2017年06月08日

2ヶ月過ぎてから、清水ミチコのライブ芸が分かる

小池百合子あいうえお(by小田嶋隆)

「新潮45」6月号に、小田嶋隆の「『小池劇場』はポピュリズムの悪魔結合である」という、小池都政についての評論が載っている。タイトルの「悪魔結合」というのは、小池百合子が、小泉純一郎流の「ワンフレーズ」政治と、橋下徹流のマスコミ操作術を結合させた巧妙な世論操縦で、異常に高い支持を得ているという意味です。
このなかで小田嶋は、小池百合子の政治は「あいうえお」であらわせるといいます。
ざとさ
かがわしさ
さんくささ
げつなさ
しつけがましさ
あまりにもピッタリ小池百合子をあらわしていて、笑ってしまいます(橋下徹も同じですが)。

これを読んだときにありありと浮かんできたのが、「清水ミチコひとりのビッグショー」の小池百合子のモノマネでした。
清水のショーでは冒頭に「携帯電話は切っておく、ビデオ撮影禁止」というような注意を、清水のモノマネビデオでやります。ライス国務長官とか北朝鮮の女性アナとか、ぶっとぶしかないみごとな芸で、客に警告する。YouTubeでみることができます。
わたしが見た日は小池百合子でした。狸顔のメークで登場、つぎつぎと英文のフリップをだし、上から目線でねっとりと警告したあと、タメをつくり「拍手は?」とおどす。
会場は大爆笑で、わたしもゲラゲラ笑っていましたが、清水が小池のなにを抽出しているからこんなに可笑しいのかが、いまひとつ分かっていませんでした。たとえば、女性政治家でいえば田中真紀子のモノマネは清水の得意芸で、ごうまん、苦労知らず、攻撃性、早口などが分かりやすく表現されます。
それに比べれば、小池のものまねには、ストレートな分かりやすさはありません。なのに可笑しい。そのわけが、小田嶋のいう「あいうえお」だと分かりました。粘りつくようなことば遣い、つくりわらい、慇懃無礼な上から目線…あざとく、いかがわしく、うさんくさくて、えげつない。最後に清水が「拍手は?」と強要したのは、まさに「おしつけがましさ」で締めたわけです。
なるほどなあ。2ヶ月もたって清水のライブ芸がわかるというのも情けないが、あの日の笑いがストンと腑におちました。

清水ミチコ「ひとりのビッグショー」を初体験

前々から観たいと思っていた清水ミチコのライブを、3月22日(水)昭和女子大学人見記念講堂で初体験しました。
青汁コマーシャルのパロディ、実弟との共演、芸歴30周年を祝って著名人が清水に「降りて」きてお祝いするがすべて自分のことしかしゃべらない…盛りだくさん、かつ映像とのコラボなど技法も多彩で、圧倒され、大いに楽しみました。
残念だったのはメインの「作曲法」モノマネに、まるでついていけなかったこと。唯一聞いたことのあるグループ名が「ミスチル」(曲は聞いたことがない)で、「ダンダン」でやけに受けていた。グループ名さえ聞きとれないものでは音が止まる「…」で会場が沸く。しかし、名前もしらない一度も聞いたことがないグループの「作曲法ものまね」では、わたしは笑えない。そうか、もはや清水ミチコのライブを楽しむ時期は過ぎたのか、という詠嘆とともに会場をあとにしたのでした。
ということでブログにも書きそびれていましたが、小田嶋の文章を読んで、やっと書けました。これからは、CDや本で楽しむだけにします。

進化し続ける清水ミチコに、乾杯。
清水みちこ.jpg
「清水ミチコひとりのビッグショー」3月22日18:30〜、昭和女子大学・人見記念講堂
関連:2013年06月28日、清水ミチコ「主婦と演芸」http://boketen.seesaa.net/article/367729016.html
posted by 三鷹天狗 at 08:33| Comment(0) | 音楽・演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする