2017年05月14日

町田市民文学館「本の雑誌厄よけ展 オモシロ本を求めて42年」

充実の展示、すてきな解説。たっぷりと楽しみました。

町田市民文学館ことばらんどで「本の雑誌厄よけ展 オモシロ本を求めて42年」をみてきました。
「厄よけ展」という風変わりなネーミングは、本の雑誌が1976年に創刊されてから42年になることと、男の厄年42歳をかけたことば遊びです。
なんでまた町田でこういう催しが?という疑問は、展示を見たらあっさり解けました。沢野ひとしが1970年から、目黒考二が1982年から町田在住だというのです。地元に住む二人が深くかかわった「本の雑誌」の企画展というわけです。
本の雑誌展.jpg 本3131856_.jpg 本15.jpg
チラシには、山猫の椎名誠、シカの目黒考二、ワニ目の沢野ひとし、カメレオンの木村晋介という、雑誌創刊者4人が酒盛りしながら編集会議の図。遊び心満点です。すべてはこの4人からはじまった。
展示は、実にすばらしいものでした。2階の展示室への階段に、沢野ひとしのイラストや「本をよみなさい」という喝。入り口には「つまらない本に付き合うほど、ぼくらは暇ではないのだ」という、創刊第2号の目黒考二のたからかな宣言。
 本10.jpg 本6.jpg 本16.jpg
中に入れば第1号(1976年5月)から最新号まで、407冊の表紙が年代順にずらりと並ぶ。壮観です。すべて沢野ひとしのイラストってのがすごい。このヒトたちのしつこさ、身内意識の強さ。たいしたものです。
「本の雑誌」誕生以前の、目黒考二の私的な通信、椎名誠が勝手につくってた新聞、江戸川区・克美荘での共同生活の記録ノートなども、「本の雑誌」ファンには興味深々です。このコーナーには「本の雑誌」と同じ年に創刊された137の雑誌のうち、「POPEYE(ポパイ)」など37誌が展示されている。現在も刊行され続けているのはわずか8誌だそうです。まさに、往時茫々。
人気連載「吉野朔実劇場」の原画イラストが展示されていて、ある種の静謐さを演出しています。なんだか騒々しいつくりの雑誌の中で、吉野朔美のページは一服の清涼剤でした。約25年連載され、惜しくも2016年4月に亡くなられたため、終了した。合掌。
本の雑誌2.jpg撮影禁止なのでチラシから拝借
沢野ひとしのアニメ「スイカを買った」(11分、1996年)が上映されている。いい味出してます。
「本の雑誌」に、配送部隊などなんらかの形でかかわった人たち181名からのコメントも楽しい。
群ようこ(初代事務員)が「本の雑誌がまだ世の中にあることがうれしいです。創刊当初でさえ、目黒さんは『廃刊になったときの、イラストと文言は考えている』とおっしゃっていた。そうならなくて良かった」と寄せています。
居酒屋本で有名な太田和彦は、1988年から104冊分のデザインを担当したのが誇りと書いている。そうだったのか。
嵐山光三郎、高野秀行、大竹聡、宮田珠己、蔵前仁一、逢坂剛…わたしが好きな作家・エッセイストたちが、たくさんコメントを寄せていて、見飽きない。
そして、2004年から始まった「本屋大賞」の推進役としての役割り、菊池寛賞受賞(2015年)。
すばらしい。「本の雑誌」があって、ほんとに良かった。
本8.jpg 本7.jpg
5月13日に椎名・目黒対談、20日に北上次郎講演があるというので、そのどちらかを覗こうなどと思っていたら、両方とも申込日に即満席となったそうです。そりゃそうか。ならばと、企画担当者によるガイドがあるという5月9日(火)午後に行きました。
担当学芸員・神林由貴子さんのガイドが、実に良かった。目黒・沢野からのじゅうぶんな取材がうかがえるエピソードいろいろ、「本の雑誌」は単なる雑誌ではなくひとつのムーブメントだった、という定義。最盛時(1990年代)10万部に達したが、2009年1月号で椎名が「経営危機」を訴えるまで追いつめられた時期があったこと。その後もち直し、現在2万8000部という。老舗文芸誌「新潮」が1万部といいますから、それに比べればいかがでしょうか…。
さすが「町田市民文学館」の学芸員です。日本文学の大きな流れのなかで「本の雑誌」が占めたユニークな位置、役割が伝わってきます。実にいいガイドで、この日に来た甲斐がありました。

やるなあ町田市。こういう文学館もありか。

それにしても、図書館とは別に「文学館」を創るというのは、他に例があるのかしら。やるなあ、町田市。
鶴岡市が藤沢周平記念館をつくるとか、荒川区が吉村昭記念文学館を作るとか、作家個人の名を冠した文学館を、作家本人は強く辞退していても、地元自治体が作らずにはいられないという例があります。その気持ちは分かります。
町田市の場合、そういうことではなく、市民が文学に親しむ場としての文学館ということで、さまざまなイベントなどもしているようです。美術館やコンサートホールがあるように、文学館があってもいいじゃないかという見識、みあげたものです。

町田市民文学館「本の雑誌厄よけ展」の、すばらしく充実した展示に、乾杯。
本4.jpg 本9.jpg
町田市民文学館ことばらんど「本の雑誌厄よけ展 オモシロ本を求めて42年」2017年4月22日〜6月25日。入場無料。https://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul08Literature/
関連:2015年07月29日、椎名誠『新宿熱風どかどか団』http://boketen.seesaa.net/article/421314208.html
2015年10月11日、目黒考二『昭和残影 父のこと』http://boketen.seesaa.net/article/427442345.html
posted by 三鷹天狗 at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする