2017年06月11日

散歩コースの道ばたに咲いている花

さくら、つつじ、バラ…春の主役級の花たちが退場していきました。しかし、主役のかげでひっそりと道ばたに咲く、散歩コースの野の花にも、それぞれの味わいがあります。
野の花1.jpg 野の花3.jpg 野の花63606_.jpg
野の花_065417_.jpg 野の花7.jpg 野の花064915_.jpg
がらにもなく、聖書のあの有名な一節「栄華を極めたソロモンでさえ、この花のひとつほどにも着飾ってはいなかった」が、心に浮かびます。ほんとに自然は精妙です。

足元に咲く花なにか問いたげに 呆け天

5月中旬の早朝散歩でみかけた蝶です。なんじゃもんじゃの木の幹に、しずかに止まっています。羽化したばかりなのか、飛び立つ気配はありません。すきとおるような淡い水いろが印象的です。
蝶3.jpg 蝶1.jpg
散歩コースの脇役たちに、乾杯。

追記:この蝶の名は「オオミズアオ」といい、蛾の一種とのことです。囲碁仲間から教えてもらいました。わたしも名前を検索しようとあれこれ蝶とか蛾とか検索していたら、欧米では蝶と蛾を区別しないというようなことを書いているサイトもありました。(2017年6月21日)
posted by 三鷹天狗 at 09:19| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: