2017年06月13日

北欧女子オーサ、剣道を体験する

スウェーデン人が、日本でプロの漫画家として活躍する日がきた

朝日新聞土曜日beに「北欧女子オーサの日本探検」が連載されている。6月10日にはなんと剣道着姿のオーサがとびこみ面の稽古をしている写真が載っています。いいなあ。
「すり足」がいかにむずかしいか。だいたい、日本武道のナンバ歩き(右手と右足が同時に前にでる進み方)は、日本人にとってもむずかしいくらいでしょう。こうやって剣道体験をひろめてくれる熱意に感謝です。
オーサ剣道1.jpg6月10日「朝日新聞」be
連載は1年ほど前からはじまり、月に1〜2回のペースで掲載されています。食品サンプル、占い、舞妓など、いかにも北欧・スウェーデンの若い女性には珍しいに違いない場に行ったり、変わった体験をする。記事は担当記者が書き、オーサは4コママンガを一点描くというスタイルです。

この連載で初めて知ったオーサという人のマンガを読むと、じつに、日本のマンガやアニメの吸引力に驚かされます。
13歳のときに日本のアニメ「セーラームーン」に出会い、人生が変わる。スウェーデンでマンガを描きはじめ、やがて来日しデザイン専門学校に入学する。専門学校に在籍しながらブログにアップした4コママンガがすこしずつ評判になる。出版の声がかかり、2015年に発売したら大人気。あっという間に3巻まででる。2016年から朝日新聞での連載がはじまる。
北欧に生まれた少女の、とんでもない人生の変転が、日本のマンガ・アニメとの出会いからはじまった。
オーサの友だちがスウェーデンから遊びに来ると、かれらがまず行きたいのがジブリ美術館。オーサは、海外の日本アニメファンにとってのジブリ美術館は、日本人にとっての神社にあたると、分かりやすくマンガにしています。

『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』(1〜3巻)では、マンガの聖地・日本での暮らしのワクワク感と違和感が、いかにも若い女性の感覚で軽やかに表現されています。
第1回目の、ラフな線、手書きのふきだし文字、「てにをは」や丁寧語が微妙にあやしい、そのあやしさが魅力的な作品を、今でもオーサのブログで読むことができます。回をかさねるごとに、絵がうまくなり笑いのとりかたが上達してくるのが、古い順で読むとくっきり分かります。
ふとんは毎日畳んでしまうものであることを知らず、敷きっぱなしでかびだらけにしてしまう。障子にはつい穴をあけてしまう。相撲、寿司、寺院などの伝統文化より女子高生の制服、ポッキー、国会議事堂などにつよく惹きつけられる…。文化・文明論ではなく、手ざわり肌ざわりの日本ウオッチングが新鮮です。
日本人は、外国人の日本ウオッチングを読むのが大好きですが、本書がこれまでのものと決定的に違うのは、本人が4コママンガを描いていることです。完全に日本の4コママンガの文法・作法をふまえ、ギャグやオチがきまっています。みごとな、プロの技術です。
ついにここまできたか。これからは、きっとどんどん後続がでてくるにちがいない。

スウェーデンと日本の対比もおもしろい

オーサの日本観察もおもしろいが、日本との対比で語られるスウェーデンの話もおもしろい。
スウェーデンは日本より物価がたかい。モノにもよるが、たとえば豆腐は日本の20倍。
スウェーデンは公衆トイレが充実していない、きたない。日本は公衆トイレが多く、清潔。
スウェーデンには敬語がない。1960年代にやめた。そんなことってありうるのかね。
スウェーデンでは酒の販売に厳しい規制がある。自販機でビールが買える日本が不思議。
スウェーデン人は少なくとも8時間は眠るし、オーサは10時間寝たい。日本人が6時間くらいの睡眠で平気のようなのが不思議。これには不足分は通勤電車でおぎなっているみたい、というオチがつく。
スウェーデンからやってきたオーサのともだちのヴィーガンの話も興味深い。ベジタリアンの徹底したもの、完全菜食主義、菜食原理主義という感じのものらしい。ふーむ。

北欧女子オーサが、日本のプロのマンガ家として登場したことに敬意を表して、乾杯。
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) -  北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (2) (メディアファクトリーのコミックエッセイ) -  北欧女子オーサが見つけた日本の不思議3 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) -  
オーサ・イェークストロム『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』(1〜2巻)、KADOKAWA、2015年、1000円+税。『同』第3巻、2017年、1100円+税。
関連:北欧女子オーサのブログhttps://ameblo.jp/hokuoujoshi/
2017年02月09日、マイケル・ブース『限りなく完璧に近い人々』http://boketen.seesaa.net/article/446819862.html
2016年04月05日、斎藤環著『オープンダイアローグとは何か』(1http://boketen.seesaa.net/article/436223624.html
posted by 三鷹天狗 at 08:32| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする