2017年05月27日

「共謀罪」が衆議院を通過

「戦争は国会から始まる」ということばが、どんどん現実味をおびる

5月23日、「共謀罪=現代の治安維持法」が衆議院を通過した。
もはや日本の政治は、安倍ブラック政権の暴走を止めるどんな手立てもない様相を呈している。
世論調査によれば、共謀罪の審議は不充分だと思うなど、個々の政策には疑念を抱いている国民が多い。しかし、安倍政権へのい支持率は変わらない。
「戦争は国会から始まる」という、老国会ウオッチャーのことばが、どんどん現実味を帯びてきている。(朝日新聞2015年9月18日、西川重則さん(88))
有識者のなかには「安倍政権がみずから有事を引き起こす」危険を指摘する声も出てきている(菅野完『日本会議をめぐる四つの対話』での白井聡の発言)。
そうなった時、「がらりと風景が変わるように」国民が戦争に熱狂していく姿を、飯田進や瀬戸内寂聴の世代は見てきた。

5月24日朝日新聞社会面に「権力に反発する人間に反発する人」が増えているという小田嶋隆のことばが載っている。
小田嶋が「一般人は対象にならない」という政府の説明に対して「これってつまり『誰が一般人でどんな人間が犯罪予備軍であるのかはオレらが決めるんでよろしく』ということだよね?」とツイッターで発信した。すると「適当に批判するのは小学生レベル」「『テロ等準備罪』の文字が読めないの?なんですぐに妄想で語っちゃうの」といったツイートが相次いだのだという。
菅野完は、日本会議の特徴は「アンチ・言挙げする人間」であり、「理屈を言う奴が嫌い、筋道立ったことを言う奴が嫌い」という「日本のおっさん会議」だといっている(同前)。
小田嶋へのツイートには、その気分がよく出ている。薄気味わるい。それこそ「時代は治安維持法」とでもいうべき気分が、年代を問わず蔓延しはじめていると感じる。

「歴史は繰り返す。一度目は悲劇、二度目は喜劇として」という。
安倍や日本会議の妄動が「喜劇的な破綻」をむかえることを、多摩の片隅から念ずるしかない。
共謀罪3.jpg共謀罪2.jpg  共謀罪.jpg
関連:2015年09月19日、戦争は国会から始まるhttp://boketen.seesaa.net/article/426334101.html
2015年09月11日、五木寛之・古市憲寿対談http://boketen.seesaa.net/article/425705043.html
posted by 三鷹天狗 at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする