2017年06月19日

沖縄の友人より(32)現地でも法廷でも、安倍の暴政と対峙する

翁長知事、7月に「工事差し止め訴訟」提訴の方針

6月7日、翁長知事は記者会見で「県の岩礁破砕許可を得ずに防衛局が埋め立て工事を進めるのは県の漁業調整規則に違反しており、違法」だとして、工事差し止め訴訟を提訴する方針を明らかにした。同時に工事中止を求める仮処分申請を行なう方針だ。6月定例県議会に議案を提出し、7月14日予定の県議会最終日に採択されれば直ちに提訴するという。
辺野古現地の工事阻止のたたかいと、沖縄県が国を相手取っておこす訴訟や異議申し立てがあいまって、沖縄は安倍ブラック政府と対峙している。現地では、機動隊の暴力的な排除に抗して、ねばり強く座り込みが続いている。

@A2017.6.10 キャンプ・シュワブゲート前に1800人が結集し、「辺野古新基地建設阻止!共謀罪廃案!6.10国会包囲行動と連帯する辺野古現地集会」が開かれた。共謀罪の刃は、まず沖縄の市民運動に向けられている。
O17.6.10 キャンプ・シュワブゲート前集会.jpg@N7.6.10 キャンプ・シュワブゲート前.jpgA
B6.7 ゲート前座り込み集会。アメリカ先住民・ラコタ族の教えを説明するアメリカからの参加者。
C6.6 ゲート前。警察車両と機動隊の壁の中に拘束され、資材搬入に抗議の声をあげる。
D6.4 白梅学徒の足跡をたどる八重瀬ピースウォーク。元白梅学徒の中山きくさん。
M2017.6.73002アメリカ先住民.jpgBL017.6.6 ゲート前座り込み集.jpgCJ17.6.4 白梅学徒の足跡.jpgD
E6.3 ゲート前座り込み。囲い込みの中から、声を張り上げて、ダンプによる砕石搬入に抗議。
F6.3 ゲート前座り込み。沖縄市・北谷町の島ぐるみがアピールと歌。
G6.3 無理が通れば道理が引っ込む、とのことわざ通り、違法・不法を繰り返す安倍。
D017.6.3 ゲート前座.jpgEE2017.6.3 ゲート前座り込み北谷町の島ぐるみ.jpgFG2017.6.3 ゲート前座り込.jpgG
H6.3 那覇市自治会館で開かれた裁判闘争報告集会に250人。訴える山城博治さん。
I6.3 「今こそ立ち上がろう」を声の限り歌う稲葉さん、添田さん、山城さんなど登壇者。
I17.6.3 那覇市.jpgHH017.6.3 裁判闘争報告集会.jpgI
J5.31 ゲート前、雨のためテントに移動。「沖縄の闘いに連帯する東京南部の会」の女性。
K5.31 大浦湾の埋め立て工事の問題点を詳しく述べる奥間政則さん。
L5.31 知念昭則八重瀬町議が「沖縄県は取締船を出して防衛局の違法工事を取り締まれ」と訴え。
@2017.5.31 る東京南部の会」.jpgJA2017.5.31 キー奥間政則.jpgKB17.5.31 キャンプ2知念昭則八重瀬町議.jpgL

追悼、大田昌秀さん。学者として、政治家としての軌跡に敬意を表します。

6月12日、元沖縄県知事の大田昌秀さんが亡くなられた。享年92歳。1990年の県知事選で当選し、2期8年にわたって米軍基地・自民党政府と対峙した。普天間基地返還合意をかちとり、辺野古への移設は拒否した。大田県政の挑戦は、現在の島ぐるみのたたかいに大きな教訓を残した。
学者として、政治家として、沖縄の苦難を一身に引き受けて発言し行動した人生に、心から敬意を表します。『沖縄のこころ 沖縄戦と私』(岩波新書 1972年)は、わたしの沖縄入門書でした。
posted by 三鷹天狗 at 07:56| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: