2017年05月20日

森まゆみ『明るい原田病日記 私の体の中で内戦が起こった』

自己免疫疾患という難敵にたちむかう日々と、最愛の父の死

森まゆみは2007年4月、100万人に5人しか発症しないという自己免疫疾患、原田病にかかった。
全身のメラニサイト(=メラニン細胞)を自分の免疫が攻撃し、両眼の急性ぶどう膜炎でものがよく見えなくなったり、頭痛、耳鳴りなどさまざまな症状をひきおこす。失明の危険もある。発見者・原田永之助医師の名を冠して原田病(原田氏病とも)とよばれる。
モノカキにとって、眼に変調をきたすことほどやっかいなことはないだろうとは、素人でも想像がつく。比較的早期に「原田病」という診断がつき、ステロイドを投与すれば症状はおさえられるという療法も定石とされていることで、一進一退しながらも快方に向かっていく、約1年半の記録です。
悪いことは重なるもので、著者が愛してやまない父親がガンになり、8月に亡くなる。たぶん、人生にそうないような大ピンチの数ヶ月だったでしょう。
さすがに年功を経た作家として、取り乱すことなく、自分の大波のような心の揺れも含めて、しっかりと描きとめられています。
母親が父の遺品を整理しながら「ほんとにいい人だったね」と涙ぐみ、「でもそう面白い人でもなかったね」とつぶやく場面など、おもわず吹きだしてしまいます。

発症から3年たった2010年に「ほんとうに聞きたかったこと」と題して、信頼する医師にインタビューしている。津田篤太郎という、まだ30代の若い医師(北里大)のことばがとても鮮やかです。
「免疫というのは働きすぎもよくないし、働かなすぎもよくないんですよ。国家における警察とか、軍の権力みたいなもんで。」
なるほど。免疫は警察・軍隊か。弱ければ治安が乱れる。強すぎると国民を制圧して苦しめる。
森が「私の体の中で内戦が起こっている」と例えると「まさに内戦です」と即応し、免疫がいちどかかった病気のことをよく覚えていて二度と許さないというのは、朝鮮戦争やボスニア・ヘルツェゴビナの内戦で傷ついた人々の記憶がその後何十年も怨念として残ることと同じと説明していく。
人体と人間社会というのは、こんな鮮やかなアナロジーで説明できるものなのか。なるほどなあ。

病気にみまわれる、病気とたたかう、病気とつきあう。人間が決して避けることのできない難問のひとつに、朴訥なスタイルで向きあう森まゆみから、多くのことを吸収できる一冊です。

大野更紗と丁宗鐵を思い出しながら

自己免疫疾患といえば大野更紗『困ってる人』です。皮膚筋炎で全身が痛みにさらされる日々を綴った闘病記は壮絶です。彼女はいまもその難病とたたかいながら学者への道を歩んでいる。
最近では、丁宗鐵・南伸坊『丁先生、漢方って、おもしろいです。』のなかで、丁宗鐵が「免疫貯蓄の総量はみな同じ。ムダ遣いするな」と語っているのを聞いて、そゆことは中学生くらいの時に教えといてくれよな、と思いました。

森まゆみの「体の中で起きた内戦」のレポートに、快癒を祝って、乾杯。
明るい原田病日記―私の体の中で内戦が起こった -  明るい原田病日記: 私の体の中で内戦が起こった (ちくま文庫) -
森まゆみ『明るい原田病日記 私の体の中で内戦が起こった』亜紀書房、2010年、1600円+税。現在、ちくま文庫。
関連:2017年03月07日、森まゆみ『昭和の親が…』http://boketen.seesaa.net/article/447614846.html
2016年05月13日、大野更紗『シャバはつらいよ』http://boketen.seesaa.net/article/437773872.html
2015年04月13日、丁宗鐵・南伸坊『丁先生、漢方って…』http://boketen.seesaa.net/article/417170179.html
posted by 三鷹天狗 at 08:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

春風亭一之輔・古今亭文菊二人会 5/14三鷹芸術文化センター

一之輔初体験。なるほど、一世代若い人たちの落語です。

世評のたかい春風亭一之輔、初体験です。
客席は、われわれの年代もたくさんいるが、30〜40代の、しかも女性客がかなり多い感じです。
開口一番(春風亭きいち)に続いて登場。
なんと「ああ、くたびれたなあ」という雰囲気の出です。マクラのでだしも「忙しすぎて疲れてます」感から入ってくる。なにしろ年間900席演じるという、超のつく売れっ子落語家、客席のほうもなじみの客が多い雰囲気。むかし小朝が「信者のみなさんようこそ」と入って笑わせたが、なにかそれに似た雰囲気が客席との間でかもしだされています。ふーむ。

マクラは「今日が誕生日なんです(笑いと拍手)」「いえ、私じゃなくて森元さんの(笑い)」「初めておみえになったかたには何のことやらでしょうが」とはじまる。
「森元さん」というのは三鷹芸術文化センターの名物企画者森元隆樹さんのこと。三鷹の落語会が、かくも充実して楽しいのはこの人の功労による。他の演者もよく彼の「開演前ご注意」をマクラにふります。この「二人会」も5年前にふたりが真打になったとほぼ同時に始まっており、売れ筋をはずさない森元さんの慧眼が光ります。
こどもが通っている小学校から落語会を頼まれた。まだ大学をでて2〜3年の若い女性教師から「一之輔さんは新進気鋭の落語家さんで」ってお前からいわれたくねえよッ、というあたりでもう会場はどっと沸きます。笑いをひきおこすスピードが早い。子どもたちは素直に笑ってくれているが自分の子どもだけは笑っていない。「受けてるかなあ、恥かかない程度に」という目で左右の雰囲気をみている…このマクラなら初天神か真田小僧、生意気なこどもが出てくるネタかな、とおもっていたら違いました。
美人のカミさんをもらうと早死にするという『短命』です。
『短命』は出入りの職人八五郎のボケで笑いをとる噺ですが、一之輔の場合、隠居のツッコミで笑いをとる。ものわかりが悪すぎる八五郎に「帰れッ!」とキレる隠居に笑いがくる。なるほど、笑いのリズムやポイントが他の落語家と違う。
とちゅう、わたしには聞きとれない固有名詞に客席のなかの若い層が笑う場面があり、なるほど、たぶん「団塊ジュニア」(30代後半40代前半)世代にうける言葉・情報・センスが、この人の落語の核になってるんでしょうね。マクラでトランプのことを「地球規模のジャイアン」といったらどっと受けたのも、ドラえもんが身体にしみついている世代向けです。
まさに「世代交代の旗手」、一世代若い人たちの落語家なんだなと了解しました。

相方の古今亭文菊は、2015年8月1日の悠遠忌で「吉村昭と学習院大学」という企画があり、学習院出身の落語家として登壇しました。そのときは『井戸の茶碗』をキレイに演じて、好印象でした。
独特の、踊るような、オネエ歩きが入っているような登壇で、クスクス笑いが起きています。「剛」の一之輔に「柔」の文菊という、対照の妙をねらった二人会というのが、出の姿からもうかがえます。
演じたのは『心眼』。極端に笑いの少ない人情話でした。
仲入りのあと再登壇した文菊が「さっきは変な噺をおきかせしてごめんなさい。日曜日の昼からやるような噺じゃなかったですね。客席の後ろ半分が寝ているんで焦りました。」とはじめて客席は大笑い。
『湯屋番』の、能天気な若旦那という、姿形からして文菊にいちばんぴったりの噺で大いにわかせました。
トリは一之輔の『五人廻し』。ふられて荒れる客たちを演じ分け、最後は相撲取りをだして「まわしの勝負なら、花魁にはかなわない」とさげる。もてない男の噺が好きなんだなあ。そういえば『一之輔、高座に粗忽の釘をうつ』(白夜書房、2012年)で、「部室落語」ということば使ってます。モテない野郎ばっかりが集まってぐしゃぐしゃとじゃれあってるような落語という意味で、男子校のむさい部活と落語をくっつけたようなことば。考えてみれば江戸は男ばっかし多くて、女日照りのようなところだったといいますから、あんがい、ことの本質をついてるのかもしれません。

軟弱文系サークルっぽい文菊。汗くさい体育会系部活っぽい一之輔。たしかに対照的、たいへん結構な二人会でした。

    演目
一目あがり きいち
短命    一之輔
心眼     文菊
   仲入り
湯屋番    文菊
五人廻し  一之輔

「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK、4月10日)でも取材対象に

チケットは2月に入手してあります。座席が250なので、油断するとすぐ売り切れる。
そしたら、4月10日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に一之輔が登場したので驚きました。落語家でこの番組にとりあげられるのは二人目だそうです。一人目はかの人間国宝・柳家小三治です(2008年10月14日。リアルタイムで見ました)。その次が一之輔か。ふーむ。
放送のなかの一之輔は、こどもとじゃれあう、ゴミ捨てする、よく倒れないなと感心するほどのハードスケジュールの中で新作を創る、原稿を書く。カメラに向かって愛想よくふるまう場面はいっさいなし。こわもて、無愛想。最後に「これ、ギャラ出るんですか」というセリフをかまして終わる。
前に「酒とつまみと男と女」(2014〜15年。BSジャパン火曜21:00〜)という番組があり、「不良隠居」こと坂崎重盛の相手役「聞き上手」の落語家で一之輔がでていた。この時の一之輔は、老人・坂崎にどんな話でもあわせる柔らかい表情を見せていた。
「プロフェッショナル 仕事の流儀」での一之輔は、それとはぜんぜん違っていました。
実に興味深い。どんな噺家になっていくんだろう。

世代交代の旗手。マクロンの同級生(マクラのセリフから)一之輔に、乾杯。
一の輔2.jpg 一の輔.jpg
春風亭一之輔・古今亭文菊二人会 5月14日(日)14:00〜 三鷹芸術文化センター星のホール
関連:2015年08月02日、第七回悠遠忌 吉村昭と学習院大学http://boketen.seesaa.net/article/423439066.html
2014年06月04日、坂崎重盛『東京煮込み横丁評判記』http://boketen.seesaa.net/article/398659398.html
posted by 三鷹天狗 at 07:59| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

奥田愛基『変える』

SEALDsを創った青年のつぶやき。誰にも似ていない。

2015年8月30日、10万人以上の市民が国会議事堂前の道路を占拠した。安保法制に反対する市民、労働者、学生の大きなうねりをつくりだした推進力は、数人の学生たちが2015年5月3日に結成したSEALDsだった。正式名称は「Students Emergency Action for Liberal Democracy-s」(自由と民主主義のための学生緊急行動)。
安倍ブラック政権の暴走に抗する国民のたたかいが、あれほどの盛りあがりと共感をよんだのは、ひとえにかれらの登場による。旧来型の「保守」と「革新」の、強権Vs無力な抵抗という、お約束のような図式に裂け目が入り、いきいきとした「個人」が街頭にあふれだして奔流となった。

本書は、SEALDs結成をよびかけ、創成した23歳の青年の独白です。
自分が23歳のときのことを思いおこしたり、時代のうねりの中で波頭に押し上げられてしまった過去の青年たち(唐牛健太郎、大口昭彦、秋田明大、山本義隆…)とくらべてしまったり、なかなかこころ穏やかに読むというわけにはいかない一冊でした。
読了して湧いてきたのは、この青年は本当に誰にも似ていないなあ、という感慨でした。

まず、リーダータイプでないこと。うじうじした思考。
中学生時代にいじめられっこで引きこもりで、自殺寸前までおいつめられていたという少年期が、「時代の波頭にたつ」タイプとは似ても似つかない。波頭に押し上げられてしまう若者には、まわりがなんとなく押し上げてしまうような磁力・吸引力・オーラがある。奥田はSEALDsのなかまである牛田に「政治家になるつもりか」といわれて「そんなこと言うなら俺には無理。帰る」と2週間も連絡不通になったり、「背負い込むな。もともとお前はしょ−もないし、本当に大したことのない奴だ」と「励まさ」れたりしている。自然に周りに人が集まってくる、といったタイプではぜんぜんない。本人としても、裏方で忙しくしている方が気性にあう。
よくもまあ、こんな若者があの役割りをひきうけたものだと、それだけでもウルウルきます。北九州市から鳩間島の中学校に逃れ、島根県の全寮制高校で回復していく。いじめ・ひきこもり脱出本としても、秀逸です。

次に、左翼的思潮との無縁さ。孤独な思考。
8月30日のデモのあまりの盛り上がりをみて、国民を慰撫するための参院「中央公聴会」が9月15日に開かれることになった。奥田は、民主党の推薦で6人の公述人の一人となり意見を述べた。寝ている自民党議員を起きるよううながして笑いをとり、奥田が訴えたのは自民党議員から一人でも安保法制反対に立つ人はいないかということだった。
「どうか、どうか、政治家の先生たちも、個人でいてください。政治家である前に、派閥に属する前に、たった一人の『個』でいてください。自分の信じる正しさに向かい、勇気を出して孤独に思考し、判断し、行動してください。」
この「一人ひとり孤独に思考し判断しろ」というのは、SEALDsの合言葉であり、奥田の全行動を貫いている。つくづく、誰にも似ていない。
本書の中で奥田は、影響を受けた本や映画、ラップ音楽をふんだんに引用しています。しかし、誰かのことばのとりこになったり、有力な思潮に染まったりしない。特に特徴的なのは、左翼的な思潮との無縁さです。1992年生まれ、彼が生まれた時にはソ連圏は消滅している。当然か。
「人は時代の支配的な思潮に飲みこまれ、悪戦苦闘しながら自分の着地点をみつける」(後藤正治『清冽』)。この定理にしたがえば、奥田が飲みこまれた「支配的な思潮」って、なんなのだろうか。「支配的思潮の不在」が、奥田たちの世代が体験したことだったのかもしれない。

グローバリゼーションの中で窒息しそうになっている世界中の若者たちのなかから、既成の政党やイデオロギーに影響されていない動きがでてきています。台湾のひまわり運動、香港の雨傘運動、アメリカのサンダース支持選挙運動…、奥田たちは2016年4月に、マニラで東アジアの学生たちの会合を開いた(日本、フィリピン、台湾、ベトナム、マレーシア、タイ、香港)。
彼らの未来に幸あれ、と願わずにはいられません。

なにも終わってはいない。また始めればいい。

本書は、奥田愛基が中学生の自分に書いた手紙ともいえます。
「やれることしかできないし、できないことはできないからできない」と、奥田は繰り返し中学生の自分に語りかけます。「よく寝て、よく食べろ青年。くだらないことで死んでる場合ではない」と語りかけます。泣けます。
本書はまた、「民主主義は終わった」とかすかしたセリフをすぐに口にする、日本の「左派リベラル」をたしなめる本でもあります。なにも終わってはいない。また始めればいい、と23歳の青年が言ってます。まぶしい。

SEALDsを創り、率いた青年のつぶやきに、感謝の乾杯。
変える -
奥田愛基『変える』河出書房新社、2016年、1300円+税。
関連:2015年08月31日、すごいなあ、8・30国会前12万…http://boketen.seesaa.net/article/425085268.html
2015年09月03日、戦争したくなくてふるえる、を聞くhttp://boketen.seesaa.net/article/425199709.html
posted by 三鷹天狗 at 08:09| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする