2017年05月22日

柴又帝釈天界隈をぶらぶら散歩

「見送るさくら」の像、寅さん記念館、山本亭、川千屋のうなぎ…

6年ぶりくらいに、柴又帝釈天(たいしゃくてん)界隈をぶらぶらしました。同行してくれた囲碁・飲み仲間は「いつ来たか忘れたくらい久しぶり」の由。ま、けっきょく川千屋かどこかで、ウナギや鯉などの川魚を食べて酒を飲むという、エンディングがはっきりしてる散歩です。
今年3月25日に除幕式がおこなわれたばかりの、「見送るさくら」の像、いいですねえ。
けんかしたかフラれるかして、プイと「とらや」をとびだした寅さんが、柴又駅の前で家の方向をふりかえる、というのが寅さん像。さくらの像は、その寅さんを見送る姿になっています。「お兄ちゃん!」というさくらのセリフが聞こえてきそうな臨場感、うーむ、少し泣かせすぎでは。
それにしても、若い頃の倍賞千恵子の、切ないようなひたむきさがにじみでた良い像です。エプロンしてるブロンズ像なんて、ほかにはないでしょう。台座には山田洋次の「ある別れ」と題した、「男はつらいよ」の一場面のような文章が刻まれています。
柴又寅さん.jpg 柴又さくら.jpg 柴又ある別れefcc1cfba.jpg
帝釈天、自慢の彫刻と庭をゆっくりと見学。いつきても、いいお寺です。
柴又115446_.jpg 柴又120250_.jpg 柴又121249_.jpg
寅さん記念館。展示がすごくよくて、まえに来たときは見てないようなのもいろいろあります。なんでもすぐ忘れるからかなあと思って、案内役のかたに「何度かきてるのに、展示内容すっかり忘れてました」と声をかけたら、「3年に1回、リニューアルしてるんです」とのこと。なるほど、努力してるんだ。
山田洋次ミュージアム。日本のお宝です。そういえば、「家族はつらいよ2」がもうじき公開だ。
寅さん記念館.jpg 柴又23351_.jpg 山田ミュージアム.jpg
山本亭。実は、今回のいちばん大きな動機が山本亭の庭園をみることにありました。
雑誌かなにかで、アメリカの日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』があげる日本の庭園ランキング上位に、葛飾区の「山本亭」が必ず入るのだという。寅さん記念館と共通チケットでみられるとまで書いてある。なにそそれ。帝釈天に初めてお参りしたのがだいたい40年前。寅さん記念館だって、矢切の渡しだってなんども来ている。なのに「山本亭」はまるで視野に入ってこなかった。風流を解さないというのはしょうがないもんですね。ほんと、寅さん記念館と隣接してる。なんでこれに気付かなかったんだろ。
庭園はこじんまりとした美しいもので、なるほどアメリカの庭園雑誌にはこれがうけるのか。ただ、これが日本の庭園ベスト3に入るとかいわれると「へーッ」となります。これくらいの庭は、お寺とか、昔の地方の名家の庭とか、いろいろなところで見たような気がするからです。もちろん「庭園美」の鑑賞の仕方などまるで知らない朴念仁の感想です。葛飾区のお宝、すばらしい。
柴又山本_130615_.jpg 柴又山本_130724_.jpg

寅さん映画の話しをしながら、昼間っから日本酒。たまりません。

時間が2時近くなったおかげで、川千屋は数分待っただけで席につけました。鯉のあらい、鯉こく、日本酒、〆にうな重。久しぶりの川魚料理、いいね。
好きな寅さん映画や山田洋次作品の話しをしながら、昼間っからだらだらと飲む酒、たまりません。ふと気がつけば店にはわたしたち二人しかいない。あんなに満員だったのに。
「あれ、まずかった?営業時間外になってしまってた?」と聞くと、ぜんぜんそんなことありません、どうぞごゆっくりとのこと。客のほとんどは昼の食事をとるために入るわけで、居酒屋気分で酒を飲む客がマレなんでしょうね。
夕方の客のかげがちらりと見えたあたりでおひらきにしました。

いいなあ寅さんの故郷柴又。川魚で、心ゆくまで酒を酌み交わす。「男はつらいよ」全48作に、乾杯。
柴又31748_.jpg 柴又川千屋153121_.jpg
5月17日(水)三鷹→お茶の水→千代田線・金町→京成・金町→柴又。
posted by 三鷹天狗 at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする