2017年12月12日

神代植物公園ウインターコンサート

「もしも彼女が尋ねたら」というすばらしい曲に出会う

新春、桜、春秋のバラなど、いろんな季節に屋外コンサートをおこなう神代植物公園。初の試みとして、大温室で冬の室内コンサートが開かれました。
この寒い時期には、やはり室内がいいですね。
「アスール」(スペイン語で「青」)というユニット。小川和隆のクラシックギター(10弦ギター)、aoi(現役音大生)のボーカルで「スカボローフェア」「枯葉」など親しみやすい名曲を奏でました。50人ほどの聴衆が、ガラス越しにふりそそぐ陽光を浴びながら、穏やかなひとときを過ごす、結構なコンサートでした。
冬コンサート20171209.jpg 冬コン20171209.jpg
途中、小川がギターソロを聞かせたのですが、そのうちの一曲「もしも彼女が尋ねたら」がすばらしかった。ブラジルの曲だそうで、「もし彼女がオレのことを尋ねたら、まあ元気でやってると伝えてくれ(ホントは元気じゃないけど)」という、日本でいえば「ジョニーへの伝言」の男女をひっくり返したような、恋の悔恨のような歌らしい。
繰り返し奏でられる、哀調をおびた主旋律が、胸に沁みます。
帰ってからYouTubeを検索したら、何人かのギタリストの映像がアップされています。
https://www.youtube.com/watch?v=kvmALkIf-Yc
ブラジルといえばむかしポルトガルの植民地ですから、「ファド」に通底する、哀調・哀愁が好まれるんでしょうか。

冬のひととき、すばらしい一曲にめぐり合わせてくれたウインターコンサートに、乾杯。
冬コン1.jpg
神代植物公園2017ウインターコンサートin大温室 12月9日(土)11:00〜、大温室内展示・休憩室。
いま大温室では、さまざまな蓮の華がさいています。
posted by 三鷹天狗 at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

ヴィーガンラーメンなるものを食してみる

『北欧女子オーサ』に、スエーデンから日本に遊びに来た友人が「ヴィーガン」で、一切の動物性たんぱく質を摂らない食事をする、という話しがでてきます。ベジタリアンのさらに徹底したもの、という感じらしい。
肉も魚も大好きな人生をおくってきた身からすれば、若い身空でなにが悲しくてそんな禁欲的な信仰にはまるのか、理解の外です。
世の中にはそういう人のためのレストランがあり、ラーメン屋まであると知りました。
東京駅に用事があった時に「T’sたんたん」という店に入ってみました。
看板メニューの「白胡麻たんたん」850円を食べましたが、とてもおいしい。
通常のラーメンでいえば「豚骨ベース味噌味の、ひき肉・野菜入りラーメン」ということになるのでしょう。先入観や説明なしでふつうに食べたら「こってりした美味しいラーメンを食べた」としか思えません。よもやこれが、一切の動物性由来の素材を使っていない食物だとは分からない。
食後に、これだけ「動物性の食事の味」にこだわるのはなぜ、という疑問は残りました。肉や魚は食べないが、肉や魚を食べたと同じ味覚は味わいたいというのでは、中途半端では?ま、余計なお世話な感想です。

東京駅「T’sたんたん」の白胡麻たんたんラーメンに、乾杯。
ヴィーガン.jpgヴィーガン2.jpgヴィーガン3.jpg

関連:2017年06月13日、北欧女子オーサ、剣道を体験するhttp://boketen.seesaa.net/article/450787930.html
posted by 三鷹天狗 at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

ロシア革命100年にあたって、呆け老人が思うこと

「ロシア革命全否定」の風潮にひとこと。短慮がすぎるぞ。
「世界を揺るがした100年間〜世界史からみたロシア革命」に参加して。

11月7日は、100年前にロシア革命が勝利した日です。
ところが、革命の当事国ロシアでさえ、もはや11月7日は国民の祝日ではなくなっている。まして世界の論調は、右も左も、保守もリベラルも「ロシア革命全否定」一色という景色です。最近の流行りは、あれは革命ではなく過激派によるクーデターにすぎないというもののようです。
たとえば『僕らの社会主義』(國分功一郎・山崎亮)では、ロシア革命はただひとこと「失敗した全体主義」と総括されています。呆け天が、信頼できる若い学者と思っている國分にしてそうなのですから、トホホです。1974年生まれの國分にしてみれば、なにをどうひっくり返したってソ連は官僚専制国家にすぎない。「労働者の国」どころか、最悪の一党独裁・秘密警察国家、基本的人権や内心の自由といった民主主義的な価値が、根底から否定されている悪夢のような社会体制ということでしょう。
「失敗した全体主義」という言いかたには、「ファシズムと50歩100歩」という響きもあります。
そういわれるのが当然というべき現実が、スターリン主義全盛期のソ連にはあった。スターリン批判以降も根本は変わらなかった。ゴルバチョフのペレストロイカは失敗し、ソ連は崩壊した。
なにもかもスターリンが悪かったと片づけて済ませられるのか、レーニンがやったことのなかに後の一党独裁・官僚独裁の萌芽があるじゃないかという指摘も当然です。「現代思想」10月号のロシア革命100年特集で、ロシア文学者亀山郁夫が「これほどの血が流されるのであれば必要のない革命だったか」と言いたくなる気持ちも分かります。

しかし、「産湯と一緒に赤子を流すな」という古いことわざがあります。
ロシア帝政国家を打倒したあの革命は、「帝国主義戦争を内乱へ」という鮮烈なスローガンで帝国主義国の支配者を震え上がらせ、第1次世界大戦を終わらせたのではなかったか?
帝国主義戦争の当事国にとって常識だった「植民地争奪戦」に対して、民族自決権を掲げたロシア革命の衝撃は、その後の世界史を変えたのではないか?
労働者が政治の主役になりうることを実証し、好き勝手やってるとツアーのようにくくられるという恐怖が、金持ちたちの労働者・農民への大幅な譲歩をもたらしたのではなかったか?
男女同権。民族差別・人種差別・身分差別の撤廃。弱者、少数者の権利…。いま、民主主義国家であたりまえのこととされる諸権利は、ロシア革命勃発の時期には、まだまったく存在していなかった。
官僚専制の80年への嫌悪のあまり、ロシア革命が雷鳴のように告げたこれらの衝撃を、一緒に捨て去るのは間違いです。短慮というものです。

そこで、11月4日(土)に「トロツキー研究所」が主体となって開いた「世界を揺るがした100年間〜世界史からみたロシア革命」に参加してきました。
いうまでもなく「ロシア革命全肯定」の集会です。といっても、スターリン主義のソ連を肯定したり賛美したりすることとはまったく無縁です。成就しなかった永続革命、未完の永続革命としてロシア革命を考える人たちの集会です。
講師と演題、主な内容は以下の通り。
森田成也(大学非常勤講師)「世界革命としてのロシア革命―ヨーロッパ、ロシア、アジア
ロシア革命は、衰退・終焉したフランス革命の継承であり、労働者階級による民主主義の完遂=社会主義の実現に向かう永続革命だった。フランス革命が近代社会の基礎をつくり出した(国民主権、人権、民主主義etc)ように、ロシア革命は、社会的平等(労働者・農民の権利、女性・少数民族・同性愛者の権利、植民地解放と民族自決権)を重視する現代社会の基礎をつくり出した。ブルジョアジーは、ソ連崩壊を受けて、100年の譲歩の回収に向かって野蛮化している。
中村勝己(大学非常勤講師)「ヨーロッパから見たロシア革命
日本ではカウツキーのロシア革命批判が翻訳・検討さえされてこなかった(日本左翼の大きな歪み)。ローザ・ルクセンブルグも、ロシア革命への評価はカウツキーと異なっているが、民主主義が損なわれる危険について指摘している。グラムシの「機動戦と陣地戦」の提起は、国家権力さえとってしまえば解決という革命観では、ヨーロッパでは通用しないことを提起している。目指すべき社会とはどのような社会なのかという議論が、いま求められている。
江田憲治(京都大学教授、中国現代政治思想史)「ロシア革命論の継承――中国・陳独秀の場合
中国共産党の創立者・陳独秀は、スターリン主義者に「漢奸」と貶められ、苦難の生涯を送ったが、その民主主義論・永続革命論はいまも光芒を放っている。

講師の問題提起、質疑応答などすべてを終えたのが18:00。4時間半の長丁場です。
眠くもならず、最後まで楽しく参加しました。この集会があって良かった。
フランス革命(1789年)は、革命後の恐怖政治や反動などの血塗られた歴史を経たが、200年後のいまその歴史的評価は定まっている。
ロシア革命も、革命後の内戦、粛清、官僚独裁、ソ連崩壊の血塗られた歴史を経ることになった。100年後のいまは「全否定」の評価にもさらされている。しかしさらに100年後に、その評価はまた違ったものになっているだろう。歴史を、あわてて論じる必要はない。
わずか100人ばかりの集会でしたが、「ロシア革命全否定」の風潮に抗し、その世界史的意義を見極めようとする人たちがいました。

亡き友をしのんで。

8月に秋田で亡くなった友人は、ロシア革命100年の催しを楽しみにしていました。集会のあと、一緒に出席した友人と居酒屋で飲みました。亡き友の「えがたな!」という声が聞こえたような気がします。
ロシア革命の世界史的な意義を見失わず、グローバル資本主義に対抗する政治をどうつくっていくのか。その萌芽は、世界のいたるところに顔をだしています。ウオール街占拠、アラブの春、SEALDsのたたかい、香港の雨傘、台湾のひまわり…。挫折や逡巡をくり返しながら、ひとびとの抵抗はつづく。残り少ない人生を、抵抗の側に身をおいてすごします。

ロシア革命100年、その世界史的意義に、乾杯。
ロシア革命100年.jpg 11.4ロシア革命シンポ.jpg ロシア革命100年2.jpgロシア革命4.jpg
(写真右は、11月4日朝日新聞「ロシア革命100年」特集)
関連:2017年09月19日、亡き友を偲んで、秋田に集うhttp://boketen.seesaa.net/article/453570398.html
2017年08月08日、國分功一郎/山崎亮『僕らの社会主義』http://boketen.seesaa.net/article/452516784.html
posted by 三鷹天狗 at 10:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする