2017年06月27日

「第57回三鷹 自分の死を考える集い」に参加

「食べないから死ぬ」のではない。「死ぬ時がきたから食べない」のだ。

6月25日(日)に、三鷹市市民協働センターで開かれた「第57回三鷹自分の死を考える集い」に参加しました。
これは『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(幻冬舎新書、2012年)を書いた中村仁一医師の考えに賛同した、醤野良子さんという三鷹在住の看護士の方が開いている会です。2ヶ月に一度くらいのペースで開催されているようですが、私は初めて参加しました。
当日は、中村医師の講演「超高齢化社会での逝き方を考える」DVD上映(約70分)がメイン、参加者は40人ほどでした。講演内容は『大往生したけりゃ…』に書いてあることですが、話しがうまくておもしろい。三鷹会場でもなんども笑いがおきました。

今回の講演DVD上映で、強く印象に残った中村語録いくつか。
1、気持ちに体を従わせるな。体に気持ちを従わせる
齢をとったら、老化してヨレてくるのはあたりまえ。「老いに負けない」などという気持に、体を従わさせようとしてはならない。老いて衰えてきた体に、気持ちを従わさせなさい。
2、人間ドック・健診の賞味期限は、当日限り
人間ドックや健康診断を受けるのはまったくのムダ。自覚症状もない病気を見つけられるだけ。「半年前の健診で大丈夫だったのに…」という嘆きをよく聞くが、人間ドック・健診の賞味期限・有効期間は当日限りです。数ヶ月にいっぺん、ビクビクしながら健診をうけるのは、人生のムダ遣い。
3、「食べないから死ぬ」のではない。「死ぬ時がきたから食べない」のだ。
自分の老人ホームで、何百例も自然死を看取ってきた。じつにおだやかで幸せな死です。食物をとりたくなくなり(1〜2ヶ月前から)、そのうち水分もとりたくなくなり(約2週間前から)、気持ちよさそうに死んでいく。痛みなど、なにもない。それが本来の人間の死です。
介護現場では「食べないと死ぬ」という強迫観念にとりつかれた介護士が、むりやり口をこじあけて流動食や水を流し込む。これは拷問です。人生の最後になんでそんなむごい目にあわされるか。
「死ぬ時がきたから食べない」というのが、動物としての人間の自然な姿なのだ。
4、死ぬときくらい、静かに
死ぬまぎわに家族が枕元で叫んだりするのは、気持ちよく眠りにつこうとするときに大声で起こされるようなもの。そんなばかなことはやめよ。死ぬ時くらい静かに眠らせてやれ。
医療虐待、介護虐待、死ぬ間際の大さわぎといったことからまぬがれるには、孤独死がいちばん。彼らはきっと幸せに死んだにちがいない。

笑いを混じえて語られるこれらの言葉の説得力は、すばらしいものでした。話しのじょうずなお坊さんの説法に似ています。

医療虐待、介護虐待にあわないための準備をしておこう

中村医師の言ってることはとてもシンプルです。
生殖期が終わった人間はいつ死んでもいい。老化を病気と言いかえるな。ボケを「認知症」と言いかえるな。ガンは細胞の老化だから、これを食い止めようとするな。老いたらガンがいちばんいい死に方。めざそう自然死。枯れ木のようになって死のう…。
わたし、ぜんぶ賛成です。
唯一賛成できないのが、生前に棺をつくって入ってみようという提案。これは名著『笑うカイチュウ』(1994年)で藤田紘一郎医師が「体内にいっぴきサナダムシを飼おう」という提案しているのに賛成できないのと同じです。なにからなにまで「先生のいうとおり」と思う必要はない。
著作では、医療虐待、介護虐待という理不尽なめにあわないためには、本人がしっかりとその意志を文章にしておく必要があること、その書き方なども示されています。いやはや、人間、なかなか楽には死なせてもらえないもんですね。
当日、会場で『大往生したけりゃ…【介護編】』が発売されていたので購入しました。これからも、くりかえし中村医師の著作を読んで、死ぬ心構えをします。

「三鷹 自分の死を考える集い」の、持続する活動に敬意を表して、乾杯。
自分の死に方.jpg 大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書) -  大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決をめざして (幻冬舎新書) -
「第57回三鷹自分の死を考える集い」6月25日(日)14:00〜16:00、三鷹市市民協働センター
中村仁一『大往生したけりゃ医療とかかわるな』幻冬舎新書、2012年、760円+税。
中村仁一『大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】』幻冬舎新書、2017年、840円+税。
関連:2015年02月26日、特定健診で、超早口女医にタジタジhttp://boketen.seesaa.net/article/414699000.html
posted by 三鷹天狗 at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

共謀罪やがて川柳とりしまる (呆け天)

新葉館Web川柳で「秀作」入選。うれしいなあ。

安倍ブラック政府に対抗する言論のひとつに、川柳世界があります。
持ち駒は嘘(うそ)と強弁 安倍将棋(6月24日、神奈川、門口泰宣)
こういう句が、毎日載っているのだから、権力者にとってはめざわりなことです。わたしが見ているのは朝日川柳ですが、まさか読売や産経の川柳欄では安倍をたたえる川柳が載ってるということはないはず(確かめてはいませんが)。川柳の本質は批評性であり、時の権力におもねった川柳というものは、そもそもあり得ない。
いまのところ実現しそうにありませんが、もし日本で北欧の社会民主主義政権のようなものができれば、川柳子はてぐすねひいて批評し、茶化し、笑いのめすでしょう。そういう文芸です。
これまでは朝日川柳をみて「うまいなあ」と感心するだけでしたが、安倍ブラック政府のあんまりひどいやりくちに、呆け天のこころの中にも、ポロリポロリと川柳がこぼれおちはじめました。
<4月にできた句>
森友のメル友すばやくばっくれる
かご池や昭恵逃げ出す水の音
金正恩その髪型はバカっぽい
<5月にできた句>
共謀罪やがて川柳とりしまる
米朝がおっかない芸ふりまわす
忖度で不可能すべて可能にし

できたものが「川柳」になっているか、たしかめたくて新葉館Web川柳に投稿しました。
このサイトは、月刊「川柳マガジン」を発行している新葉館出版が開設しています。時事、題詠、ユーモアの3部門に誰でも応募できます。部門ごとに、特選3句、秀作10句、佳作40句前後が選者によって採られます。
そうしたら、4月の3句のうち<かご池や昭恵逃げ出す水の音>を佳作にとっていただきました。他にユーモア部門にだした「ふと立ってなぜ立ったかを沈思する」も佳作に。
さらに、5月の3句は、第1句目の<共謀罪やがて川柳とりしまる>が秀作に、他の2句が佳作に採られました。
とってもうれしい。

川柳という文芸、その楽しさ、そのすごみに内側から触れてみる

川柳は昔から好きです。<役人の子はにぎにぎをよく覚え><居候三杯目にはそっと出し>などの句は、べつに川柳という意識もなく、少年時代になんとなく覚えていました。周囲の大人(先生とか親とか)が口にしたものを聞き覚えたんでしょう。
田辺聖子『川柳でんでん太鼓』(講談社文庫)、佐藤愛子『古川柳ひとりよがり』 (集英社文庫)、山藤章二『人の噂も五七五 』(文藝春秋)など、川柳についてのすばらしい本にも感化されてきました。川柳作家では、時実新子が阪神淡路大震災のとき詠んだ<天焦がす天は罪なき人好む>という週刊朝日に掲載された1句など、今も脳裏を離れない。
しかし、小説であれ俳句・川柳であれ、読んで楽しむものであって、自分で創るものではないとずっと思ってきました。
今回、新葉館Webサイトに投句して、おもいがけなく「入選」となり、そうか、気楽につくればいいのかと考えが変わりました。もちろん今回の入選は「ビギナーズラック」まぐれ当たりです。継続して入選できるようになるには、何ヶ月も何年もつくり続ける必要があります。できるのか?という疑いもありますが、しばらくのあいだ、川柳創作を趣味の一つにくわえ、その楽しさ、そのすごみに、内側・創る側からも触れてみることにします。

新葉館川柳Webサイト「秀作」入選に、乾杯。
川柳でんでん太鼓 (講談社文庫) -  古川柳ひとりよがり (集英社文庫) -  人の噂も五七五 (1984年) -
関連:新葉館Webサイトhttps://shinyokan.jp/navi/kukai/
2014年09月22日、川柳おそるべしhttp://boketen.seesaa.net/article/405816634.html
2016年09月24日、20代限定のサラリーマン川柳http://boketen.seesaa.net/article/442206354.html
posted by 三鷹天狗 at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

佐藤優『秩序なき時代の知性』

人権の対義語(反対語)は神権。初めて知りました。

佐藤優が、5人の若い論客と対話した一冊です。<哲学>國分功一郎、<経済・働き方>木暮太一、<法>水野祐、<福島・原発>開沼博、<歴史>與那覇潤の5人。それぞれに刺激的な内容で、佐藤優の関心領域の広さ、知識の深さに、いつもながら圧倒されます。
タイトルの「秩序なき時代」は、トランプ政権の誕生に象徴される世界の混沌・流動状況のこと。混沌期には自分のアタマで考え抜く知性がなによりも大切。佐藤優が、期待する若い知性と相互に触発しあうという内容です。

とくに「へぇーッ」と思わされたこと2点。
1、人権の対義語(反対語)は神権
水野祐(弁護士、1981年生)との対話で、佐藤が「『人権』の対義語はなんだと思いますか」と振る。
水野「…何でしょう。とっさに出てこないです。」
佐藤「神学の観点からいうと『神権』です。瞬時に答えられる日本人はなかなかいないと思いますが、ヨーロッパ人なら即座に答えられる…」
中世までのヨーロッパでは、神が圧倒的な主権を持っているという前提だった。人間は原罪を持っているから悪人で、地位がものすごく低く、権利などないも同然だった。しかしその後、人は実証できない神を信じられなくなって、神にだけあった権利が人間に移譲されていく。誰もが神の権利を持っていると考えるようになった。
「ゆえに『人権』は譲りがたいものであり、主権であると。そういう流れで人権の概念は生れた」
人権の思想が容認されたところでは民主主義が広まった。
「ところが相変わらず神権思想が主流の地域もある。それがアラブ地域です。」「神権思想が主流の国には人権はありません。人間の生き死にを含めすべての権利は神様が持っている。」
なるほどなあ。
戦後に生れ、民主主義教育をうけて、基本的人権=一人一人の人間が個として尊重される、ということを自明のこととして信じてきた。人権の対義語なんて考えたこともなかった。「人権の対義語」という切り口で、自明のこと、疑う余地がないと信じてきたことの根底を問い直してくる。
佐藤優は『私のマルクス』(2007年、文芸春秋)で、同志社大学神学部で学ぶ向坂協会派という、若き日の思想的出自を率直に語っています。神学については、他の著書でも繰り返し触れていますが、わたしはそこだけスルーしてきた。意味分からないので。今回はのがれようもなく、強烈にねじ込まれました。
神権が人間に移譲されて発生したのが人権だったのか。逆からいえば、人間が神から権限を奪いとったわけだ。イスラム教には「権限移譲」を阻む装置が埋めこまれているんだろうな、きっと。それとも、イスラム教にもキリスト教と同じながれがやってくるのか…。果てしなく問いが湧いてくる。

2、佐藤優は原発容認派
開沼博(福島県在住の社会学者、1984年生)との対話では「左派的なパッケージ思考」に厳しい批判を浴びせ、原発容認派であることを語っている。(私が知らなかっただけで、佐藤は原発容認派・公明党擁護派として、「左派パッケージ論壇」から嫌われているらしい。)
本書では佐藤の原発容認論はわずか数行しか言及されていない。「元外交官なので、原発がもつ核抑止力を無視した形で国際政治を議論するのは良心に反する」という。つまり、日本には数ヶ月で核兵器を作れるだけの技術的な蓄積がある、それが東アジアの力の均衡にとって必要なんだ、という意味でしょうね。
エマニュエル・トッドは『グローバリズム以後』(朝日新書、2016年)で、あっさりと「中東が不安定なのはイスラエルだけに核があるからで(イランも持てば安定する)、東アジアも中国だけでは安定しない。日本も持てばいい」と語っている。これは2006年のインタビューの発言で、インタビューした朝日の記者が驚いて「日本ではそれはありえない」とムキになるのに対して「核兵器は安全のための避難所。核をもてば軍事同盟から解放され、戦争に巻き込まれる恐れはなくなる。ドゴール主義的な考えです」と切り返している。
呆け天など、半世紀にわたる反核・反原発信者ですから、トッドのこういう発言とか、佐藤優の発言など、とても飲みこめるものではありません。しかし、これだけ面白いことを書いている論客が、二人ともこういうことをいうからには、聞きたくないではすまない問題なんでしょうね。
開沼が、原発容認か否定かにかかわらず、いま廃炉のためにやるべきことという一点で、知恵と労力をだすべきだ、事実を無視した「おのれの正義」をふりまわして「フクシマは人が住めない」などと言いまわる人たちは、福島にとって害毒でしかないと語ることばに、わたしも同意します。わたしの親しい友人も数人、福島に住んでいる。
それにしても「再生可能エネルギーの教祖みたいな顔をして3.11前から私腹を肥やしてきた人間が、ここぞとばかりに惨事に便乗してきました」と開沼が憎しみをこめて語る人間って、誰のことなんだろう。

複雑怪人・佐藤優が、ますます面白い。

沖縄関連の論者のなかにも、佐藤優をこころよく思わない人がいるみたいで、「母親が久米島出身だからといって沖縄人として発言するのはけしからん」というような文章をどこかで目にしたことがあります。
佐藤は、原発、辺野古基地、靖国参拝、夫婦別姓などの問題は、ひとつひとつ異なる視点で語られるべきなのに、左派も右派もパッケージになってしまっている、それではダメと力説します。
うーむ、私などはさしずめ左派パッケージの人間ということになるし、原発・核兵器について佐藤優やトッドの言い分に賛成することはまずないだろう。しかし、彼らの著作が魅力にみちていることは確かです。複雑怪人・佐藤優の、毒グモの糸のような言説にからめとられる快感は捨てられない。

佐藤優と、5人の俊秀に、乾杯。
秩序なき時代の知性 (ポプラ新書) -
佐藤優『秩序なき時代の知性』ポプラ新書、2016年、800円+税。
関連:2014年12月14日、池上彰・佐藤優『新・戦争論』http://boketen.seesaa.net/article/410615965.html
2016年06月19日、國分功一郎『民主主義を直感するために』http://boketen.seesaa.net/article/439128234.html
2015年07月25日、『福島第一原発事故7つの謎』http://boketen.seesaa.net/article/422940747.html
posted by 三鷹天狗 at 08:59| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする