2017年08月18日

2017野川灯籠流し 幻想的な美しさ

60年ぶりの灯籠流し体験

早朝散歩の深大寺に「第16回  野川灯籠流し 2017/8/17」のポスターが貼ってある。
そういえば60年ほど前の秋田の田舎、村を流れる川で、村人だけのささやかな灯籠流しが行われていたなあ。
もはやテレビで見るだけになってしまった灯籠流しを野川でやっているのか、と見にいきました。
野川14.jpg 野川2.jpg
ご近所のささやかな恒例行事という感じのものではなく、調布市仏教会、カトリックサレジオ調布教会、調布市神職会(神社)、立正佼成会調布教会が、宗教の垣根を越えておこなう「物故者追悼、環境保全、世界平和」の宗教行事でした。
宗教・宗派を超えたこういう動きは、どこでもあるのか調布だけのことなのかは知りませんが、私は好感をもちました。
多くの灯籠がゆっくりと流れくだる光景は、幻想的・詩的で、望郷の想いもわきます。
それにしても、これだけの数の灯籠が、流れ下って多摩川に合流し、海まで行くのか。それはそれでえらいことだな、などと思っていたら、なんと灯籠はその場ですべてせき止められ、回収されるのでした。灯籠流しではなく、「灯籠流さず」です。それはそうか。1000基もの灯籠が多摩川や海に流れていって放置されたら、それこそ「環境保全」という趣旨にも反してしまう。

帰ってから検索すると、もうひとつ驚いたことがあります。
灯籠流しは仏教行事ではなく、広島で原爆の犠牲者を弔うためにはじまったものが全国に広がったのだそうです。長崎の精霊流しのように江戸時代からおこなわれている仏教行事もあるが、全国各地で行われている灯籠流しは戦後にはじまったものだという。
そこで記憶をたんねんに洗い直してみると、こども時代に見たのは灯籠ではなかったなあ。ワラでつくった小さな舟に、きゅうりやナスの馬の人形なんかを乗せていたのを流していた。「灯籠流し」と思い込んでいたのは、テレビ映像なんかと混じった「記憶の捏造」のようです。すると、あれは精霊流しだったのか…。この件は、もう少し調べて見る必要がありそうです。

幻想的な灯籠流し風景に、宗教を越えた祈りに、乾杯。
野川10.jpg 野川5.jpg 20170817野川.jpg
posted by 三鷹天狗 at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

満艦飾の盆踊りやぐらに遭遇、いいもんですね

いつもの碁会所→居酒屋ゴクラクコースの帰り道、近所の小さな八幡様から陽気な東京音頭が聞こえてくる。あんな狭い境内で盆踊りをするのかと一驚。同行の囲碁仲間とのぞいてみると、満艦飾のやぐらが組まれて盛大な盆踊り風景です。
盆踊り20170805 (2).jpg 盆踊り5.jpg
夜店、本部席、浴衣姿の小さな子ども連れの家族、やぐらの上で太鼓をたたく若者…盆踊りのすべての要素がコンパクトにそろっています。
いいなあ、日本の夏。
盆踊り3.jpg 盆踊り6.jpg
ところであの美声で唄っている人はどこにいるのと、やぐらを一周しても見つからない。太鼓は生演奏で景気よく響いているが、そういえば笛の奏者も見えない。もしかして太鼓以外はCDで流している?本部席に聞いたらやはりそうでした。そうか、いまどきの盆踊りはこういう仕組みになっているのかと感心して、家に帰ってトクトクと披瀝したら「あったりまえじゃないの。そんなことも知らなかったの!」と一蹴されました。
やぐらの上で、民謡が得意なおじさんおばさん、美声自慢の若者が唄っている秋田の田舎の盆踊りの光景は、もはやおとぎ話のように昔のできごとです。
日本の夏に、トホホの乾杯。
posted by 三鷹天狗 at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

2017都議選・都民の審判。自民惨敗と「都民ファースト」の圧勝。

『悪魔くん』(水木しげる)の名場面を思い出しながら。

7月2日に行われた東京都議選の結果は、自民党が57議席から23議席に激減し、「都民ファーストの会」がいきなり49議席を得て第1党となるという、劇的な結果となった。
自民党が過去最低の議席数だったのは2009年の38議席で、この時は都議選惨敗のあと民主党への政権交代がおきた。今回はさらにそれを大幅に下回った。安倍ブラック政府にとっては、沖縄以外で示された初めての「No!」という民意であり、驕りたかぶった政権運営になんらかの影響がでざるを得ない。
公明党は、巧妙に「国政と都政は別」という理屈をこね、小池与党として全員当選した。自民党の惨敗は、公明党の支えがないと都市部の選挙では勝てないことの実証にもなった。これから日本の政治にとって公明党の役割・比重はいっそう増す。
民進党は、沈没船からネズミが逃げ出すように、離党して「都民ファースト」に鞍替えする候補者が相次ぎ、5議席を確保するのがやっとだった。
共産党は安倍政権に真正面から敵対する唯一の党というポジションを得て、17議席から19議席に議席を増やした。安倍政治に対する危惧や怒りの、いまのところほぼ唯一の受け皿です。

誰でも連想することだろうが、この成り行きはフランスのマクロン大統領の登場と新党「共和国前進」の圧勝に、酷似している。
いままで与党だった社会党が惨敗し、日本でいえば自民党にあたる共和党も沈んだ。つまり、既成政党の政治(保守・革新の2大政党政治)にはうんざりした、誰かなにかを変えてくれ!という叫びです(トランプ政権の誕生も同じながれでしょう)。
呆け天は安倍嫌いですから、自民党の惨敗は大歓迎です。しかし、「都民ファーストの圧勝」の図を見ながら浮かんできたのは、水木しげるの名作『悪魔くん千年王国』の一場面でした。悪魔くんが地面に魔法陣を描き、「エロイム・エッサイム!!われはもとめうったえたり!」と呪文を唱えると、大地が液状化し、そこからなにかが現われる…。
悪魔くん.jpg
小池百合子は、「日本会議」の構成員であり、石原慎太郎の「現憲法即時停止」案に賛意を表したことがあり、核武装論者であり、べつに安倍となんら変わらない右翼政治家です。今回の選挙でも、自民党は批判するが、安倍は批判しないという、とても賢いふるまいを見せました。
細川護熙(日本新党)、小沢一郎(自由党)、小泉純一郎(自民党)など、そのとき権力中枢にいる政治家をわたり歩き、「日本初の女性宰相」になるという政治的野心に向かってつき進む。ある意味とても正直な「自分ファースト」の政治家です。「クール・ビズ」のときにみせた鮮やかな政策実行力もあり、都知事選での「ブラックボックス=自民党都議団」攻撃など、ケンカ上手、選挙上手なことも群をぬいています。
いったい、彼女がめざす政治はどこへ向かうのか。

ある実業家の予見が気になる。

少し前の話しになるが「中央公論」5月号が「ポピュリズムは民主主義を破壊するか」という特集をくんだ。そこに「欧州を覆う暗雲の行方は?大衆のマグマは、日本にも溜まっている」(遠藤乾・水島治郎)というヨーロッパの動向と日本を対比させた興味深い対談が載っている。対談の最後に、ある実業家のいったこととして「自民党は2021年に安倍で幕引きとなり、小池新党、橋下新党、小泉進次郎新党が政界を再編成してしまう」局面がくるという予見が紹介されていた。
ありうるなあ。
今回の選挙結果をみれば、いっそう現実味が増します。
民意は、どんな政治をよびだすのか。全世界を覆うポピュリズムの大波は、人間社会になにをもたらすんだろう。面白いような、こわいような。

今日のところは、自民党の惨敗に、とりあえず、乾杯。
悪魔くん千年王国 (ちくま文庫) -
水木しげる『悪魔くん千年王国(全)』ちくま文庫、1988年、740円+税。
関連:青木理「小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者」https://dot.asahi.com/aera/2016110900191.html
2017年06月08日2ヶ月過ぎてから、清水ミチコのライブ芸が分かるhttp://boketen.seesaa.net/article/450647693.html
posted by 三鷹天狗 at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする