2017年07月27日

「呪いかけましたよ。死んだ人もいるし、3人くらい。」

さりげない美保純のことばが、怖いやらおかしいやら。

「週刊朝日」7月28日号「マリコのゲストコレクション」第875回のゲストは女優の美保純です。
林真理子が「おかしくって可愛くって、少しも変わっていない」と評する美保純。50代後半とは思えない、ハツラツとした、大物感のまるでないことばの連射が、なんとも楽しい。

対談のなかで、男関係に話が及んだ時のことばがすごい。別れるとき美保に嫌なことをしたやつは「みんな不幸せになっていて、とてもうれしい」とあっけらかんと言い放つ。
「林 呪いをかけたんんじゃない。
美保 呪いかけましたよ。死んだ人もいるし、3人くらい。
林 コ、コワイよ〜
美保 私には魔力があると思っているんですよ。私を怒らせるとか私が恨むようなことをしたやつは全員不幸になると思っている。仕事がなくなった人もいますよ。」

あの、邪気のない童顔で、にこにこしながらこゆこというか。たぶん、これぜんぶホントでしょう。
むかし読んだ小説(筒井康隆か宮部みゆき)に、OLが胸のなかで「死んじまえッ」とののしると、ほんとに相手が死んでしまうのがありました。そのまんまを、美保純がやっているわけだ。
ま、われらが「あけみ姫」の恨みをかうようなやつは、いずれロクでもない男でしょうから、死んじまったり不幸になったりすればいいのです。

美保純といえば、寅さんファンにとっては、タコ社長のわがまま娘・あけみです。
「男はつらいよ」第33作「 夜霧にむせぶ寅次郎」(マドンナ・中原理恵、1984年)にいきなり登場したあけみは、ちゃきちゃき、蓮っぱ、わがままで、人のいうことなんかなんにもきかない。いかにも下町中小零細企業の社長の娘にいそうな感じ。「タコにこんな娘がいたのかよッ。聞いてねえぞ」とつっこみをいれながらも、あまりにも冴えた登場のしかたに、いっぱつでもっていかれました。
第36作「柴又より愛をこめて」(マドンナ・栗原小巻、1985年)では、ダブルマドンナといいたいほど重要な役回りです。家出したあけみをさがしに寅さんが伊豆・下田にでかけ、そのまま二人で式根島に小旅行。島で出会った先生(栗原小巻)に夢中になり、あけみのことなどそっちのけの寅さん。放っておかれたあけみは民宿の跡継ぎ息子・茂に惚れられて…。
海岸に湧き出る温泉に入るあけみという、寅さん全シリーズで唯一の「お色気サービス」までしてくれました。日活ロマンポルノ出身であることを「誇りに思っている」と言い切る女優の、面目躍如です。

ややマンネリ気味の寅さんファミリーに、新しいリズム・テンポがわりこんできた。旧来のテンポはそのままくずさずに、もうひとつの新しいリズムが心地よい違和感・緊張感をもたらして、シリーズ全体を再活性させた。美保純のあけみ役は、シリーズ中興の名脇役です。
36作では伊豆・下田の地廻りのヤクザという役どころで笹野高史も初登場し、あけみを見つけるのに一役かいます。以後、笹野は変幻自在の役で寅さんを支えました。
美保純と笹野高史、寅さん映画で存分に魅力を放って、誰もが知る役者となりました。

東大卒と気が合う、真逆だからー小気味いいなあ。

平日の昼、NHKで「ごごナマ」という番組にレギュラー出演し「生活がNHKの職員みたいになっちゃった」。「(NHKには)東大出身者がたくさんいますけどそういう人たちとものすごく気が合うんです。真逆だから。」
ことばのひとつひとつが、小気味いい。
この対談ではじめて知りましたが、寅さんを卒業したあと交通事故をおこして、顔面を8針も縫う大ケガをしたのだという。よくぞ女優生命が絶たれなかったものです。よほど強い星のもとに生まれたのでしょう。

強運の星のもとに生まれ、呪いでイヤな奴らを不幸にするあけみ姫に、乾杯。
寅さん第33作.png 寅さん36作.jpg
第33作 夜霧にむせぶ寅次郎       第36作 柴又より愛をこめて
posted by 三鷹天狗 at 05:38| Comment(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: