2017年05月22日

柴又帝釈天界隈をぶらぶら散歩

「見送るさくら」の像、寅さん記念館、山本亭、川千屋のうなぎ…

6年ぶりくらいに、柴又帝釈天(たいしゃくてん)界隈をぶらぶらしました。同行してくれた囲碁・飲み仲間は「いつ来たか忘れたくらい久しぶり」の由。ま、けっきょく川千屋かどこかで、ウナギや鯉などの川魚を食べて酒を飲むという、エンディングがはっきりしてる散歩です。
今年3月25日に除幕式がおこなわれたばかりの、「見送るさくら」の像、いいですねえ。
けんかしたかフラれるかして、プイと「とらや」をとびだした寅さんが、柴又駅の前で家の方向をふりかえる、というのが寅さん像。さくらの像は、その寅さんを見送る姿になっています。「お兄ちゃん!」というさくらのセリフが聞こえてきそうな臨場感、うーむ、少し泣かせすぎでは。
それにしても、若い頃の倍賞千恵子の、切ないようなひたむきさがにじみでた良い像です。エプロンしてるブロンズ像なんて、ほかにはないでしょう。台座には山田洋次の「ある別れ」と題した、「男はつらいよ」の一場面のような文章が刻まれています。
柴又寅さん.jpg 柴又さくら.jpg 柴又ある別れefcc1cfba.jpg
帝釈天、自慢の彫刻と庭をゆっくりと見学。いつきても、いいお寺です。
柴又115446_.jpg 柴又120250_.jpg 柴又121249_.jpg
寅さん記念館。展示がすごくよくて、まえに来たときは見てないようなのもいろいろあります。なんでもすぐ忘れるからかなあと思って、案内役のかたに「何度かきてるのに、展示内容すっかり忘れてました」と声をかけたら、「3年に1回、リニューアルしてるんです」とのこと。なるほど、努力してるんだ。
山田洋次ミュージアム。日本のお宝です。そういえば、「家族はつらいよ2」がもうじき公開だ。
寅さん記念館.jpg 柴又23351_.jpg 山田ミュージアム.jpg
山本亭。実は、今回のいちばん大きな動機が山本亭の庭園をみることにありました。
雑誌かなにかで、アメリカの日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』があげる日本の庭園ランキング上位に、葛飾区の「山本亭」が必ず入るのだという。寅さん記念館と共通チケットでみられるとまで書いてある。なにそそれ。帝釈天に初めてお参りしたのがだいたい40年前。寅さん記念館だって、矢切の渡しだってなんども来ている。なのに「山本亭」はまるで視野に入ってこなかった。風流を解さないというのはしょうがないもんですね。ほんと、寅さん記念館と隣接してる。なんでこれに気付かなかったんだろ。
庭園はこじんまりとした美しいもので、なるほどアメリカの庭園雑誌にはこれがうけるのか。ただ、これが日本の庭園ベスト3に入るとかいわれると「へーッ」となります。これくらいの庭は、お寺とか、昔の地方の名家の庭とか、いろいろなところで見たような気がするからです。もちろん「庭園美」の鑑賞の仕方などまるで知らない朴念仁の感想です。葛飾区のお宝、すばらしい。
柴又山本_130615_.jpg 柴又山本_130724_.jpg

寅さん映画の話しをしながら、昼間っから日本酒。たまりません。

時間が2時近くなったおかげで、川千屋は数分待っただけで席につけました。鯉のあらい、鯉こく、日本酒、〆にうな重。久しぶりの川魚料理、いいね。
好きな寅さん映画や山田洋次作品の話しをしながら、昼間っからだらだらと飲む酒、たまりません。ふと気がつけば店にはわたしたち二人しかいない。あんなに満員だったのに。
「あれ、まずかった?営業時間外になってしまってた?」と聞くと、ぜんぜんそんなことありません、どうぞごゆっくりとのこと。客のほとんどは昼の食事をとるために入るわけで、居酒屋気分で酒を飲む客がマレなんでしょうね。
夕方の客のかげがちらりと見えたあたりでおひらきにしました。

いいなあ寅さんの故郷柴又。川魚で、心ゆくまで酒を酌み交わす。「男はつらいよ」全48作に、乾杯。
柴又31748_.jpg 柴又川千屋153121_.jpg
5月17日(水)三鷹→お茶の水→千代田線・金町→京成・金町→柴又。
posted by 三鷹天狗 at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

町田市民文学館「本の雑誌厄よけ展 オモシロ本を求めて42年」

充実の展示、すてきな解説。たっぷりと楽しみました。

町田市民文学館ことばらんどで「本の雑誌厄よけ展 オモシロ本を求めて42年」をみてきました。
「厄よけ展」という風変わりなネーミングは、本の雑誌が1976年に創刊されてから42年になることと、男の厄年42歳をかけたことば遊びです。
なんでまた町田でこういう催しが?という疑問は、展示を見たらあっさり解けました。沢野ひとしが1970年から、目黒考二が1982年から町田在住だというのです。地元に住む二人が深くかかわった「本の雑誌」の企画展というわけです。
本の雑誌展.jpg 本3131856_.jpg 本15.jpg
チラシには、山猫の椎名誠、シカの目黒考二、ワニ目の沢野ひとし、カメレオンの木村晋介という、雑誌創刊者4人が酒盛りしながら編集会議の図。遊び心満点です。すべてはこの4人からはじまった。
展示は、実にすばらしいものでした。2階の展示室への階段に、沢野ひとしのイラストや「本をよみなさい」という喝。入り口には「つまらない本に付き合うほど、ぼくらは暇ではないのだ」という、創刊第2号の目黒考二のたからかな宣言。
 本10.jpg 本6.jpg 本16.jpg
中に入れば第1号(1976年5月)から最新号まで、407冊の表紙が年代順にずらりと並ぶ。壮観です。すべて沢野ひとしのイラストってのがすごい。このヒトたちのしつこさ、身内意識の強さ。たいしたものです。
「本の雑誌」誕生以前の、目黒考二の私的な通信、椎名誠が勝手につくってた新聞、江戸川区・克美荘での共同生活の記録ノートなども、「本の雑誌」ファンには興味深々です。このコーナーには「本の雑誌」と同じ年に創刊された137の雑誌のうち、「POPEYE(ポパイ)」など37誌が展示されている。現在も刊行され続けているのはわずか8誌だそうです。まさに、往時茫々。
人気連載「吉野朔実劇場」の原画イラストが展示されていて、ある種の静謐さを演出しています。なんだか騒々しいつくりの雑誌の中で、吉野朔美のページは一服の清涼剤でした。約25年連載され、惜しくも2016年4月に亡くなられたため、終了した。合掌。
本の雑誌2.jpg撮影禁止なのでチラシから拝借
沢野ひとしのアニメ「スイカを買った」(11分、1996年)が上映されている。いい味出してます。
「本の雑誌」に、配送部隊などなんらかの形でかかわった人たち181名からのコメントも楽しい。
群ようこ(初代事務員)が「本の雑誌がまだ世の中にあることがうれしいです。創刊当初でさえ、目黒さんは『廃刊になったときの、イラストと文言は考えている』とおっしゃっていた。そうならなくて良かった」と寄せています。
居酒屋本で有名な太田和彦は、1988年から104冊分のデザインを担当したのが誇りと書いている。そうだったのか。
嵐山光三郎、高野秀行、大竹聡、宮田珠己、蔵前仁一、逢坂剛…わたしが好きな作家・エッセイストたちが、たくさんコメントを寄せていて、見飽きない。
そして、2004年から始まった「本屋大賞」の推進役としての役割り、菊池寛賞受賞(2015年)。
すばらしい。「本の雑誌」があって、ほんとに良かった。
本8.jpg 本7.jpg
5月13日に椎名・目黒対談、20日に北上次郎講演があるというので、そのどちらかを覗こうなどと思っていたら、両方とも申込日に即満席となったそうです。そりゃそうか。ならばと、企画担当者によるガイドがあるという5月9日(火)午後に行きました。
担当学芸員・神林由貴子さんのガイドが、実に良かった。目黒・沢野からのじゅうぶんな取材がうかがえるエピソードいろいろ、「本の雑誌」は単なる雑誌ではなくひとつのムーブメントだった、という定義。最盛時(1990年代)10万部に達したが、2009年1月号で椎名が「経営危機」を訴えるまで追いつめられた時期があったこと。その後もち直し、現在2万8000部という。老舗文芸誌「新潮」が1万部といいますから、それに比べればいかがでしょうか…。
さすが「町田市民文学館」の学芸員です。日本文学の大きな流れのなかで「本の雑誌」が占めたユニークな位置、役割が伝わってきます。実にいいガイドで、この日に来た甲斐がありました。

やるなあ町田市。こういう文学館もありか。

それにしても、図書館とは別に「文学館」を創るというのは、他に例があるのかしら。やるなあ、町田市。
鶴岡市が藤沢周平記念館をつくるとか、荒川区が吉村昭記念文学館を作るとか、作家個人の名を冠した文学館を、作家本人は強く辞退していても、地元自治体が作らずにはいられないという例があります。その気持ちは分かります。
町田市の場合、そういうことではなく、市民が文学に親しむ場としての文学館ということで、さまざまなイベントなどもしているようです。美術館やコンサートホールがあるように、文学館があってもいいじゃないかという見識、みあげたものです。

町田市民文学館「本の雑誌厄よけ展」の、すばらしく充実した展示に、乾杯。
本4.jpg 本9.jpg
町田市民文学館ことばらんど「本の雑誌厄よけ展 オモシロ本を求めて42年」2017年4月22日〜6月25日。入場無料。https://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul08Literature/
関連:2015年07月29日、椎名誠『新宿熱風どかどか団』http://boketen.seesaa.net/article/421314208.html
2015年10月11日、目黒考二『昭和残影 父のこと』http://boketen.seesaa.net/article/427442345.html
posted by 三鷹天狗 at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

おいおいおい施行日勝手に決めるなよ(5・5朝日川柳)

「でんでん宰相」に川柳子かみつく

安倍首相は憲法記念日の5月3日、日本会議が主導する「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の集会にビデオメッセージをよせ、現行の日本国憲法第9条に3項を加え、自衛隊を明記する「改憲」を2020年に施行したいと語った。
憲法遵守義務を負う公務員の、トップの役職についている者が、憲法を書き換える期限を切る。なんですかね、これ。おごり昂った「でんでん宰相」の暴走に対し、さっそく川柳子がかみついています。

おいおいおい施行日勝手に決めるなよ 兵庫県 妻鹿信彦(5・5朝日川柳)

5月1日には海上自衛隊が、初めて「米艦防護」の任務についた。「戦争ができる国」づくりに向かって、安倍政権の暴走は止まることをしりません。
この日の朝日川柳には、ほかにも秀逸なものがあります。

あれやこれオリンピックにかこつけて 愛媛県 藤田昭作
反対はしたかと後に問われそう    東京都 三神玲子
いつの世も強い言葉に民は酔い    静岡県 小出成行
安倍.jpg 海自.jpg

ほとんど狂犬としかいいようのないトランプが北朝鮮を軍事攻撃で威嚇し、ハリネズミのようになった金正恩が核戦争を呼号する。韓国の、朴政権退陣をめぐる政治の混乱。ほんのちょっとした偶発事態で、一気に戦争状態に突入してもおかしくありません。
そうなれば、日本世論が好戦的な方向に沸騰する可能性を感じます。
今は亡き吉村昭が繰り返し書いていたのは、戦争は日本の庶民が望んで行なったものだということでした。戦争を煽る軍部を熱狂的に支持して、ほかならぬ庶民が、滅私奉公・一億玉砕につきすすんでいった。その事実から目をそらすなと、あらゆる著作を通じて語っています。
いま、その危機が目前まできていると感じます。

落ちついて、憲法について論じていくしかない

左翼が護憲、右翼が改憲という、70年固定の図式でやってきた時代が、否応なしに終わろうとしています。
たとえば、矢部宏治『日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか』は、日本人自身の手で起草した新憲法をつくり、自衛隊を憲法に位置付けたうえで、「国内に外国軍基地をおかない」と明記すればアメリカは全米軍基地(沖縄も本土も)を放棄するしかない、とあざやかに指摘しました。
「日本人自身の手で起草した新憲法」が、戦前回帰のゾンビのような連中のスローガンになってるって、まるで間違っています。
五日市憲法以来の、民衆自身の手による創憲の歴史を、現憲法の基本原理(個人の尊重、国民主権、基本的人権、平和主義)を継承しつつ、よみがえらせる。
「少なくとも安倍政権での改憲阻止」はみんなが同意できる一致点として当然のことですが、そこに止まらず、左派陣営自身が「対米従属を国民に強制する支配」から脱却する、自前の憲法に向けて議論をはじめていくしかありません。
キナ臭い時代の幕があがろうとしているときだからこそ、落ちついて、まっとうな議論を。

川柳子たちの健闘に、乾杯。

関連:2016年07月12日、改憲派が衆参両院で3分の2を超えた日にhttp://boketen.seesaa.net/article/439952958.html
2016年07月08日、菅野完『日本会議の研究』http://boketen.seesaa.net/article/439820184.html
2016年03月23日、色川大吉編著『五日市憲法草案とその…』http://boketen.seesaa.net/article/435495692.html
2015年03月10日、内田樹×白井聡『日本戦後史論』http://boketen.seesaa.net/article/415356981.html
2015年03月06日、矢部宏治『日本はなぜ「基地」と…』http://boketen.seesaa.net/article/415124807.html

追記(5月8日):安倍のふるまいについて、内田樹が面白い解説をしています。
「内田樹の研究室」2017.05.06http://blog.tatsuru.com/
安倍たちのやっていることは「会社でペコペコしているサラリーマンが家に帰って妻子を殴りつけるようなもの」という解説が、笑えるというか笑えないというか。アメリカの顔色をうかがいながら、国民には高圧的な支配、理不尽な負担を押しつける。これほど醜い政治がいつまで続くのか。現在の自民党を「国民政党ではなく、富裕層のための新国家主義政党」と定義しているのも的確です。
posted by 三鷹天狗 at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする