2017年07月09日

大田昌秀×佐藤優『沖縄は未来をどう生きるか』

たがいを尊重し合うふたりの、心ゆくまでの対話

対談の骨格部分は、雑誌「世界」2009年1月号〜2010年9月号に掲載されたものです。ですから、対談途中の2009年9月の民主党政権の誕生と、鳩山由紀夫首相の「普天間基地の県外移設」をめぐる迷走が、リアルに織り込まれている。
読みながら、当時の沖縄の期待と失望がありありと浮かんできて、息苦しいほどです。
第8章「政権交代が開いた可能性とその反動」(2010年4月号)では、大田が「もしも今後、民主党政権がつまずくようなことがあればバックラッシュで、より右寄りの一大連立さえおきかねません。自民党が逆転をもたらすだけの力があるか疑問だとしても、万が一にも逆転するようなことになると、国民はたいへん不幸な状態に陥るかもしれない」という、予言をしています。
ズバリと、予言通りのバックラッシュがおき、国民が「たいへん不幸な状態に陥る」事態になっている。歴史学者でもある政治家の、現実を読み、先を見抜く目に敬服するしかありません。

話題は、沖縄の歴史全般に及び、大田の底知れない学識・研究・経験を、佐藤が存分に引き出すという構図になっています。
佐藤優の母は大田昌秀と同じ久米島の出身であり、大田のことを「昌秀兄さん」と呼んで慕っていたという。久米島の生んだ自慢の秀才であり、遠縁でもあった大田を、終生誇りに思っていた。それが佐藤優にもひきつがれ、「大田先生は、沖縄の歴史で唯一の哲人知事であった」(P201)という、最大の賛辞を贈っています。
自民党や御用言論人からは「左翼」のレッテルを張られているが、実際の大田は保守・革新などという「本土の論理」を超えた沖縄固有の「セジ(霊力)」の体現者であった。大田の思想と行動は、沖縄の全歴史からうみだされたものであり、存在そのものが本土政府と拮抗し、対等である。大田県政の「代理署名拒否」の経験が、これから必ずいきてくる。
佐藤のことばは、のちに「保革の枠を超えた」翁長県政となって実現しており、いま現に安倍の暴政と対峙している。

大田も佐藤へのエールをおくっています。「かつてない有意義で興味尽きぬもの」「(これほど)知性あふれる対談は初めて」(「あとがき」)。対談の中でも、佐藤の強靭な思考が、キリスト教やマルクス主義の体験から生み出されていることが分かった、これまでは敬遠してきたが、もっと勉強すべきだったと敬意を表しています。
たがいに尊重し合うふたりの、1年半がかりの心ゆくまでの対話は、沖縄の未来にとっての貴重な資産です。

全編を通じての基調音は「沖縄の自己決定権」です。
沖縄のことについて決めるのは沖縄人だ。日米安保は保持し、米軍基地の75%は沖縄におしつける。これは植民地的な差別の構造だ。沖縄は、平成の琉球処分=辺野古新基地を許さない…。
佐藤が「太田さんはこのごろ独立論に傾斜しているのではないか」とふり、大田は自分が調べた沖縄独立論の系譜を丁寧に紹介しながら、「独立論がでてくる必然性」を語ります。断言はしませんが、大田の内心は大きく「沖縄独立」に傾いていると感じとれます。
佐藤は「独立を前面に出さない方がよい」という立場を表明したうえで、ソ連邦解体の時に小国があっさり独立するのを見てきた経験を語ります。「沖縄の人口は142万人です。これは独立国として十分やっていける人数です。」「ソ連の解体過程で、エストニア、ラトビア、リトアニア、モルドバなどの小国が独立する過程を見ている」「案外、簡単に実現できる」(P40)。
「思考実験としては、永世中立国宣言をして、それに成功したトルクメニスタンの事例を研究すると面白い」(P46)
なんだか「独立には慎重」といいつつ、独立のリアリティをさかんに語っているように感じます。

あらためて、偉大な沖縄人・大田昌秀氏を追悼する

本書で大田が縦横に語る歴史研究は、刺激的です。琉球処分のとき、日本政府は日清修好条規改定の事前交渉で先島諸島(宮古・八重山)を清国に渡すことを考えていた。曽野綾子などの右翼言論人の言説(「反沖縄」ビジネス)がいかに愚劣なものであるか。牛島司令官、長参謀総長の自決についての、軍関係者の記録と米第10軍司令部情報部の記録の違い。沖縄の人々をスパイ扱いした歴史。米占領軍と沖縄人との初期の蜜月。朝鮮戦争がはじまっていきなりの土地強奪と米軍への怒り。復帰運動や独立運動の錯綜…そのどれもが、沖縄の誇り、沖縄人の自己決定権に貫かれた研究です。
先月6月12日、大田昌秀氏は死去されました。享年92歳。6月19日のブログにも記しましたが、あらためて、偉大な沖縄人、歴史学者にして政治家・大田昌秀氏に追悼の意を表します。

火花を散らす「沖縄の知」に、乾杯。
沖縄は未来をどう生きるか -
大田昌秀×佐藤優『沖縄は未来をどう生きるか』岩波書店、2016年、1700円+税。
関連:2017年04月03日、孫崎享さん講演会http://boketen.seesaa.net/article/448664206.html
2016年01月10日、翁長雄志『戦う民意』http://boketen.seesaa.net/article/432358680.html
2015年05月21日、5・17沖縄県民、翁長演説。http://boketen.seesaa.net/article/419325697.html
posted by 三鷹天狗 at 09:25| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: