2017年04月02日

沖縄の友人より(26)3月25日、ゲート前で3500人が集会

翁長知事、初めて辺野古現地集会に参加。
山城博治さんが半年ぶりに現地集会に登場。

3月25日、キャンプ・シュワブゲート前で「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」主催の「違法な埋立て工事の即時中止、辺野古新基地断念を求める県民集会」が開かれ、3500人以上が結集した。
山城博治沖縄平和運動センター議長は、不当な保釈条件のため、通常の集会参加ではなく、集会前の発言という形で発言した。「やっと帰ってくることができた。5か月以上にわたる勾留を頑張り抜くことができたのは県内外、全世界からの激励のおかげだ。権力がどんなに襲ってきても決して屈しない」と力強く述べ、熱い拍手を受けた。
就任以来辺野古現地集会に初めて参加した翁長知事は「今日を期して新たな闘いのスタートだ。私は銃剣とブルドーザーで米軍基地がつくられていった米占領下を思い起こす。今辺野古で同じことが行われようとしている。あらゆる県の権限を行使し、埋立承認の撤回を力強く必ず行う。皆さん、チバラナヤーサイ、ナマカラドゥヤイビンドー(頑張りましょう。今からですよ)」と決意を述べた。
沖縄選挙区選出の衆参両院議員をはじめ、沖縄の各界各層が辺野古現地に集結した。翁長知事の発言は、安倍内閣の「翁長知事個人への賠償請求」という、とんでもない反応をひきおこしている。
@2017.3.25 「違法な埋め立て工事の即時中止 辺野古新基地建設断念を求める県民集会」
Aゲート前を完全に埋めつくす
B翁長知事が「闘いはこれから」と檄
C半年ぶりに壇上に立った山城博治議長
D座り込み993日目(4月1日に、1000日到達)
A2017.3.25 県民集会.jpg@@2017.3.25 県民集会.jpgA
B2017.3.25 翁長知事.jpgBD2017.3.25 山城博治議長.jpgCC2017.3.25 座り込み993日目.jpgD

数百人規模の現地集会、海上行動は、うまずたゆまず続けられている。
E3.18 ゲート前座り込み集会。中央に座る島袋文子オバア。
F3.22 座り込み集会。東京から参加の学生たち。
GH3.21 海上行動カヌーチーム。長島付近で作業を監視。
2017.3.18 島袋文子オバ.jpgE2017.3.22 座り込み集会東京の学生.jpgF
2017.3海上行動カヌーチーム.jpgG2017.3.21 海上行動カヌーチーム.jpgH

翁長知事の「今からですよ」という力強い発言に、乾杯。
posted by 三鷹天狗 at 10:06| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: