2017年09月19日

亡き友を偲んで、秋田に集う

8月に亡くなった旧友を悼んで、「偲ぶ会」が秋田市で開かれ、参加した。参集したのは全員60代後半〜70代の老人10数名。故人との思い出話しを一人ひとりが語り、酒好きだった故人がその場にいるような酒席となった。
亡くなったKさんは、高校時代の先輩であり、「番長グループ」の一人として知られた、いまでいうツッパリだった。ただ、50数年前の秋田県南部の不良というのは、大坂の『岸和田少年愚連隊』(中場利一)に出てくるような不良ではまったくなく、他校の腕っぷし自慢とケンカしたり、隠れて酒を飲んだ、タバコを吸ったという程度の、牧歌的なものだった。
そのKさんが、やや遅れて学生運動に参加し、第2次羽田闘争(1967年11月12日)であわや失明というケガをおったあたりから、東北地方にも「新左翼」や「全共闘」の影響が広がっていった…。
当日は秋田城跡・千秋公園でおおがかりな花火大会が行われており、宴席となった居酒屋「からす森」2階の窓からもときおり花火が見えるという絶好のロケーション。夕方5時に始まった会が、おひらきとなったのが10時。酒豪だったKさんを偲ぶのにふさわしい、酒また酒の会でした。
Kさん、おつかれさまでした。残された者たちは、もう少し生きてからそちらに行きます。

次の日は、千秋公園、美術館、民俗芸能伝承館などを歩きまわって、久々の秋田にひたりました。
千秋公園。城跡にしてはゆるやかな丘です。いかにも太平の江戸時代の城にふさわしい。春はつつじ、秋は紅葉が美しい公園ですが、この時期は緑の濃さ・深さが印象に残ります。お濠は、蓮で埋めつくされています。
千秋公園6.jpg 千秋公園.jpg 千秋3.jpg
秋田県立美術館。2013年に新館がオープン。旧館同様、藤田嗣治の大作『秋田の行事』が圧倒的なメインです。写真撮影禁止なのでWebサイトにある写真を借りますが、いつ見てもみごとな作品です。2階ラウンジからの、美術館の水庭と千秋公園の堀を一体化させた景観が秀逸です。
秋田の行事.jpg 県立美術館.jpg
民俗芸能伝承館・ねぶり流し館では、ちょうど竿燈の実演・体験中でした。2階に展示の秋田萬歳の人形が、なぜか志の輔によく似ている。
民俗伝統.jpg 竿燈.jpg 秋田萬歳.jpg
赤レンガ郷土館は1912年(明治45年)建築の旧秋田銀行本店を活用した施設で、国の重要文化財指定を受けています。秋田の風景を版画にした勝平得之(かつひらとくし)のすばらしい作品が常設展示されている。企画展で、秋田市出身のマンガ家・倉田よしみの作品展が行われており『味いちもんめ』の原画やみごとなイラスト多数が展示されています。
赤レンガ2.jpg 勝平得.jpg 倉田よしみ.jpg
東海林太郎音楽館を初めて見学。私設で、無料で、こういう記念館を運営しているのはたいしたものです。同じ場所に「大鵬」ギャラリーもある。ふたつを支えているのは秋田では有名な老舗の菓子舗「榮太楼」です。創業1883年(明治16年)ですから、134年の歴史がある。「榮太楼」は戦後、系列の旅館「榮太楼」を営んだ(1947年〜2006年)。秋田巡業のとき宿泊した横綱大鵬が、旅館の長女・小国芳子さんを見染めて結婚したエピソードは、大鵬の伝記のハイライトのひとつになっています。
旧友、Kさんの冥福を祈って、献杯。
ふるさと秋田の、弥栄を祈って、乾杯。
2015年01月28日、中場利一『この子オレの子!』http://boketen.seesaa.net/article/413090688.html
posted by 三鷹天狗 at 05:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

第20回江戸やっこまつりー和太鼓と民舞の祭典

和太鼓のひびきにひたる

ツレの友人が出演する和太鼓の演奏会が調布であり、チケットをいただいたという。自転車でサクサクでかけて見学しました。首都圏の、30を超える和太鼓アマチュアサークルの演奏会です。
江戸やっこ10.jpg 江戸やっこ6.jpg
江戸やっこ9.jpg 江戸やっこ8.jpg
卓越したリーダーが統率するスタイルの演奏があるかと思えば、全奏者が完全に均等に見せ場がある民主主義の団体もある。障がい者とその家族で構成された大人数の集団もあるし、4〜5人という小集団もある。
楽しくなくっちゃ太鼓じゃないという王道エンタメ系、武満徹かよといいたくなるような繊細な和太鼓のひびきを追及する芸術派、技術・テクニック命の職人気質集団…実に個性的です。
年齢の巾はかぎりなく広い。小学校低学年くらいの子どもから、60〜70代と見えるひとまでが、それぞれの持ち場でたたくたたく。よくもまあというほど多様で、競技性もない。それぞれの団体が、それぞれの流儀で楽しんでいる。観客側もほとんどが自ら演奏する人たちなので、のりよく、あるいは真剣に、他の団体の演奏を見ている。みなさんの和太鼓への愛、楽しくってしょうがないというエネルギーが、会場に満ちています。
アマチュアが、月1〜2回の練習を積み重ねるだけでこれほどの演奏ができるものなのか.。狛江で活動しているという「きんたの会」の演奏など、強く印象に残りました。
江戸やっこ7.jpg 江戸やっこ4.jpg
秩父屋台囃子のシブい演出(左上)。おわら(八尾)を演奏するグループ(右上)もありました。
IMG_20170910_155016_.jpg 江戸やっこ13.jpg
ツレの友人が出演した沖縄エイサーはゲスト出演という位置づけのようですが、最後は会場全体を巻き込んでの円舞で盛り上げていました。

和太鼓の陽気なひびき、出演のみなさんの和太鼓愛に、乾杯。
江戸やっこ11.jpg 江戸やっこ2.jpg
「第20回江戸やっこまつりー和太鼓と民舞の祭典」9月10日(日)12:30〜17:30。調布グリーンホール・大ホール。
posted by 三鷹天狗 at 07:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

東京都防災訓練初体験、9月3日(日)多摩川児童公園・河川敷

いつきてもおかしくない東京直下型の地震

順番にまわってくる町内会(自治会)の役員のしごとのひとつに、防犯・防災があります。
ことしは、東京都と調布市が合同で行う総合防災訓練に参加しました。わたしは初体験でしたが、実におおがかりなものです。
マグニチュード7.3の多摩直下型地震に襲われたという想定で、都の各行政機関、自衛隊、消防、警察、市役所、赤十字、民間企業など、要するに東京と調布市のありとあらゆる機能をあげて大地震災害に立ち向かうという訓練です。
わたしたち一般参加者にとっては、訓練というより、デモンストレーションの見学という感じの催しです。デモンストレーションの説明放送が、日本語、英語、中国語、韓国語で行われるのを聞きながら、実際に起きたときもこれが実行されることを願いました。
広大な河川敷に、無数ともいえるほどのテントが張られ、自衛隊の車輛、消防車両などがならぶ。会場の一画に、地震で倒壊した街並みという、映画のロケ風景のような場面がつくられ、消防隊や自衛隊による消火や人命救助などの実演がおこなわれました。
ホバリングするヘリコプターでの救出という、災害時のテレビでおなじみの場面が目の前で繰り広げられるのは、迫力あります。
防災5.jpg 防災6.jpg 防災9.jpg 防災7.jpg 防災2.jpg
いつかは分からないが、必ず襲ってくる大地震に、自助・共助の精神を発揮して立ち向かうしかありません。身を挺して任務にあたるみなさんに敬意を表し、一市民としてできることはやらねばとあらためて思わされました。参加者には、終了時にたくさんの防災グッズが無料配布されました。
防災14.jpg 防災8.jpg
会場設営から、デモンストレーターの出勤、駆動した機材、おみやげまで、この催しにかかった費用はさぞ莫大だろうなあ。
自治会の大先輩からは、「調布は、地震には強い。問題は23区内から避難してくる数十・数百万の人たちの受け入れだ」という話しを聞きました。なるほど、いかにも。

小池百合子知事、朝鮮人虐殺の過去を黙殺にかかる。

やがて必ず襲ってくる東京直下型の大地震に備えるためには、首都機能の分散など根本的な対策が必要です。石原慎太郎が犯したさまざまの犯罪の中でも、東京一極集中を頑として変えなかった罪は大きい。やがて、大きな厄災として都民につけがまわってきます。
小池も「23区内の大学定員を減らすな」などと言っているようです。極右政治家というのは、長いスパンでみた都民の安全とか、首都圏と日本全体のバランスなどに、本当に関心がない。独特の視野狭窄が日本の極右の特徴なんでしょうね。
小池百合子.jpg
小池は9月1日の関東大震災の日に行われた朝鮮人犠牲者の追悼式に、追悼文を送らないという形で、極右政治家としての姿をむきだしにしはじめました。北朝鮮の軍事挑発への、日本国民の怒りが高まっていることにじょうずに調子をあわせる、ポピュリズム政治家の手法でもあります。
もともと日本会議の構成員であり、石原の「現憲法即時停止」に賛成を表明している政治家です。東京にとって、「知事がリスク」である状態が、これからも続きます。
posted by 三鷹天狗 at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする