球環境が守られる。飢えたものの反乱は、AI兵器による皆殺しという、B級SFのようなディストピア(生き地獄)が思い浮かびます。(これは著者のことばではなく呆け天の妄想)。
しかし、こころ優しい著者は、ベーシックインカム(BI)の導入でディストピア(地獄)は回避できる、BIを導入できればAIの発達は人類にユートピア(理想郷)をもたらす、と語ります。
仮に、所得税25%アップ、月額一人7万円(所帯ではなく、老若男女にかかわらず一人7万円)のBIを導入できれば、社会全体が好循環をはじめる。労働にしばられず、日々の糧を得ることに悩まされず、人間は創造的に生きる時代を迎えるだろう、というわけです。

BIについては、呆け天もおおいに関心があります。生活保護という形ではなく、全国民に最低限の生活ができる金額を保障する。社会民主主義の実験を続けている北欧などで、早く試してみてほしいものです。
呆け天の夢想としては、BIの導入と超時短の結合が望ましい。成人したすべての人間に週15時間程度の仕事があり、人間らしく生きられる保障(BI)と報酬がある社会。もちろん、そうなればなったで、それはユートピアではなかったということが明らかとなり…というように、人類史は続いていくでしょう。

わたしが本書で唯一不満に感じたのは、金融取引税(トービン税)について触れられていないことです。なんでもいまや国際的な金融取引は、AI対AIで行われ、人間はその結果を見ているだけという。もはやマネー経済が世界経済を支配している、しっぽが世界をふりまわしている。
これへの有効な課税と再分配が行われていないことが、超格差社会の根本でしょう。なぜか著者がこの問題をスルーしているのが解せませんでした。

わずか13年後のはなしだというのが、こわい

それにしても、2030年といったらわずか13年後です。呆け天だって、まだ生きている可能性がある。
AIが人間の仕事のほとんどを代替している局面がそんなに早く来るとは、にわかには信じがたい。しかし、アルファ碁のディープラーニング(深層学習)の威力とスピードを見せつけられた囲碁愛好家としては、「ほんとにそうなるかも」という気もします。
見たいような、見たくないような近未来です。
ベーシックインカム導入の議論や実施には、時間がたりなすぎる気もする。願わくば、人類史がディストピアを回避し、ユートピアに向かいますように。

若い学者の、自由な問題提起に、乾杯。
人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書) -
井上智洋『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』文春新書、2017年、800円+税。
関連:2017年06月21日、1局3秒、1日3万局の自己対戦http://boketen.seesaa.net/article/451061984.html
posted by 三鷹天狗 at 08:08| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする