2017年05月20日

森まゆみ『明るい原田病日記 私の体の中で内戦が起こった』

自己免疫疾患という難敵にたちむかう日々と、最愛の父の死

森まゆみは2007年4月、100万人に5人しか発症しないという自己免疫疾患、原田病にかかった。
全身のメラニサイト(=メラニン細胞)を自分の免疫が攻撃し、両眼の急性ぶどう膜炎でものがよく見えなくなったり、頭痛、耳鳴りなどさまざまな症状をひきおこす。失明の危険もある。発見者・原田永之助医師の名を冠して原田病(原田氏病とも)とよばれる。
モノカキにとって、眼に変調をきたすことほどやっかいなことはないだろうとは、素人でも想像がつく。比較的早期に「原田病」という診断がつき、ステロイドを投与すれば症状はおさえられるという療法も定石とされていることで、一進一退しながらも快方に向かっていく、約1年半の記録です。
悪いことは重なるもので、著者が愛してやまない父親がガンになり、8月に亡くなる。たぶん、人生にそうないような大ピンチの数ヶ月だったでしょう。
さすがに年功を経た作家として、取り乱すことなく、自分の大波のような心の揺れも含めて、しっかりと描きとめられています。
母親が父の遺品を整理しながら「ほんとにいい人だったね」と涙ぐみ、「でもそう面白い人でもなかったね」とつぶやく場面など、おもわず吹きだしてしまいます。

発症から3年たった2010年に「ほんとうに聞きたかったこと」と題して、信頼する医師にインタビューしている。津田篤太郎という、まだ30代の若い医師(北里大)のことばがとても鮮やかです。
「免疫というのは働きすぎもよくないし、働かなすぎもよくないんですよ。国家における警察とか、軍の権力みたいなもんで。」
なるほど。免疫は警察・軍隊か。弱ければ治安が乱れる。強すぎると国民を制圧して苦しめる。
森が「私の体の中で内戦が起こっている」と例えると「まさに内戦です」と即応し、免疫がいちどかかった病気のことをよく覚えていて二度と許さないというのは、朝鮮戦争やボスニア・ヘルツェゴビナの内戦で傷ついた人々の記憶がその後何十年も怨念として残ることと同じと説明していく。
人体と人間社会というのは、こんな鮮やかなアナロジーで説明できるものなのか。なるほどなあ。

病気にみまわれる、病気とたたかう、病気とつきあう。人間が決して避けることのできない難問のひとつに、朴訥なスタイルで向きあう森まゆみから、多くのことを吸収できる一冊です。

大野更紗と丁宗鐵を思い出しながら

自己免疫疾患といえば大野更紗『困ってる人』です。皮膚筋炎で全身が痛みにさらされる日々を綴った闘病記は壮絶です。彼女はいまもその難病とたたかいながら学者への道を歩んでいる。
最近では、丁宗鐵・南伸坊『丁先生、漢方って、おもしろいです。』のなかで、丁宗鐵が「免疫貯蓄の総量はみな同じ。ムダ遣いするな」と語っているのを聞いて、そゆことは中学生くらいの時に教えといてくれよな、と思いました。

森まゆみの「体の中で起きた内戦」のレポートに、快癒を祝って、乾杯。
明るい原田病日記―私の体の中で内戦が起こった -  明るい原田病日記: 私の体の中で内戦が起こった (ちくま文庫) -
森まゆみ『明るい原田病日記 私の体の中で内戦が起こった』亜紀書房、2010年、1600円+税。現在、ちくま文庫。
関連:2017年03月07日、森まゆみ『昭和の親が…』http://boketen.seesaa.net/article/447614846.html
2016年05月13日、大野更紗『シャバはつらいよ』http://boketen.seesaa.net/article/437773872.html
2015年04月13日、丁宗鐵・南伸坊『丁先生、漢方って…』http://boketen.seesaa.net/article/417170179.html
posted by 三鷹天狗 at 08:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする