2017年06月29日

沖縄の友人より(33)6.23慰霊の日、「命(ぬち)どぅ宝」を心に刻む

翁長知事、対決姿勢を鮮明に安倍政権を批判

6月23日、沖縄の本土復帰(1972年)から数えて46回目の慰霊の日を迎えた。平和の礎や各地の慰霊塔では犠牲者を追悼し「命(ぬち)どぅ宝(命こそ宝)」「戦争のない世界」をあらためて心に刻んだ。
糸満市摩文仁の平和祈念公園で行われた沖縄県・県議会主催の追悼式で、翁長知事は「沖縄の民意を顧みず工事を強行している現状は容認できるものではない。私は辺野古に新たな基地を造らせないために、今後とも県民と一体となって不退転の決意で取り組む」と、きわめて強い言葉で政権との対決姿勢を鮮明にした。
列席した安倍は、辺野古新基地建設、高江ヘリパッドを強行しながら「沖縄の負担軽減の努力」を白々しくも語った。
6・23慰霊の日.jpg二人の表情が対照的(6/24朝日)
慰霊の日の翌日24日には、カヌー22艇、抗議船4隻による海上行動が果敢に展開された。ゲート前では、機動隊の暴力的な排除に抗して、座り込み、抗議集会が続いている。

@2017.6.24 海上パレード。カヌー22艇、抗議船4隻が「ジュゴンを救え」とアピール。
A6.24 ゲート前座り込み集会。「軍事主義を許さない国際女性ネットワーク会議」の海外代表。
@2017.6.24 海上パレード.jpg@A6.24 ゲート前女性ネットワーク会議.jpgA
B6.24 ゲート前行動が長引き、テントの中で遅い昼食をとる参加者。
C6.24 機動隊による強制排除に抗して。
Bテントの中で遅い昼食をとる.jpgBC6.24強制排除する機動隊員.jpgC
D6.23 国際反戦沖縄集会。国際女性ネットワーク会議に参加の韓国の人々が横断幕を掲げる。「海を越えた友情と連帯―私たちは共に立ち上がる、声をあげる、軍事主義に抵抗する」
E6.22 ガマフヤー主催のDNA鑑定を求める集会に参加した韓国太平洋戦争被害者補償推進協議会のイ・ヒジャ共同代表
D6.23 国際反戦沖縄集会.jpgDEイ・ヒジャ共同代表.jpgE
F6.21 ゲート前座り込みに参加した大阪府堺市の人々。「辺野古の諦めない闘いに力を得た」
G6.21 ゲート前座り込み。機動隊の「ゴボー抜き」に備えて、ガッチリとスクラムを組む。
H6.21 ダンプの荷台に積まれているのは、護岸工事用の捨石。石というより大きな岩だ。
F6.21大阪府堺市の人々.jpgFG6.21 ガッチリとスクラムを組.jpgGHり大きな岩だ.jpgH
I6.20 今年「平和の礎」に名前が刻まれた韓国の15人の碑の前で、ささやかな追悼会。
J6.18 辺野古・大浦湾埋め立てに反対するシンポジウム「大浦湾は誰のもの?」。講師の熊本一規教授と西銘仁正さん。
I韓国の15人の碑.jpgIJ6.18 辺野古・大浦湾埋め立てに反対するシンポ.jpgJ
K6.17 沖縄恨之碑追悼会に60人余。はじめに知花一昌さんの読経。
L沖縄恨之碑追悼会。海勢頭豊さんと路沙さんの歌「月桃の花」など。
M平和の礎への朝鮮人犠牲者15人の刻銘を報告する沖本富貴子さん。
K 6.17 沖縄恨之碑追悼会知花一昌さんの読経.jpgKL6.17 沖縄恨之碑海勢頭豊さんと路沙さん.jpgLM沖本富貴子.jpgM
N6.17 ゲート前座り込み。ダンプが動きはじめたとの報に接し雨の中スクラムを固める。
O6.17囲い込みの壁をつくる機動隊の装甲車両がゲート前に到着。
N.6.17 ゲート前座スクラムを固める.jpgNO6.17機動隊が出動.jpgO
P6.14 ゲート前。「毎週土曜日スタンディングをしている」と述べた愛知県からの参加者。
Q6.14 「ゲート前座り込みは初めて。静かな行動を続けていきたい」と述べる島ぐるみの女性。
P6.14 ゲート前述べた愛知県.jpgPQ6.14 静かな行動を続けていきたい.jpgQ
「本土の防波堤」として、軍民20万人の犠牲者をだした沖縄戦。いまも米軍基地の70%が沖縄に置かれている事態は、「本土の防衛線」の役割りを沖縄に負わせているということです。安全保障の負担を本土と同等レベルにせよという翁長知事・沖縄県民の要求に、反論の余地はありません。

慰霊の日に、沖縄戦の犠牲者に、献杯。
posted by 三鷹天狗 at 09:04| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: