2017年06月15日

共謀罪が、参議院で強行可決された朝に

悪法が社会をしめあげていく姿をみることになるのか

6月15日の朝、ニュースは「共謀罪」=現代の治安維持法が参議院で強行可決される様子を映し出している。委員会審議を打ち切り、いきなり本会議採択という「奇策」までくりだして徹夜審議、むりやり採決に及んだ。
ここまでする執念というのは、ある意味すごい。
安倍政権のうちに、やれることはみなやるという、日本会議の戦前回帰ゾンビたち、官僚支配の中枢にいる者たちの強烈な悪意が、日本の国と社会をしびれさせつつあります。
公明党は、母体である創価学会の創立者牧口常三郎が、治安維持法違反と不敬罪容疑で検挙・投獄され、獄中死した(1944年)歴史さえ忘れて、共謀罪成立にひた走った。たぶん、戦前の治安維持法が共産党を取り締まるための法であったことのほうが、創立者の獄死よりたいせつなんでしょうね。「戦前回帰というよりは、リベラル憎しの感情」が日本会議のエネルギーという菅野完の指摘が思いおこされます。

共謀罪についてのさまざまな考察や意見のなかで、呆け天がもっとも鋭いと感じたのは、「現代ビジネス」の小笠原みどりの警告です。(2017年2月13日「共謀罪の狙いはテロ対策ではない! スノーデンの警告に耳を傾けよ 合法化される政府の国民監視 」http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50957
米国防総省の国家安全保障局(NSA)の契約職員だったエドワード・スノーデンが告発した、NASによる全世界の監視という実体は衝撃だった。「スノーデンの警告」とは、NASと同じように、日本の政府・警察が国民のコミュニケーションすべてを監視する技術はすでにありますよ、それを合法化させるのはまずいですよ、ということです。
小笠原は「共謀罪の核心は、人々の日常のコミュニケーションが犯罪化される、という点にある。合意すること、相談すること、言葉に出すことで犯罪が成立するのだから、警察は私たちのコミュニケーションそのものを捜査対象とすることになる」と述べています。おぞましい国民監視社会が、この悪法からはじまります。
携帯電話、インターネットなどの通信をすべて監視する。そんなことできっこないでしょ、と素人が思うことが、すでに可能になっている。問題はそれを合法とするか否かです。
国連のプライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチが「プライバシーを守る適当な措置を取らないまま、法案を通過させる」ことに強い懸念を表明し、安倍政権は打ち消しにおおわらわでした。
これからしばらくのあいだ、悪法が社会をしめあげていく姿を、ありありと見ることになる。日本社会には、自力でこの暴走に歯止めをかける力があるはずと信ずるしかない。

共謀罪と辺野古反基地闘争。山城博治のことばが重い。

今日6月15日、山城博治・沖縄平和運動センター議長は、スイス・ジュネーブで開かれている国連の人権理事会で演説する(6月14日付沖縄タイムス)。
さまざまな集会での発言やインタビューで、自身にかけられた「拘留5ヶ月」という弾圧は、共謀罪の先取りだと告発している。検察は、取り調べでしつように「誰と共謀したか」を問い続けたという。「特定の団体だけではなく、ゲート前で抗議している人々全員を共謀した組織集団としてくくるということだ。辺野古で起きていることが共謀罪の実態だ」という山城の指摘は、重い。
治安維持法下の日本では、「予防拘禁」があたりまえのことだった。山城への5ヶ月の拘留は、予防拘禁でもある。かくも急いで「共謀罪」を成立させたその牙は、まずは沖縄に向かっている。

戦前回帰のゾンビたちと国民監視願望の官僚たちに、多摩の片隅から70老のブーイングを。
国連人権理事会での、山城博治の奮闘に乾杯を。
共謀罪1.jpg2017.6.15朝日新聞朝刊
関連:2017年05月27日、「共謀罪」が衆議院を通過http://boketen.seesaa.net/article/450266619.html
2017年04月08日、共謀罪に反対する日本ペンクラブ…http://boketen.seesaa.net/article/448827422.html
posted by 三鷹天狗 at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: