2017年04月05日

桜満開の上野公園に、中学同級生が集う

古希たのし花の上野で浮かれ舞う

4月3日(月)午前11時、上野駅公園口に、齢70・古希を迎えた中学同級生12人(男8人、女4人)が集まりました。2年前に5人が花見をして楽しかった。じゃ私も行ってみたいの声があり、面倒見の良い同級生が幹事役になって、サクサクと段どってくれました。なんと、所用で秋田から上京した同級生まで「いぶりがっこ」のおみやげ持参で登場。晴天、温暖、満開。これ以上ない、花見日和です。
上野花見IMG_20170403_103839_.jpg 上野花見DSC_0380.JPG
現地に着いたら、ブルーシートを敷いて場所取りがしてあります。
「どうしたのこれ!」「朝7時に来て場所取りしたんだよ」
おそれいりました。脱帽です。埼玉在住の彼がそこまでやるとは。
2年前には歩いて通過した花見の中心地に、どっかと座り込んで乾杯、また乾杯。
上野花見IMG_20170403_112033_.jpg 染井桜20160108-2.jpg
ビールだけではなく、「染井櫻」という美しいラベルの日本酒が持ち込まれました。
「どうしたのこれ!」「この開発に、オレも一役かったんだよ」
おそれいりました。なんと同級生の一人が、あの幻の名酒「天の戸」で名高い浅舞酒造(秋田県横手市)に話しをもちこんで、実現した酒だというのです。花のお江戸で、故郷横手の酒蔵が「染井吉野」にちなんでつくった酒に酔う。いやそのうまいこと。これが浮かれずにいられましょうか。
上野花見MG_20170403_112609_.jpg 上野花見MG_20170403_121300_.jpg
それにしても分かったのですが、ブルーシートに座り込んで宴会をしていると、歩いている人たちからの視線を浴びます。無数の花見客がそぞろ歩いて花を見ている、その視線に「宴会している花見客」も入っている。花とセットの「風景」になっているわけですな。
となりで場所取りをしているサラリーマン風の人から、写真のシャッターを押してもらったり面倒みられました。聞くと会社の宴会を夕方からやるために、朝7時からがんばっているのだと。いやはや、それはたいへんだ。20人の宴会予定とのことなので、わが幹事は太っ腹なことに、ブルーシートごと場所をこの人にゆずりました。さすがです。
上野花見IMG_20170403_161926.jpg
1時過ぎに、かねて予約の「酒亭じゅらく」(アメ横入口)の2次会に移動。盃を重ねて談笑、別れがたく3次会のカラオケへ。うたげは夜8時近くまで続きました。のべ約9時間か。秋田人の宴会は長い!

誹風柳多留lrg_13680212.jpg 上野花見MG_20170403_130919_.jpg 上野花見IMG_20170403_130914_.jpg
「酒亭じゅらく」への移動途中で幹事が「これ知ってる?」と指さしたのが、「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」の記念碑。樽のうえで金のアヒルが羽ばたいているという、なんともユニークな記念碑です。へー、こんなのがあったのか、知らなかった。まだできて2年くらいしかたっていない、ごく新しい記念碑です。そうか、ここ上野が江戸川柳の原点「誹風柳多留」発祥の地なのか。

羽のあるいいわけほどはあひる飛ぶ 木綿

金のアヒルのいわれは、『誹風柳多留』の編者・呉陵軒可有(ごりょうけんかゆう)の一句に由来しているそうです。なるほど、いい句ですね。われわれ凡人の人生も「いいわけほどに飛ぶ」ためのジタバタだったのでしょう。
せっかくこんないい記念碑を知ったのだから、わたしも一句。

古希たのし花の上野で浮かれ舞う(呆け天)

いまもむかしも、見る人を酔わせる上野の桜に、乾杯。
何十年たってもうれしなつかし、中学同級生に、感謝の乾杯。
尾藤一泉川柳Blog https://shinyokan.jp/senryu-blogs/issen/186/
2015年04月03日上野公園で花見。http://boketen.seesaa.net/article/416612859.html
posted by 三鷹天狗 at 07:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: