2017年06月27日

「第57回三鷹 自分の死を考える集い」に参加

「食べないから死ぬ」のではない。「死ぬ時がきたから食べない」のだ。

6月25日(日)に、三鷹市市民協働センターで開かれた「第57回三鷹自分の死を考える集い」に参加しました。
これは『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(幻冬舎新書、2012年)を書いた中村仁一医師の考えに賛同した、醤野良子さんという三鷹在住の看護士の方が開いている会です。2ヶ月に一度くらいのペースで開催されているようですが、私は初めて参加しました。
当日は、中村医師の講演「超高齢化社会での逝き方を考える」DVD上映(約70分)がメイン、参加者は40人ほどでした。講演内容は『大往生したけりゃ…』に書いてあることですが、話しがうまくておもしろい。三鷹会場でもなんども笑いがおきました。

今回の講演DVD上映で、強く印象に残った中村語録いくつか。
1、気持ちに体を従わせるな。体に気持ちを従わせる
齢をとったら、老化してヨレてくるのはあたりまえ。「老いに負けない」などという気持に、体を従わさせようとしてはならない。老いて衰えてきた体に、気持ちを従わさせなさい。
2、人間ドック・健診の賞味期限は、当日限り
人間ドックや健康診断を受けるのはまったくのムダ。自覚症状もない病気を見つけられるだけ。「半年前の健診で大丈夫だったのに…」という嘆きをよく聞くが、人間ドック・健診の賞味期限・有効期間は当日限りです。数ヶ月にいっぺん、ビクビクしながら健診をうけるのは、人生のムダ遣い。
3、「食べないから死ぬ」のではない。「死ぬ時がきたから食べない」のだ。
自分の老人ホームで、何百例も自然死を看取ってきた。じつにおだやかで幸せな死です。食物をとりたくなくなり(1〜2ヶ月前から)、そのうち水分もとりたくなくなり(約2週間前から)、気持ちよさそうに死んでいく。痛みなど、なにもない。それが本来の人間の死です。
介護現場では「食べないと死ぬ」という強迫観念にとりつかれた介護士が、むりやり口をこじあけて流動食や水を流し込む。これは拷問です。人生の最後になんでそんなむごい目にあわされるか。
「死ぬ時がきたから食べない」というのが、動物としての人間の自然な姿なのだ。
4、死ぬときくらい、静かに
死ぬまぎわに家族が枕元で叫んだりするのは、気持ちよく眠りにつこうとするときに大声で起こされるようなもの。そんなばかなことはやめよ。死ぬ時くらい静かに眠らせてやれ。
医療虐待、介護虐待、死ぬ間際の大さわぎといったことからまぬがれるには、孤独死がいちばん。彼らはきっと幸せに死んだにちがいない。

笑いを混じえて語られるこれらの言葉の説得力は、すばらしいものでした。話しのじょうずなお坊さんの説法に似ています。

医療虐待、介護虐待にあわないための準備をしておこう

中村医師の言ってることはとてもシンプルです。
生殖期が終わった人間はいつ死んでもいい。老化を病気と言いかえるな。ボケを「認知症」と言いかえるな。ガンは細胞の老化だから、これを食い止めようとするな。老いたらガンがいちばんいい死に方。めざそう自然死。枯れ木のようになって死のう…。
わたし、ぜんぶ賛成です。
唯一賛成できないのが、生前に棺をつくって入ってみようという提案。これは名著『笑うカイチュウ』(1994年)で藤田紘一郎医師が「体内にいっぴきサナダムシを飼おう」という提案しているのに賛成できないのと同じです。なにからなにまで「先生のいうとおり」と思う必要はない。
著作では、医療虐待、介護虐待という理不尽なめにあわないためには、本人がしっかりとその意志を文章にしておく必要があること、その書き方なども示されています。いやはや、人間、なかなか楽には死なせてもらえないもんですね。
当日、会場で『大往生したけりゃ…【介護編】』が発売されていたので購入しました。これからも、くりかえし中村医師の著作を読んで、死ぬ心構えをします。

「三鷹 自分の死を考える集い」の、持続する活動に敬意を表して、乾杯。
自分の死に方.jpg 大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書) -  大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決をめざして (幻冬舎新書) -
「第57回三鷹自分の死を考える集い」6月25日(日)14:00〜16:00、三鷹市市民協働センター
中村仁一『大往生したけりゃ医療とかかわるな』幻冬舎新書、2012年、760円+税。
中村仁一『大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】』幻冬舎新書、2017年、840円+税。
関連:2015年02月26日、特定健診で、超早口女医にタジタジhttp://boketen.seesaa.net/article/414699000.html
posted by 三鷹天狗 at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: