2017年08月02日

高校野球、東京予選準決勝を初体験する

「準決勝がいちばん面白い」と熱く語る高校野球通にぶらさがって

高校野球地方大会東京予選は、東地区が二松学舎大付、西地区は東海大菅生が勝者となり、清宮の早実が決勝で敗れたことが大きなニュースになりました。清宮フィーバーで、西地区決勝には3万人以上入ったそうで、あいかわらず高校野球は人気がありますね。
2週ばかり前の居酒屋談義で、話しが高校野球や清宮選手におよんだ時に、飲み仲間のAさんが「今年も神宮球場に準決勝を見に行く」という。今年も、ということは以前から行っていた。
Aさんは、自分も還暦まで草野球チームでプレーしてたというほどの野球好き。プロ野球はアンチ巨人、巨人以外で優勝しそうなチームを応援する、なので今年は広島。高校野球は神宮球場で、西東京か東東京の準決勝のうち面白そうなカードがある方を観戦するというのを何十年もやってきた。府中球場の予選もいくつか見るが、なんといっても地方大会の花は準決勝だという。
力があるチーム同士なので接戦になる、優勝に手が届く寸前という緊張感、やがてプロ野球で活躍するような選手が何人かいて目を見張るようなプレーを見せる、それを自分がみつける喜び、そんなに混まない…。
今年は、もし早実が準決勝に進んだら混むので西地区は敬遠し、東地区の準決勝を見に行くという。なるほどなあ。そこまで考えて見に行くのか。いちどぶらさがって行ってみるか。
神宮球場.jpg
ということで7月27日(木)東地区準決勝の2試合、東海大高輪台×東亜学園、二松学舎大付×関東第一を観戦しました。
チケットは並ばずに買え、Aさんがいつもそこで観戦するというネット裏最上階のひさし付きの席で観戦です。見晴らし最高です。意外なことに外野席には人を入れていません。
「外野が埋まるほど客が入るのは清宮がでるときくらい。明日の西地区準決勝は早実だから外野まで入れる、もし早実が決勝に進んだら満員になるんじゃないの」
これぜんぶそのとおりになって、準決勝では1万7千人、決勝では3万人以上入ったというのですから、事情通というのはすごいものです。
まわりのお客さんも、どこかのチームを応援するというのではなく、純粋に試合そのもの、はつらつとしたプレーを見るのを楽しみにきている雰囲気です。

東海大高輪台×東亜学園でめだったのは、東海大のブラスバンドの豪華さ。ほかのチームのホルンは1〜2台ですが、東海大は6台がきらめいて、低音の迫力がただごとではない。選手の体もなんだか東海大のほうが大きく感じられ、試合も5‐3で勝ち。東亜も小技のきいたプレーをみせるいいチームと思ったのですが、ノーシードで勝ち上がった東海大の勢いに押されたようです。
二松学舎大付×関東第一はなんと7回コールド8-1で二松学舎大付の勝ち。二松学舎大付は、1回の裏に先頭打者がヒットで出ても、2番打者がバントのそぶりも見せない。
「へえ、いまどきの高校野球はバントをしないの?」
「バントしないチーム、けっこうあるよ。なにもアウトひとつ献上する必要ないという考えの監督が増えてる」
連打でみるみる間に4点が入る。関東第一の高橋というピッチャーは140キロ台をビシビシ投げ込むのだが、二松学舎大付はひるむことなくがんがん打っていく。いいですねえ、これぞ高校野球です。
途中、わたしがトイレにいっているちょうどその時に、関東第一の石橋がホームランを放つという間抜けなこともありました。残念。
二松学舎大付先発の市川が7回6安打1失点におさえ、打線は関東第一の二人目のピッチャーも打ち崩して8対1のコールド勝ち。まさか、こんな大差がつく力関係のチームとは見えませんでしたが、高校野球はこわいですね。市川も高橋も、プロが注目しているピッチャーみたいです。

帰りは、信濃町駅近くの「森のビアガーデン」でお疲れさまの一杯。野外で飲むビールとバーベキューは最高です。年寄り二人には多すぎないかなど心配したバーベキューセットをあっさり平らげ、今見てきた野球プラス囲碁談議で大いに飲みました。

高校球児のはつらつプレーに、乾杯。
貴重な、高校野球地方大会準決勝体験に、乾杯。

関連:2016年08月11日、甲子園初体験。平和だなあ。http://boketen.seesaa.net/article/440947686.html
続きを読む
posted by 三鷹天狗 at 08:52| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする