2017年06月23日

佐藤優『秩序なき時代の知性』

人権の対義語(反対語)は神権。初めて知りました。

佐藤優が、5人の若い論客と対話した一冊です。<哲学>國分功一郎、<経済・働き方>木暮太一、<法>水野祐、<福島・原発>開沼博、<歴史>與那覇潤の5人。それぞれに刺激的な内容で、佐藤優の関心領域の広さ、知識の深さに、いつもながら圧倒されます。
タイトルの「秩序なき時代」は、トランプ政権の誕生に象徴される世界の混沌・流動状況のこと。混沌期には自分のアタマで考え抜く知性がなによりも大切。佐藤優が、期待する若い知性と相互に触発しあうという内容です。

とくに「へぇーッ」と思わされたこと2点。
1、人権の対義語(反対語)は神権
水野祐(弁護士、1981年生)との対話で、佐藤が「『人権』の対義語はなんだと思いますか」と振る。
水野「…何でしょう。とっさに出てこないです。」
佐藤「神学の観点からいうと『神権』です。瞬時に答えられる日本人はなかなかいないと思いますが、ヨーロッパ人なら即座に答えられる…」
中世までのヨーロッパでは、神が圧倒的な主権を持っているという前提だった。人間は原罪を持っているから悪人で、地位がものすごく低く、権利などないも同然だった。しかしその後、人は実証できない神を信じられなくなって、神にだけあった権利が人間に移譲されていく。誰もが神の権利を持っていると考えるようになった。
「ゆえに『人権』は譲りがたいものであり、主権であると。そういう流れで人権の概念は生れた」
人権の思想が容認されたところでは民主主義が広まった。
「ところが相変わらず神権思想が主流の地域もある。それがアラブ地域です。」「神権思想が主流の国には人権はありません。人間の生き死にを含めすべての権利は神様が持っている。」
なるほどなあ。
戦後に生れ、民主主義教育をうけて、基本的人権=一人一人の人間が個として尊重される、ということを自明のこととして信じてきた。人権の対義語なんて考えたこともなかった。「人権の対義語」という切り口で、自明のこと、疑う余地がないと信じてきたことの根底を問い直してくる。
佐藤優は『私のマルクス』(2007年、文芸春秋)で、同志社大学神学部で学ぶ向坂協会派という、若き日の思想的出自を率直に語っています。神学については、他の著書でも繰り返し触れていますが、わたしはそこだけスルーしてきた。意味分からないので。今回はのがれようもなく、強烈にねじ込まれました。
神権が人間に移譲されて発生したのが人権だったのか。逆からいえば、人間が神から権限を奪いとったわけだ。イスラム教には「権限移譲」を阻む装置が埋めこまれているんだろうな、きっと。それとも、イスラム教にもキリスト教と同じながれがやってくるのか…。果てしなく問いが湧いてくる。

2、佐藤優は原発容認派
開沼博(福島県在住の社会学者、1984年生)との対話では「左派的なパッケージ思考」に厳しい批判を浴びせ、原発容認派であることを語っている。(私が知らなかっただけで、佐藤は原発容認派・公明党擁護派として、「左派パッケージ論壇」から嫌われているらしい。)
本書では佐藤の原発容認論はわずか数行しか言及されていない。「元外交官なので、原発がもつ核抑止力を無視した形で国際政治を議論するのは良心に反する」という。つまり、日本には数ヶ月で核兵器を作れるだけの技術的な蓄積がある、それが東アジアの力の均衡にとって必要なんだ、という意味でしょうね。
エマニュエル・トッドは『グローバリズム以後』(朝日新書、2016年)で、あっさりと「中東が不安定なのはイスラエルだけに核があるからで(イランも持てば安定する)、東アジアも中国だけでは安定しない。日本も持てばいい」と語っている。これは2006年のインタビューの発言で、インタビューした朝日の記者が驚いて「日本ではそれはありえない」とムキになるのに対して「核兵器は安全のための避難所。核をもてば軍事同盟から解放され、戦争に巻き込まれる恐れはなくなる。ドゴール主義的な考えです」と切り返している。
呆け天など、半世紀にわたる反核・反原発信者ですから、トッドのこういう発言とか、佐藤優の発言など、とても飲みこめるものではありません。しかし、これだけ面白いことを書いている論客が、二人ともこういうことをいうからには、聞きたくないではすまない問題なんでしょうね。
開沼が、原発容認か否定かにかかわらず、いま廃炉のためにやるべきことという一点で、知恵と労力をだすべきだ、事実を無視した「おのれの正義」をふりまわして「フクシマは人が住めない」などと言いまわる人たちは、福島にとって害毒でしかないと語ることばに、わたしも同意します。わたしの親しい友人も数人、福島に住んでいる。
それにしても「再生可能エネルギーの教祖みたいな顔をして3.11前から私腹を肥やしてきた人間が、ここぞとばかりに惨事に便乗してきました」と開沼が憎しみをこめて語る人間って、誰のことなんだろう。

複雑怪人・佐藤優が、ますます面白い。

沖縄関連の論者のなかにも、佐藤優をこころよく思わない人がいるみたいで、「母親が久米島出身だからといって沖縄人として発言するのはけしからん」というような文章をどこかで目にしたことがあります。
佐藤は、原発、辺野古基地、靖国参拝、夫婦別姓などの問題は、ひとつひとつ異なる視点で語られるべきなのに、左派も右派もパッケージになってしまっている、それではダメと力説します。
うーむ、私などはさしずめ左派パッケージの人間ということになるし、原発・核兵器について佐藤優やトッドの言い分に賛成することはまずないだろう。しかし、彼らの著作が魅力にみちていることは確かです。複雑怪人・佐藤優の、毒グモの糸のような言説にからめとられる快感は捨てられない。

佐藤優と、5人の俊秀に、乾杯。
秩序なき時代の知性 (ポプラ新書) -
佐藤優『秩序なき時代の知性』ポプラ新書、2016年、800円+税。
関連:2014年12月14日、池上彰・佐藤優『新・戦争論』http://boketen.seesaa.net/article/410615965.html
2016年06月19日、國分功一郎『民主主義を直感するために』http://boketen.seesaa.net/article/439128234.html
2015年07月25日、『福島第一原発事故7つの謎』http://boketen.seesaa.net/article/422940747.html
posted by 三鷹天狗 at 08:59| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

1局3秒、1日3万局の自己対戦ーアルファ碁は「神の一手」に近づく

もはや、人間のトップ棋士より3子強い?

囲碁ファンにとって衝撃だったのは、2016年3月に、韓国のトッププロ棋士・李セドル9段がAI(人工知能)アルファ碁と対戦し、1勝4敗で敗れたことでした。
チェスや将棋でコンピュータが勝ったといっても、囲碁で勝つにはあと何年もかかる、囲碁はそれだけ奥が深いというようなことを、囲碁雑誌はトクトクと書いていたし、純朴な呆け天など「そうなのか」とアタマから信じていました。それがあっさりアルファ碁に負けるとは!
そして今年5月23〜27日、現在世界最強といわれる中国のプロ棋士・柯潔が3連敗した。柯潔は「アルファ碁にはつけいるスキがなかった」と、完敗を認める談話を発表しています。
shukan-go170612.jpg
この結果をうけて、アルファ碁を開発したディープマインド社は、囲碁の世界から引退すると表明した。他の、社会的に重要な課題に向かうためというのが公式の説明だが、呆け天はそうではなかろうと思います。これ以上やると、人間から「囲碁の楽しみ」を奪うことになりかねない、「プロ棋士」という職業の人たちから仕事を奪いかねない、というのが「囲碁からの引退」の理由だと感じます。

週刊『碁』2017年6月19日号で、ディープマインド社が公開したアルファ碁の「自己対戦譜50局」の連載がはじまりました。
記事の冒頭に、アルファ碁は「自己対戦」で、1局3秒の碁を、1日3万局、打ち続けると書いています。1手3秒ではない、1局3秒です。囲碁はだいたい1局200手くらいですから、1手0.015秒でうつわけです。そして1日3万局。これを1年続けたら1千万局以上です。
「あくまでも統計上」とことわりながらですが、ディープマインド社は「昨年の李セドル戦のときより3子強くなっている」という。それなら、柯潔が3連敗するのは当然です。
プロ棋士の世界では、きのう初段になったばかりの新人も、9段のトッププロと互先(ハンディなし)でうちます。2子置くなどという手合いは考えられない。置いた方が必ず勝つ。そういう天才たちが争っているのが、日本、韓国、中国のプロ棋士の世界です。
それらのトップ棋士より「3子強い」のであれば、もはや「神の領域」です。
むかし藤沢秀行は、われわれの打つ手など「神の1手」にくらべれば赤子のようなものと語っている。アルファ碁がこのまま自己対戦を3年5年と続け、「最適解」を求め続ければ、やがてトッププロが3子おいても5子おいても勝てない領域に入り、プロ棋士の存在意義そのものが消滅する。そういう恐ろしいことがおきるということです。
ディープマインド社の「囲碁の世界からの引退」を歓迎します。
わたしも、アルファ碁の棋譜をならべて「人間ならぬ一手」の妙味を、安心して楽しみます。

シンギュラリティは、ほんとにくると実感

世の中では「シンギュラリティ」(特異点。人工知能が人間を超える日)の議論がさかんです。
わたし、今回の一事をもって、ディープラーニング(深層学習)する機能をもった人工知能は、やすやすと人間を超えるということを認めざるを得ない。
休憩もない、逡巡もない、神速で最適解につきすすむAIの能力恐るべし。
そういえば、養老孟司は「人間は考えたことは必ず実現する。全知全能の神を考えてしまったのだから、全知全能の神を実現させる。そこで現人類は御用済みになる」と言ってたなあ。
ディープマインド社はグーグル傘下の会社だそうです。グーグルよ、人間を滅ぼすことのないような枠組みの議論もちゃんとしてくれ、頼むよ。

アルファ碁の、囲碁世界からの引退に、乾杯。

関連:2015年01月05日、養老孟司・阿川佐和子『男女の怪』http://boketen.seesaa.net/article/411822450.html
2016年10月16日、奥泉光『ビビビ・ビ・パップ』http://boketen.seesaa.net/article/442845147.html
posted by 三鷹天狗 at 09:36| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

沖縄の友人より(32)現地でも法廷でも、安倍の暴政と対峙する

翁長知事、7月に「工事差し止め訴訟」提訴の方針

6月7日、翁長知事は記者会見で「県の岩礁破砕許可を得ずに防衛局が埋め立て工事を進めるのは県の漁業調整規則に違反しており、違法」だとして、工事差し止め訴訟を提訴する方針を明らかにした。同時に工事中止を求める仮処分申請を行なう方針だ。6月定例県議会に議案を提出し、7月14日予定の県議会最終日に採択されれば直ちに提訴するという。
辺野古現地の工事阻止のたたかいと、沖縄県が国を相手取っておこす訴訟や異議申し立てがあいまって、沖縄は安倍ブラック政府と対峙している。現地では、機動隊の暴力的な排除に抗して、ねばり強く座り込みが続いている。

@A2017.6.10 キャンプ・シュワブゲート前に1800人が結集し、「辺野古新基地建設阻止!共謀罪廃案!6.10国会包囲行動と連帯する辺野古現地集会」が開かれた。共謀罪の刃は、まず沖縄の市民運動に向けられている。
O17.6.10 キャンプ・シュワブゲート前集会.jpg@N7.6.10 キャンプ・シュワブゲート前.jpgA
B6.7 ゲート前座り込み集会。アメリカ先住民・ラコタ族の教えを説明するアメリカからの参加者。
C6.6 ゲート前。警察車両と機動隊の壁の中に拘束され、資材搬入に抗議の声をあげる。
D6.4 白梅学徒の足跡をたどる八重瀬ピースウォーク。元白梅学徒の中山きくさん。
M2017.6.73002アメリカ先住民.jpgBL017.6.6 ゲート前座り込み集.jpgCJ17.6.4 白梅学徒の足跡.jpgD
E6.3 ゲート前座り込み。囲い込みの中から、声を張り上げて、ダンプによる砕石搬入に抗議。
F6.3 ゲート前座り込み。沖縄市・北谷町の島ぐるみがアピールと歌。
G6.3 無理が通れば道理が引っ込む、とのことわざ通り、違法・不法を繰り返す安倍。
D017.6.3 ゲート前座.jpgEE2017.6.3 ゲート前座り込み北谷町の島ぐるみ.jpgFG2017.6.3 ゲート前座り込.jpgG
H6.3 那覇市自治会館で開かれた裁判闘争報告集会に250人。訴える山城博治さん。
I6.3 「今こそ立ち上がろう」を声の限り歌う稲葉さん、添田さん、山城さんなど登壇者。
I17.6.3 那覇市.jpgHH017.6.3 裁判闘争報告集会.jpgI
J5.31 ゲート前、雨のためテントに移動。「沖縄の闘いに連帯する東京南部の会」の女性。
K5.31 大浦湾の埋め立て工事の問題点を詳しく述べる奥間政則さん。
L5.31 知念昭則八重瀬町議が「沖縄県は取締船を出して防衛局の違法工事を取り締まれ」と訴え。
@2017.5.31 る東京南部の会」.jpgJA2017.5.31 キー奥間政則.jpgKB17.5.31 キャンプ2知念昭則八重瀬町議.jpgL

追悼、大田昌秀さん。学者として、政治家としての軌跡に敬意を表します。

6月12日、元沖縄県知事の大田昌秀さんが亡くなられた。享年92歳。1990年の県知事選で当選し、2期8年にわたって米軍基地・自民党政府と対峙した。普天間基地返還合意をかちとり、辺野古への移設は拒否した。大田県政の挑戦は、現在の島ぐるみのたたかいに大きな教訓を残した。
学者として、政治家として、沖縄の苦難を一身に引き受けて発言し行動した人生に、心から敬意を表します。『沖縄のこころ 沖縄戦と私』(岩波新書 1972年)は、わたしの沖縄入門書でした。
posted by 三鷹天狗 at 07:56| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする