2017年05月24日

沖縄の友人より(30)本土復帰45年。辺野古新基地建設をめぐる攻防。

本土復帰45年・県民世論調査。「復帰良かった」75.5%、「辺野古反対」74.1%。

1972年5月15日、沖縄は本土復帰した。あれから満45年。『琉球新報』が実施した復帰45年県民世論調査によると、「本土復帰をどう思うか」との問いに、「とても良かった」「どちらかといえば良かった」合わせて75.5%、「とても悪かった」「どちらかといえば悪かった」合わせて4.1%だった。
また、「普天間飛行場の代替施設として辺野古の新基地建設をどう思うか」との問いに対して、「普天間撤去」「県外移設」「国外移設」合わせて74.1%、「辺野古に新基地建設すべき」が18%だった。また、就任後2年半を経てあくまで辺野古NO!を貫く翁長知事に対しては、「支持」が66.7%、「支持しない」が19.3%だった。http://ryukyushimpo.jp/news/entry-492150.html
沖縄県民世論の、圧倒的多数が「復帰賛成、基地反対」であり、この世論と翁長県政に対する評価が、ほぼ重なっている。

うまずたゆまず、辺野古新基地反対のたたかいは続いている。安倍政権の暴政に、決して屈しない沖縄県民の意志が、現地で、法廷で、政治・社会・文化のあらゆる場で、繰り広げられている。
@2017.5.12 「復帰45年、基地の島・沖縄の内実を問う5・15平和行進」。沖縄反基地闘争の推進力となっている「沖縄平和運動センター」のたたかい。http://www.peace-okinawa.net/
A5.12 韓国からの参加者40人近くも横断幕を掲げて行進。
B5.12 航空自衛隊那覇基地前を行進する南部コースの人々。
C5.11 沖縄県武道館での平和行進結団式に700人。
@2017.5.12 平和行進.jpg@A5.12 韓国からの参加者40人.jpgA
B5.12 南部コースの人々.jpgBC5.11 結団式に700人.jpgC
D5.10 キャンプ・シュワブゲート前座り込み。工事用ゲート前を埋め尽くした人々。
E5.9 沖縄県庁。平和市民連絡会の「埋立承認撤回」要請文を読み上げる高里鈴代さん。
F5.8 城岳公園。添田さんが「みなさんのおかげで保釈された。頑張り抜く」とあいさつ。
D5.10 キャンプ・シュワブゲート前.jpgDE5.9 沖縄県庁「埋立承認撤回」.jpgEF城岳公園での事前集会.jpgF
G5.2 大浦湾K9護岸建設工事現場での海上抗議行動。フロートの向こうの工事海域では、海保、防衛局の警備船、工事船がひしめいている。
H5.1 キャンプ・シュワブゲート前座り込み。警察が座り込みを排除し拘束している間に、工事車両がゲートを通過する。
G5.2 大浦湾海上抗議行動.jpgGH5.1 キャンプ・シュワブゲート前座り込み.jpgH
I4.29 辺野古ゲート前県民集会に3000人。キャンプ・シュワブのゲート前を埋め尽くした人々。
J4.29 「白紙撤回までともに頑張ろう」と訴える稲嶺進名護市長。
I4.29 辺野古ゲート前県民集会に3000人.jpgIJ4.29 辺野古ゲート前県民集.jpgJ
沖縄のみなさんの不屈にたたかいに、敬意と連帯を表します。
posted by 三鷹天狗 at 08:00| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: