2017年05月18日

春風亭一之輔・古今亭文菊二人会 5/14三鷹芸術文化センター

一之輔初体験。なるほど、一世代若い人たちの落語です。

世評のたかい春風亭一之輔、初体験です。
客席は、われわれの年代もたくさんいるが、30〜40代の、しかも女性客がかなり多い感じです。
開口一番(春風亭きいち)に続いて登場。
なんと「ああ、くたびれたなあ」という雰囲気の出です。マクラのでだしも「忙しすぎて疲れてます」感から入ってくる。なにしろ年間900席演じるという、超のつく売れっ子落語家、客席のほうもなじみの客が多い雰囲気。むかし小朝が「信者のみなさんようこそ」と入って笑わせたが、なにかそれに似た雰囲気が客席との間でかもしだされています。ふーむ。

マクラは「今日が誕生日なんです(笑いと拍手)」「いえ、私じゃなくて森元さんの(笑い)」「初めておみえになったかたには何のことやらでしょうが」とはじまる。
「森元さん」というのは三鷹芸術文化センターの名物企画者森元隆樹さんのこと。三鷹の落語会が、かくも充実して楽しいのはこの人の功労による。他の演者もよく彼の「開演前ご注意」をマクラにふります。この「二人会」も5年前にふたりが真打になったとほぼ同時に始まっており、売れ筋をはずさない森元さんの慧眼が光ります。
こどもが通っている小学校から落語会を頼まれた。まだ大学をでて2〜3年の若い女性教師から「一之輔さんは新進気鋭の落語家さんで」ってお前からいわれたくねえよッ、というあたりでもう会場はどっと沸きます。笑いをひきおこすスピードが早い。子どもたちは素直に笑ってくれているが自分の子どもだけは笑っていない。「受けてるかなあ、恥かかない程度に」という目で左右の雰囲気をみている…このマクラなら初天神か真田小僧、生意気なこどもが出てくるネタかな、とおもっていたら違いました。
美人のカミさんをもらうと早死にするという『短命』です。
『短命』は出入りの職人八五郎のボケで笑いをとる噺ですが、一之輔の場合、隠居のツッコミで笑いをとる。ものわかりが悪すぎる八五郎に「帰れッ!」とキレる隠居に笑いがくる。なるほど、笑いのリズムやポイントが他の落語家と違う。
とちゅう、わたしには聞きとれない固有名詞に客席のなかの若い層が笑う場面があり、なるほど、たぶん「団塊ジュニア」(30代後半40代前半)世代にうける言葉・情報・センスが、この人の落語の核になってるんでしょうね。マクラでトランプのことを「地球規模のジャイアン」といったらどっと受けたのも、ドラえもんが身体にしみついている世代向けです。
まさに「世代交代の旗手」、一世代若い人たちの落語家なんだなと了解しました。

相方の古今亭文菊は、2015年8月1日の悠遠忌で「吉村昭と学習院大学」という企画があり、学習院出身の落語家として登壇しました。そのときは『井戸の茶碗』をキレイに演じて、好印象でした。
独特の、踊るような、オネエ歩きが入っているような登壇で、クスクス笑いが起きています。「剛」の一之輔に「柔」の文菊という、対照の妙をねらった二人会というのが、出の姿からもうかがえます。
演じたのは『心眼』。極端に笑いの少ない人情話でした。
仲入りのあと再登壇した文菊が「さっきは変な噺をおきかせしてごめんなさい。日曜日の昼からやるような噺じゃなかったですね。客席の後ろ半分が寝ているんで焦りました。」とはじめて客席は大笑い。
『湯屋番』の、能天気な若旦那という、姿形からして文菊にいちばんぴったりの噺で大いにわかせました。
トリは一之輔の『五人廻し』。ふられて荒れる客たちを演じ分け、最後は相撲取りをだして「まわしの勝負なら、花魁にはかなわない」とさげる。もてない男の噺が好きなんだなあ。そういえば『一之輔、高座に粗忽の釘をうつ』(白夜書房、2012年)で、「部室落語」ということば使ってます。モテない野郎ばっかりが集まってぐしゃぐしゃとじゃれあってるような落語という意味で、男子校のむさい部活と落語をくっつけたようなことば。考えてみれば江戸は男ばっかし多くて、女日照りのようなところだったといいますから、あんがい、ことの本質をついてるのかもしれません。

軟弱文系サークルっぽい文菊。汗くさい体育会系部活っぽい一之輔。たしかに対照的、たいへん結構な二人会でした。

    演目
一目あがり きいち
短命    一之輔
心眼     文菊
   仲入り
湯屋番    文菊
五人廻し  一之輔

「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK、4月10日)でも取材対象に

チケットは2月に入手してあります。座席が250なので、油断するとすぐ売り切れる。
そしたら、4月10日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に一之輔が登場したので驚きました。落語家でこの番組にとりあげられるのは二人目だそうです。一人目はかの人間国宝・柳家小三治です(2008年10月14日。リアルタイムで見ました)。その次が一之輔か。ふーむ。
放送のなかの一之輔は、こどもとじゃれあう、ゴミ捨てする、よく倒れないなと感心するほどのハードスケジュールの中で新作を創る、原稿を書く。カメラに向かって愛想よくふるまう場面はいっさいなし。こわもて、無愛想。最後に「これ、ギャラ出るんですか」というセリフをかまして終わる。
前に「酒とつまみと男と女」(2014〜15年。BSジャパン火曜21:00〜)という番組があり、「不良隠居」こと坂崎重盛の相手役「聞き上手」の落語家で一之輔がでていた。この時の一之輔は、老人・坂崎にどんな話でもあわせる柔らかい表情を見せていた。
「プロフェッショナル 仕事の流儀」での一之輔は、それとはぜんぜん違っていました。
実に興味深い。どんな噺家になっていくんだろう。

世代交代の旗手。マクロンの同級生(マクラのセリフから)一之輔に、乾杯。
一の輔2.jpg 一の輔.jpg
春風亭一之輔・古今亭文菊二人会 5月14日(日)14:00〜 三鷹芸術文化センター星のホール
関連:2015年08月02日、第七回悠遠忌 吉村昭と学習院大学http://boketen.seesaa.net/article/423439066.html
2014年06月04日、坂崎重盛『東京煮込み横丁評判記』http://boketen.seesaa.net/article/398659398.html
posted by 三鷹天狗 at 07:59| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

春のらくご長屋「鯉昇爆笑飄々独演会」(なかの芸能小劇場)

「質屋蔵」の番頭と熊さん、本気で化け物を怖がる

落語通の友人に誘われて、なかの芸能小劇場に瀧川鯉笑独演会を聴きにいきました。招待券が手に入ったというので入場無料、かたじけない。
初めて入った「なかの芸能小劇場」、客席110、小ぶりの落語会にピッタリの大きさです。

前座(瀧川鯉佐久)につづいて、鯉昇の一席目は「佃祭」。
顔をあげてじっと客席を見わたす時間がいつもより短く、笑いがおきるまえに話しがはじまりました。
体調イマイチ、落語に詳しい人キライ、出身地浜松ネタなど、いつものマクラで笑わせます。
祭り好きの小間物屋・次郎兵衛が、3年前に助けた娘に命を救われるという、おなじみの一席。
万事心得顔で勝手に葬儀の支度をしてしまう地元世話役の、セリフや表情が、なんとも可笑しい。

中入りをはさんで「質屋蔵」。
この噺を聞くのは初めてなので、とても新鮮。笑いどころも多く、楽しい一席となりました。
質屋の主人が、町内の銭湯で自分の店の三番蔵に化け物が出るという噂を耳にする。帰って番頭に見届けるように言いつけると、番頭は秒速で「お暇をいただきます」。
この即答がおかしくて、どっと笑いがおきました。
江戸時代のひとたちの、幽霊、妖怪、化け物に対する恐怖は、現代人の感覚では決して推し量ることができない。妖怪の実在を疑っていない。あるに決まっている恐ろしいもの、理不尽なもの。ま、いまだって小説家たちはそのネタでごはんを食べています。国際的作家・村上春樹の長編はいつも「理不尽なものが襲ってくる」オハナシです。
このあとに、劇中劇のように挿入される質屋の主人の「質草に対する持ち主の執着が妖怪化する」説がまた、変に長くて可笑しい。
腕っぷしの強いのが自慢の熊五郎が呼び出され、早とちりで、バレてもいない悪行を白状するのは落語の常套手法。
その熊が、実は大のこわがりで、番頭とふたり、ふるえあがりながら蔵を見張っていると…。

本気で化け物を怖がる番頭と熊さんが、むさくるかわいいとでもいうか、笑えます。

真っ昼間から居酒屋で落語談義、お天道様には申し訳ないが、愉快です

12時半開演、3時前には終わっているというやや変則な独演会でしたが、何時に終わろうとも関係なし。開いている居酒屋に入って落語談義です。
鯉昇の最初の師匠で奇人として知られた春風亭小柳枝のこと、友人が二つ目時代の鯉昇の「大山詣り」を聴いたあと実際に伊勢原市(神奈川県)の大山に行ってみる企画に参加したはなし、あれこれの落語家を評論するいいたか放題、はなしが尽きません。
いやはや、お天道さまに申し訳がたたない、愉快なひとときです。

瀧川鯉昇「質屋蔵」の、番頭と熊さんに、乾杯。
鯉昇.jpg I鯉昇41735.jpg なかの芸術小劇場.jpg
5月1日、12:30〜、春のらくご長屋「鯉昇爆笑飄々独演会」、なかの芸能小劇場
関連:2015年03月18日、瀧川鯉昇独演会http://boketen.seesaa.net/article/415811534.html
posted by 三鷹天狗 at 06:55| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

初めて聴く蜃気楼龍玉

酒を飲み干す場面が印象に残る

落語通の友人に誘われて、「ルネこだいら」で開かれた「蜃気楼龍玉独演会」に行きました。
名前を聞くのも初めて。友人によれば、師匠の五街道雲助は自分の弟子が真打になるときに珍しい名前をつけるのが趣味で、桃月庵白酒、隅田川馬石、蜃気楼龍玉という具合だという。
「東西落語家系図」というサイトを見ると、雲助は金原亭馬生(志ん朝の兄)の弟子とある。大枠では古今亭一門ということのようです。

開口一番(橘屋かな文)に続いて、龍玉の『親子酒』。
親子で禁酒を誓い合ったが守れないという、酒飲みの性(さが)を笑う噺です。誓いを破って飲む親父が、一杯目を飲み干した時の、タメをつくり、声にならない声で「クァッ」と感嘆する場面で、会場がどっとうけました。確かにみごと。よほど得意の演目、得意の場面なのでしょう。
仲入りのあと林家楽一の紙切り。
人前で即興で見せる紙切り芸は、日本独自のものらしい。客席からのリクエストにこたえて、藤娘、花見、真央ちゃん(浅田真央)などなんでもござれでサクサクと切り、プロジェクターで拡大して見せる。このとき、客に見えやすいように、体をねじるというか伏せるというか、影ができないようにする仕草がおかしい。切りながら「師匠の正楽は耳が遠くなりまして、この間はウェディングドレスという注文に『梅にウグイス』を切っておりました」というような語りで笑いをとる。とてもよい膝代わりでした。
龍玉の二席目は『妾馬(八五郎出世)』。
八五郎のべらんめえ口調、歯切れがよくて心地いい。殿様の前で、大盃に注がれた酒を一気に飲み干した時の、タメにタメて「クァッ」というのが、『親子酒』と同じ演出です。なるほどこの噺家は酒を飲み干す場面がみせどころなのか。

初めて聴いた蜃気楼龍玉、声がよくて歯切れがよくて、たいへん結構でした。
唯一の難点が姿勢。高座に出てくるときの歩き姿、首が前に突き出て年寄りくさい。まくらで「われわれ若手が飲むのはさくら水産…」というのですから、首をすっきりとたてて、若手らしい姿の良さをみせてほしい。

初めて聴く蜃気楼龍玉、声の良さ歯切れの良さに、乾杯。
蜃気楼龍玉.jpg 龍玉IMG_20170412_161523_.jpg
関連:東西落語家系図http://www.cd-v.net/rakugo/keizu/
posted by 三鷹天狗 at 09:11| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする