2017年06月04日

沖縄の友人より(31)大規模集会、カヌー隊、早朝座り込み…あらゆる方法で

5.14瀬嵩の浜、5.27ゲート前で、連続して2000人規模の抗議

瀬嵩の浜から出発するカヌー隊が海からの監視と抗議を。キャンプ・シュワブゲート前の早朝からの座り込みが資材搬入阻止など工事の進捗を止めるための抵抗を。
海と陸の両方から、辺野古の新基地を作らせないためのたたかいが続いている。
5月14日には瀬嵩の浜に2200人が結集して「復帰45年県民大会」が開かれた。県内外からの参加者を前に、沖縄選出国会議員団、地元名護の稲嶺市長などが基地建設を止める決意を表明した。韓国から40人の代表が参加し、「韓国で民主的な政権が誕生した。米中対立の軍事緊張ではなく、ともに東アジアの平和をつくろう」とアピールした。
5月27日には「ゲート前県民集会」に2000人が参加した。沖縄選出の国会議員、各地の運動体や県議・市議などがアピール。那覇市議会の金城徹市議は「政府が一番恐れていることは県民の団結だ。歴史が示すように、民衆の非暴力の闘いは必ず勝つ」と訴えた。

@5.27 ゲート前県民集会に2000人。キャンプ・シュワブゲート前を埋め尽くした人波。
Aオール沖縄会議の玉城愛共同代表、ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表などがアピール。
B米軍基地に向かい怒りのこぶし。Cゲート前に座り込むグリーンコリア巡礼団の40人。
D手作りのプラカードを手に辺野古新基地NO!を訴え。E座り込みはもうすぐ3年になる。
@5.27 ゲート前人波.jpg@A5.27 ゲート前.jpgAB5.27 ゲート前怒りのこぶし.jpgB
C5.27グリーンコリア巡礼団.jpgCD5.27 手作りのプラカード.jpgDE5.27座り込みはもうすぐ3年.jpgE
F5.24 キャンプ・シュワブゲート前座り込み。大阪歌声協議会の35人が参加し、歌を披露。
G5.24 テント撤去に抗議して機動隊に詰め寄る。
F5.24大阪歌声協議会.jpgFG5.24 て機動隊に詰め寄る.jpgG
H5.18 大浦湾護岸工事現場での海上抗議行動。陸には軍警、海保、ガードマン、県警。
I5.18 カヌーは二重のフロートを越えて作業現場へ近づく。
H5.18 大浦湾.jpgHI5.18 大浦湾フロートを越えて.jpgI
J5.17 ゲート前集会。午前中の集会の締めとして、トランペットの伴奏で歌う。
K5.17 14人が参加した東京都日野市の9条の会のメンバー。
J5.17 ゲート前集トランペット.jpgJK5.17 ゲート前日野市.jpgK
L5.14 瀬嵩の浜に2200人。「復帰45年5・15平和とくらしを守る県民大会」。
M集会の最後に全員でシュプレヒコール。辺野古埋め立て阻止するぞ!
N集会を終えてデモ行進に移る韓国代表団の40人。
O地元名護市辺野古の島袋文子さんも元気に頑張ろう!
L5.14 瀬嵩の浜に2200人.jpgLM5.14 シュプレヒコール.jpgM
N5.14 韓国代表団.jpgNO5.14の島袋文子さん.jpgO
P5.13 沖縄県立博物館。沖縄と韓国を結ぶ連帯集会
Q5.13 佐喜真美術館。普天間基地の上空写真を前に韓国からの訪問団に説明する佐喜真館長。
P5.13 沖縄と韓国.jpgPQ5.13 佐喜真館長.jpgQ
不屈のたたかいを続ける沖縄のみなさんに、敬意と連帯を表します。
posted by 三鷹天狗 at 08:36| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: