2016年03月31日

数十年ぶりに「原爆の図 丸木美術館」を訪ねる

3・11を描く美術家の力業に見入る

ほんとうに久しぶりに「原爆の図 丸木美術館」を訪ねました。前回の訪問はたぶん37〜8年前です。
数十年ぶりに丸木夫妻の作品の前にたつと、宇宙の広がりの前で立ちすくむ子どものようになってしまう。言葉もなく、途方にくれてしまう。丸木夫妻の、原爆の図の一連の作品こそ、人類の遺産というべきだろう。人間が、どんな悪業をおこなうものであるか。だれも直視したくないそのことを、真正面から見据え、絵画として表現した。恐ろしいまでの芸術の力です。

いま丸木美術館では、3・11を描いた画家たちの作品を企画展示しています(3月5日〜4月9日)。 
「光明の種 POST 3・11」と題した5人の作家(安藤栄作、石塚雅子、白濱雅也、半谷学、横湯久美)の作品。
もうひとつは「牧場 山内若菜展」。
新聞・TVで企画を知り、ああ、それこそ丸木夫妻の遺志を継ぐひとたちの仕事だなと感じたので、見にきました。
「美術家は、同時代の空気の渦中にいて見えざるものをまさぐり、その混沌の先に見えるものに形を与える役目を負っています」(「光明の種」企画主旨より)。
とうぜん撮影不可ですし、美術作品を文章で伝える技もありませんので、案内チラシを貼ります。
Scan0002.jpg Scan0001.jpg
山内若菜の作品は、みえない放射線を可視化し、放射能に「殺されてしまった牧場」を描くという意欲的な作品で、まさに丸木美術館で展示されるのにふさわしいものでした。
5人の作家の作品も、それぞれに意欲的で、破滅・破局のなかから人間は新たな歩みを始めるというメッセージを感じました。こうした志をもつ画家たちがいるという、そのことが嬉しい。美術が好きで、原発事故に怒りを感じている者には、深く共感できる企画です。
Scan0003.jpg Scan0004.jpg
進化する美術館。地域に根づいて。
東松山駅はずいぶんカッコいい駅ですね。ノーベル賞の梶田さんの出身地らしい。循環バスが1〜2時間に1本でています。駅からバスで15分、人里離れたという感じのところに美術館はあります。
丸木20160330110318.jpg 丸木20160330105938.jpg 丸木20160330113726.jpg
こんな辺鄙な場所に作られた美術館が、よくも50年以上も存続してきたものです。
アプローチには丸木俊、位里、スマ(位里の母)の彫像が微笑んでいます。
丸木20160330113802.jpg 丸木20160330113815.jpg 丸木20160330113840.jpg
建物は、たぶん数十年前よりは増築されています。奥行きがでました。
丸木20160330113908.jpg
2階には夫妻の仕事場が再現されています。窓から、夫妻が愛した都幾川(ときがわ)が見えます。敷地内の桜が、あと数日で咲きそうな気配です。
丸木20160330115558.jpg 丸木20160330114109.jpg
この美術館は、多くの人に愛され、進化していると実感しました。

丸木美術館の存続と進化に、乾杯。
3・11以降の日本の「見えざるもの」に形を与えようとする美術家たちに、乾杯。
posted by 三鷹天狗 at 21:50| Comment(0) | 水彩画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: