2017年05月31日

町田で、横尾忠則展と木村巴個展をみる

横尾忠則展、撮影自由という解放感あふれる展示、さすがです。

5月9日、町田市民文学館で開かれた「本の雑誌厄よけ展」を見に行った日に、少し足を伸ばして町田市立国際版画美術館を見学しました。
これが思いもかけないほどすばらしかった。
まず横尾忠則の作品展。われわれ世代にはなんとも懐かしい。毒々しい色彩の、見せ物小屋のいかがわしさが匂うようなポスター。50年前、映画・演劇のアンダーグラウンドなエネルギーを解き放つかのようにきらめいていた。シルクスクリーンなど、あらゆる技法で表現された数百点の作品が並んでいる。
そしてなんと、自由に写真撮影していいというのだ。フラッシュはだめ、シャッター音が他の客の迷惑にならないように、ということだけ配慮して、あとは自由。さすが横尾忠則、精神の自由さが違うなあ。いまや国際的な芸術家と評価されているのにぜんぜん偉ぶらない姿勢に敬服します。
美術展で撮影自由というのは、ここ数十年記憶にない。アマチュアの作品展ですら撮影禁止だったりする。過剰な著作権意識が「見せてやる」感ただよう展覧会になる。ばっかじゃなかろか。見に来ていただいてありがとうございます、人の目に触れてこその「表現」です、という「見せ物」の原点がこの横尾忠則展にはあります。
横尾忠則エライッ!町田市立国際版画美術館、立派!
過剰な「撮影禁止」の風潮に、風穴をあけるすばらしい展覧会です。
横尾4.jpg  横尾2.jpg

たまたまやっていた木村巴個展。これがおどろくほどすばらしかった。

たっぷりと横尾ワールドにひたって一階におりると、「市民展示室」というコーナーで、木村巴というたぶん町田在住と思われる画家の個展をやっています。ま、ついでにと思って入ったら、これがなんと、3・11東日本大震災をテーマにした、どこでも見たことのない、すばらしい作品群です。わたしが知らないだけで、きっと知る人ぞ知るといったプロの画家なんでしょう。
見学のおばさんたちが絵と一緒に記念撮影しているゆるーい雰囲気なので、受付に聞いたら、こちらも撮影は自由です。すばらしい。私の携帯の写真ではとても伝えきれないのですが、大震災の津波のまがまがしい情景と、未来に向かう少女のすがすがしい表情が一枚の絵におさめられている。絶望と、希望が、一枚の絵に凝縮されている。あの大震災を正面から見据えた、こんなにもすばらしい絵があったのか。感動しました。
木村巴MG_20170509_130130_.jpg 木村巴IMG_20170509_130246_.jpg
さらに奥には「憤怒」と題された連作4点。これは第29回全国絵画公募展IZUBI(伊豆美)で、大賞を受賞した作品という。
奇妙な作品です。テーブルにがっと手をついた爺さんが、全身から怒りのオーラを発している。新聞の切り抜きの見出しは、原発やら、安保法制やら、沖縄やら、安倍ブラック政権が狂奔する悪政に関するもののようだ。
憤怒.jpg 木村憤怒.jpg 
わたしにはこの絵の解説はできない。つい最近、雁屋哲(『美味しんぼ』原作者)のブログに、微に入り細にわたった、この作品の鑑賞がのっています。すばらしい内容なので、のぞいてみることおすすめします。「雁屋哲の今日もまた」 http://kariyatetsu.com/blog/1912.php

やるなあ町田市。多摩地区の、もう一つの中心になってもおかしくない。

市民文学館という建物も珍しいと思いますが、市立の版画美術館というのも、他に例がないのでは。とんがってるなあ。町田は、神奈川のような東京なような、微妙な場所にあります。立川や八王子という中央線メインストリームの町とは違った個性を主張したいという、独自の欲求を感じました。
こんな大胆な文化発信力があるなら、多摩地区の、もう一つの中心になってもぜんぜんおかしくない。ここに大きな吸引力をもった空間が成立することは、東京にとって明らかにいいことと感じます。

町田市立国際版画美術館の、解放感にあふれる展示、太っ腹な運営に、乾杯。
横尾5.jpg 横尾6.jpg
横尾忠則 HANGA JUNGLE 2017年4月22日〜6月18日、町田市立国際版画美術館。http://hanga-museum.jp/exhibition/schedule/2017-333
木村巴第4回個展 2017年5月9日〜14日、町田市立国際版画美術館市民展示室。 
posted by 三鷹天狗 at 08:42| Comment(0) | 水彩画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする