2017年06月06日

笹沢信『藤沢周平伝』

どっぷりと藤沢作品の世界に浸らせてくれる評伝

読了に10日ぐらいかかりました。
時間がかかるのは、笹沢が引用する藤沢作品の一節を読んでいるうちに、本棚からその作品をひっぱりだしたくなり、読みふけってしまうからです。
引用は往々にして10〜15行、ときには20行におよぶものもあるほど長い。ふつう引用は、著者が自分の考え方や主張を補強したり証明するために行うわけですが、笹沢の引用にはその意図がない。その作品のいちばん魅力的な文章はここだ!と笹沢が信じるところを引用する。その手つきがあざやかで、作品がありありと思いおこされる。なのでつい当該作品を本棚からひっぱりだしたくなる。ああ、ここを引用したかなどと思いながら、短編だと全文読み直してしまう。時間がかかるのも当然です。
こむずかしい文学論は皆無、斬新な視点、初めて掘り起こした新事実といったものもありません。藤沢周平ファンにとっては、ぬるーいお湯につかってあんなことこんなことを古い記憶からよびもどしているような、そんな本です。幸せな時間をありがとう、と感謝したくなる一冊です。

著者は山形新聞社に1965〜1998年の33年間在籍し、主に文化欄を担当した。藤沢周平が「オール讀物」新人賞に応募し始めたのが1964年、亡くなったのが1997年だから、藤沢の作家生活と著者の山形新聞在籍期間はほぼ重なっている。藤沢は郷里・山形への愛情ただならぬ作家であり、山形新聞にも小説の連載、エッセイなどたくさん書いている。原稿依頼や事務連絡、講演など、きっと文化欄担当の著者と藤沢の関係もきわめて濃かったにちがいない。
ところが、拍子抜けするほどそのことが書かれない。著者は、藤沢と面識があったのかなかったのか、ということさえ書かない。ないはずはないのだから、こんな言葉をかわした、こういう印象だったという「肉声を伝える」義務があるとわたしなどは思うのだが、笹沢はそれをしない。
「活字になっている資料だけを使い、読者が追体験できる」枠内で書くという、自分が決めたルール・方法に、頑強にこだわっているのだ。
荘内弁に「かたむちょ」ということばがあるそうで、意味は片意地をはる、頑固者というようなことらしい。土佐の「いごっそう」とか、肥後「もっこす」、津軽「じょっぱり」などと同じようなニュアンスのことばでしょう。藤沢は自分の性格を「かたむちょ」と規定している。
たぶん笹沢は、それこそ筋金入りの「かたむちょ」にちがいありません。藤沢周平本人とのふれあいだけではなく、本書のために取材したであろう山形の人々との会話なども、なにひとつ記さない。事実関係も含め、活字になっているもののうち、笹沢が事実だと思うこと以外はいっさい引用しない。徹底した「かたむちょ」ぶりです。

『評伝吉村昭』の著者でもある笹沢に、あらためて感謝。

本書は、藤沢周平の没後16年もたってから書かれました。
藤沢には、向井敏『海坂藩の侍たち』(文藝春秋、1994年)という、最高の書評があります。藤沢の作品を称揚してこれ以上のものはありません。死後には、文藝春秋編『藤沢周平のすべて』(1997年)がだされ、丸谷才一、井上ひさしの弔辞にはじまり、そうそうたる作家の藤沢周平讃歌が、つめこまれています。この2冊に、娘・遠藤展子の2冊(『父・藤沢周平との暮らし』『藤沢周平・父の周辺』)があればじゅうぶんです。これ以外に関連本はたくさん出ましたが、私が心ひかれるものはありませんでした。
吉村昭の業績をたたえる評伝がないことを嘆いていたら、2014年に笹沢信『評伝吉村昭』(白水社)がでた。やれうれしや。藤沢関連本があれほどでるのに吉村昭には一冊もない(川西正明『吉村昭』という呆け天にはまるで評価できない本が一冊あるのみ)。悲しい想いをしていたところにでた一冊なので、深く感謝したものでした。
遅まきながら本書を手にして、なるほど、おなじポリシーで藤沢を書いたのか、と納得しました。『評伝吉村昭』も、それこそ禁欲的なまでに「活字になっているもの、読者が追体験できるもの」だけで書かれた本です。それにしても、藤沢と吉村という、わたしが敬愛してやまない作家の評伝を、おなじ人が書いてくれた。ありがたいかぎりです。

笹沢信の、公平・公正にして作品愛にあふれた藤沢周平評伝に、乾杯。
藤沢周平伝 -
笹沢信『藤沢周平伝』白水社、2013年、3000円+税。
関連:2014年07月25日、笹沢信『評伝吉村昭』http://boketen.seesaa.net/article/402541635.html
2017年01月27日、『オール読物』2月号藤沢周平特集http://boketen.seesaa.net/article/446354280.html
2017年01月13日、「没後20周年記念 藤沢周平展」http://boketen.seesaa.net/article/445877050.html
2013年06月15日、藤沢周平「三屋清左衛門残日録」http://boketen.seesaa.net/article/366446916.htm
posted by 三鷹天狗 at 09:12| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

菅野完『日本会議をめぐる四つの対話』

日本会議の「分かりにくさ」に迫るための対談

菅野完『日本会議の研究』は、衝撃の書だった。
長崎大学の右翼学生運動活動家(安東巌、椛島有三…)を核とする、新興宗教・成長の家の学生組織が、数十年の時を経て「日本会議」といういまの日本の政治を動かす集団へと変貌してきた。想像もつかないような、しかし説得力のあるルポルタージュでした。

本書は菅野が、「彼らを戦後史のどこに位置付けるべきか」「なぜ彼らの愚にもつかない主張が世間に受け入れられるのか」「なぜ彼ら以外の民族派や右翼がこんな珍奇な集団をみすごしてきたのか」「なぜリベラル論壇が彼らに敗退を余儀なくされているのか」というじぶんの疑問を解きあかすために、4人の論者と対話する本です。「左派」の白井聡、魚住昭、「右派」の村上正邦、横山幸平の4人です。
「リベラルの自壊だ」「不景気が排外主義の風潮をうんでいる」「反知性主義とポピュリズムは先進国共通」といった分かりやすい解説をいったん留保して、しつこく「どうしてこんなことがおきたか」に迫っています。

白井聡(『永続敗戦論』)との対話では三つのことが印象に残ります。
一つは「黒子のバスケ」事件の被告の法廷陳述を例にひいて「じぶんはネグレクトされている(承認されていない)」と感じている層が増大していること。その感覚は、経済的な貧困層だけに限らず広がっている。
二つは、日本会議の特徴は「アンチ・言挙げする人間」であり、「理屈を言う奴が嫌い、筋道立ったことを言う奴が嫌い」という「日本のおっさん会議」だという指摘。それが世代をこえて広がっている。
5月24日の朝日新聞社会面で、コラムニストの小田嶋隆が「権力に反発する人間に反発する人」が急増していると語っている。この情動は、かなり怖い。日本が第2次世界大戦に突っ込んでいったときの「庶民感覚」って、たぶんそういう感じなのでは。
三つが、安倍政権が本当に「有事をおこして」一気に改憲や国家緊急事態にもっていく危険が迫っている(白井)という指摘。恐ろしいことですが、かなりリアリティあります。

村上正邦(元自民党参議院会長)との対談では、村上が安東巌を「あの影響力は本当に怖かった」と怖れていること。村上が魚住昭のインタビューにこたえて『証言 村上正邦』をだしたことへの嫌がらせとして、日本会議の面々は「子どもの障害は親のせいだ」(村上の娘に障害がある)などといいはじめたという。カルト的な狂気や暴力装置を内包している集団だということが伝わってきます。

横山孝平(民族派・國の子評論社社主)との対談では、横山の「年金左翼、年金右翼は運動に戻って来るな」ということばが可笑しい。こちらが政治を見限っても、政治はこちらにふりかかってくるのだからしょうがない。

魚住昭(ジャーナリスト)は「陰謀論」に陥らずに歴史をみることを強調します。松本清張が戦後の事件をなんでもキャノン機関の暗躍で説明してしまう、孫崎享がなんでもアメリカの仕掛けで説明してしまう。司馬遼太郎の、明治までは良かったがそのあと悪くなったというのも単純すぎ。もっと長い歴史の、複合的な要因から右派の台頭を見るべきだ。
日本会議の力を過大に見積もりすぎず、たとえば外務省勢力の動向をウオッチせよ。日本の戦後は「修正資本主義」がみごとに成功した例だった。日本の左派・市民派はそれに安住していたので、新自由主義的な攻撃に対抗する論理をきたえてこなかった…。多くの点でうなずける指摘です。
魚住はいま危険な右への流れに抗し得ているのは沖縄だけであり、「今の流れをみていると、やっぱり沖縄の人たちが勝つかなという風に思っています。」「現地に行けば分かるんですが、本当に綺麗な海なんですよ。ここに砂利をつっこんで海を殺してしまうというのは、いくら国家権力をもってしてもできないんじゃないかと思う。」と語っています。
ぜひ、そうあってほしいと願います。

「戦前回帰のゾンビ集団」では、日本会議をとらえ損なうという指摘。

わたしは日本会議のことを「戦前回帰をめざすゾンビ集団」と思っています。生長の家を率いた教祖・谷口雅春が「現憲法破棄・大日本帝国憲法復活」を政治活動の根幹に据えていたのですから、そうしかいいようがない。石原慎太郎なんかも「簡単なことで、現憲法の破棄だけ決めれば、自動的に大日本帝国憲法がたちあがる」なんてことを放言してました。
菅野は、そうではなく「左翼運動へのカウンター」「左翼嫌い、左翼いじめ」集団としての日本会議というとらえ方が大事といっているようです。戦後の日本は左翼が支配してきた、その左翼から「日本をとりもどす」というのが日本会議だというわけです。
たとえば内田樹も、安倍や橋下を突き動かしているのは戦後民主主義的なものへの破壊衝動だと指摘しています。
「共謀罪=現代の治安維持法」が衆議院を通過し、彼らに残されているのは「本丸攻略=憲法改悪」だけというところまできています。どこにかれらのつまずきの石があるのか。

菅野完の「日本会議ウオッチング」は、これからも貴重です。
日本会議をめぐる四つの対話 -
菅野完『日本会議をめぐる四つの対話』K&Kプレス、2016年、1500円+税。
関連:2016年07月08日、菅野完『日本会議の研究』http://boketen.seesaa.net/article/439820184.html
2017年03月15日、すごいなあ菅野完。森友学園疑惑の…http://boketen.seesaa.net/article/447906994.html
posted by 三鷹天狗 at 09:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

岡崎慎司『鈍足バンザイ!僕は足が遅かったからこそ今がある。』

鈍足でも、ネガティブでも、トップアスリートになれる。

岡崎慎司といえば、日本代表のベテランFW。キャップ数(日本代表試合数)108、50得点(2017年5月現在)という、歴代3位の記録をもつ、れっきとしたエースです。記録はさらに伸びるでしょうから、55得点のカズこと三浦和良を抜いて、歴代2位になる可能性もある。
その岡崎が自分のことを、足が遅い、ドリブルがヘタ、視野が狭い、モテない、人気がない、いじられキャラ、ネガティブ思考…、トップアスリートとは思えない人間であると、率直に語っている本です。

高校を卒業して清水エスパルスに入団した岡崎は、フィジカルコーチ杉本の指導で、大学陸上部の女子選手と坂道を並走し、何本走っても一度も勝てなかった。それ以降、今でも杉本から走りかたを指導してもらっており、着実に成長しているのだが、ドイツに移籍してチーム内の短距離走の順番を測ったら2番目に遅いタイムだった。
つまり現役バリバリの鈍足FWというわけです。
ここから先が、通常のスポーツ成功ものがたりと少し違う。ふつうここからは、短所を嘆くのではなく、長所をのばせというオハナシにいくわけです。足が遅くとも、相手守備陣とのかけひき、裏に抜け出すスピードといった、自分の長所を伸ばせばいいんだ、少年たちよ!
ところが岡崎は、いま現在にいたるまで、自分の「鈍足」という短所の克服にとりくみ続けている。杉本の指導をうけ、ムダのない走り、トップスピードへの瞬時の移行といった、自分のいちばんの課題に挑戦し続けている。その執拗さがすごい。決して手をぬかず、科学的・合理的なトレーニングで一秒でも早く走れるようになるための努力をおしまない。
「足が遅くて良かったなあと僕はいつも思っている。足が遅いという強烈なコンプレックスがあったからこそ、今の僕があると確信しているからだ。足の速さではチームメイトに負けるから、たくさんのゴールを決めるにはどうすれば良いのかを常に考えてきた。足が遅いから、(杉本)龍男さんの提供してくれるトレーニングに全力で取り組むことで少しづつ早くなる喜びを実感できた。」
じぶんの短所にとことんむきあうという、いまどきあまり流行らない、しかし強烈な説得力をもつ考え方と実践です。

ネガティブ思考。
「怖い。試合が始まるのが怖い。プレッシャーを楽しむなんてもってのほかだ。」
「結局、僕はものすごく臆病なのだ。だから、最悪の事態を想像して気持ちをなえさせておく。つまり自分へのハードルを下げておく。そこまでして、なんとか試合に臨む。自分が臆病だとわかっているからこそ、謙虚に戦える。」
まるで「臆病剣松風」の瓜生新兵衛です(藤沢周平『隠し剣孤影抄』)。
ポジティブであることこそ一流アスリートの条件とされています。勝利のイメージ、成功のイメージを抱いて試合にのぞみ、実際にそれをひきおこす…そういう話ばかりが語られる。
しかし岡崎は「サッカーなんだから負けることもある」としか考えられない。この試合を負けたら、その次の試合どうするかということを考えてしまう。だから、勝ってもあまり舞い上がらないし、負けてもあまりおちこまない。ひとにすすめられても、流行りの「メンタルトレーニング」は、やらない。
鈍足でネガティブですが、それでなにか問題でも?という、逆張りの発想が冴えています、

一流アスリートの本は、際立ってこそ、おもしろい。

一流のアスリートの書いた本としては、落合博満の名著『采配』にならぶくらい面白いと感じました。
三冠王3回、監督をやればリーグ優勝あたりまえという、超がつく一流の落合は、「オレ流」を貫いて結果をだしてしまう。コーチのいいなりになるな、彼らの言うとおりにやって成績がおちても、だれもお前の生活の面倒などみないぞという、ミもフタもない「真実」が語られます。天馬空を行くような落合の言動は、凡人にとっては手が届かない、想像の及ばない境地をのぞく面白さに満ちています。
岡崎は、なんとか清水エスパルスに入れてはもらったが、「なんでそんなこともできないんだ」「下手くそ」という先輩の怒声におびえながら練習し、いじられキャラ・へらへらキャラで居場所を確保してきた。今でも、監督、コーチ、先輩たちが語ってくれたこんな大切なことばがあると、たからもののように語ります。
2012年に国際試合から帰って成田空港に着いたとき、香川真司のとなりにいた岡崎は、香川ファンの女性に「おとなりは…お友だちの方ですか」といわれてしまったエピソードを書いている。フツー人とみられてしまったのだ。いやはや。落合とは逆の意味で際立っています。

われらが鈍足フォワード、フツー人岡崎慎司に、乾杯。
鈍足バンザイ!  僕は足が遅かったからこそ、今がある。 -
岡崎慎司『鈍足バンザイ!僕は足が遅かったからこそ今がある。』幻冬舎、2014年、1300円+税。
関連:2015年07月03日、なでしこジャパン決勝進出。強い!http://boketen.seesaa.net/article/421700709.html
posted by 三鷹天狗 at 11:47| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする