2016年08月31日

村田沙耶香『コンビニ人間』(「文藝春秋」9月号)

良かった、芥川賞受賞作品にも傑作はある

第155回芥川賞受賞作品です。
主人公の古倉恵子は36歳。大学1年生の時からはじめたコンビニエンスストアでのアルバイトを、今も続けている。
アルバイトの初日、研修で教わったとおりに大きな声で「いらっしゃいませ」と叫んだ時に、「はじめて世界の部品になることができた」と実感した。「私は今自分が生まれたと思った。世界の正常な部品としての私が、この日、確かに誕生したのだった。」
小中高と、まわりとの関係、家族との関係がいまひとつしっくりいかない「変人」ポジションにいた女の子が、コンビニのマニュアル通りの表情、動作、発声をしてみたら、カチリと社会にはまった=正常な部品になったと感じた。
それから18年、コンビニのアルバイトとして機嫌良く働いている恵子に、さまざまなプレッシャーがかかってくる。
まともな就職は?恋愛は?結婚は?
賢い妹に教えられた「体調が悪くて」という言い訳ひとつで、世間は納得してくれていた。
ところが、アルバイト仲間としてあらわれた白羽という30代男性の言動が、恵子の暮らしに微妙な変調をもたらし始める。
自分もその一員であるコンビニのアルバイトに「終わっている」「底辺」「恥ずかしくないのか」などあらゆる呪詛をなげかける。遅刻する、仕事できない、女性客のストーカーになる。ダメ人間の見本のようなこの男を、恵子は放っておけなくなる…。

いやはや、傑作小説です。
選者のひとり小川洋子は「社会的異物である主人公を、人工的に正常化したコンビニの箱の中に立たせた時、外の世界にいる人々の怪しさが生々しく見えてくる」と評しています。さすが、ふつうの人間の中にひそむ「怪しさ」を書き続けている作家です。本作の核心をずばりと言い表しています。

呆け天はここのところ連続して芥川賞受賞作品をつまらないと感じ、もしかしていまどきの小説を読む感性が鈍くなっているのかと、少し心配にもなっていました。
ほっとしました。こういう傑作小説が現われる。芥川賞=つまらない小説という等式は、崩れました。

著者本人もかなりユニーク

著者の村田沙耶香自身が、コンビニ店員として今も働いている。これに目をつけたセブンイレブンが、コンビニでサイン会を開く、といったこれまでの文学作品にはなかった展開もおきているようです。
こういうニュースも楽しい。
芥川PhotoScan.jpg芥川賞PhotoScan.jpg
                            朝日新聞8月30日掲載
芥川賞受賞なのに、抜群におもしろい小説の誕生に、乾杯。
文藝春秋 2016年 09 月号 [雑誌] -
村田沙耶香『コンビニ人間』(「文藝春秋」9月号)950円
関連:2016年02月29日、青山文平『つまをめとらば』http://boketen.seesaa.net/article/434330174.html
posted by 三鷹天狗 at 09:30| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: