2018年04月22日

なでしこジャパンアジアカップ優勝を祝す

「メンバーとポジションを固定しない」という高倉監督のサッカーが、花開いた

なでしこジャパンが、ヨルダンで行われたアジア杯決勝で、オーストラリアを1−0で破り優勝した(4月20日)。おめでとう。すばらしい。
試合展開としては前半も後半も押されっぱなしでした。世界ランク6位のオーストラリアに対して日本は同11位。フィジカルでも個人技でもオーストラリアのほうがまさっている。前半はGK山下杏也加が絶体絶命のペナルティキックを止めてチームを救った。
後半も押され気味の試合展開を変えることがなかなかできない。ところが、後半39分に投入されたFW横山久美が、長谷川唯からのパスを受けると2人のデフェンダーをするりとかわし、強くて速い完璧なシュート。みごとに決まった。これが後半日本の初シュート、初ゴール。ほんとにサッカーは怖い。
そのまま逃げきってアジア杯2連覇。みごとです。高倉監督にとっては初の公式戦優勝となりました。

2011年のワールドカップを制して、東日本大震災でうちひしがれていた日本に大きな感動と勇気を与えたなでしこジャパン。その後も世界の強豪とわたりあってつねに優勝争いを繰り広げてきた。
しかし、リオ五輪アジア最終予選(2016年)でまさかの敗退を喫する。ある高みに達したチームが、なかなか世代交代・新陳代謝できないというのは、常におきる。さしもの名将・佐々木則夫監督もこの難題をクリアできなかった。
バトンを受けた高倉麻子監督は「誰がでても戦えるチーム」を掲げ、選手やポジションを固定しない驚くような采配をみせてきた。今大会でも、全5試合に先発・フル出場したのはキャプテンでセンターバックの熊谷紗希と、最優秀選手賞を獲得したFW岩渕真奈の二人きり。それで優勝したのですから信じられないようなことです。世界中さがしたって、こんなチームはありえない。
常識的にいって、11人中6〜7人は「不動の」という形容詞がつくレギュラー陣が占め、4〜5人が対戦相手や試合展開に合わせて交代メンバーとして投入される。それがわたしたちがこれまでみてきたサッカーというゲームです。
高倉監督には「不動の」という考え方がまったくないということは、就任から2年間の采配を見ていれば分かります。テストマッチであれ公式戦であれ、ありとあらゆる組み合わせを試し、ポジションを試す。「勝敗度外視」にみえる采配で、アルガルベカップの対オランダ戦2-6の大敗を喫したときは「この監督で大丈夫なのか」といった不安の声がWeb上でだいぶやかましかった。
近著『個を生かし和を奏でる』(2018年)で高倉監督は「極論を言えば、私はポジションなど要らないとさえ思っています」と述べています。ポジションやメンバーを固定しなければ組み合わせは無限であり、そのほうが「サッカーは絶対に面白くなる」という。そりゃそうかもしれないけど、それで世界に通用するチームは作れるの?という素人ファンの危惧に、今回はっきりとひとつの答えをみせてくれました。
「どう?面白かったでしょ」という、監督のドヤ顏が浮かぶようです。ヘイ、面白かったです。
だって、やっとこさ一次リーグを突破してのぞんだ準決勝対中国戦に、なんと先発5人を入れ替えてきた。「ありかよ」「だいじょうぶかよ」とテレビの前でつぶやいたなでしこファンは推定8割をこえる(呆け天の勝手な推測)。ところがボランチの宇津木・隅田という初めての組み合わせがきっちり機能して、攻守の切り替えがすばやく、岩渕の目のさめるような先制弾、途中出場横山の追加点で終わってみれば3ー1の圧勝。「この監督で大丈夫か」という声は完全に消えました。そして優勝という最高の結果。
これで、来年のW杯、再来年のオリンピックまで雑音が発生する余地はなくなりました。あとは「次の試合は、誰がどのポジションで先発して、どんな試合展開になるんだ」ということがまったく読めないハラハラドキドキなでしこジャパンを楽しむしかない。面白い監督がでてきたものです。

寝不足アジアカップ、見とどけた甲斐がありました

一次リーグの3試合(ベトナム、韓国、豪)は夜10時半からですからなんでもありませんでしたが、準決勝・決勝は午前2時以降ですから起きていられません。しかし寝てもいられず、結局全試合テレビの前で釘付けになって観戦しました。高倉体制3年目の、難しいパズルを解いて見せられているような選手起用と試合展開で、素人にはとてもむずかしかった。
佐々木則夫前監督は、相手のボールを外に追い出すのではなく、内側に呼びこんで澤・阪口のボランチのところで奪取、一気に反撃に転じるという作戦で世界を制した。これは「弱者の戦術」として佐々木監督が考え出したもので、サッカーのセオリーとは異なるものらしいですね。
今回高倉監督は「メンバーとポジションを固定しない」という驚くような考え方を打ち出し、2年間徹底的に追及してついにアジア杯優勝という結果をだした。こういう独自性が一流と言われるレベルの監督には必要なんでしょう。常識で勝てるなら苦労しない。わたしが預かったチームで勝つためにこの方法で行くんだ、という強い信念をみせてもらいました。

新生なでしこジャパンのアジア杯優勝に、乾杯。
「メンバーとポジションを固定しない」異次元サッカーの登場に、乾杯。
なでしこジャパン.jpg
関連:2017年12月16日、なでしこジャパンの未来に期待するhttp://boketen.seesaa.net/article/455579796.html
posted by 呆け天 at 07:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

昭和記念公園に菜の花を見に行く。

レンタサイクル利用がアダとなり、チューリップ畑は見逃す。

菜の花がぶぁーッと咲いているところがないかと検索したら、いきなり昭和記念公園がでてくる。
そうか。できて何年になるか忘れたが、一度も行ったことがない。いい機会だからのぞいてみるか、とサクサクでかけました(4月10日)。
久しぶりに立川駅で降りて、あけぼの口から入っていく。そのアプローチの広さ、美しさ。さすが国立公園、これはモノが違うぞということが伝わってきます。
昭和220180410.jpg 昭和1.jpg
料金所のすぐそばにレンタサイクルがある。迷うことなく借りて(3時間以内410円)出発。実はこれが大きな間違いでした。
広大な敷地の中で、自転車道は、厳密に区別されており、公園の中の見どころやくつろぐところ(花畑、広場、日本庭園、池、レストラン)には乗り入れ禁止です。
「でも、走ったままでもそれらを見ることはできるんでしょ」と誰でも思いますが、なんと自転車道は一段低いところに整然と整備されており、花畑も庭園もなにも見えない。いちいち駐輪場にとめて、お目当ての、たとえば菜の花畑を見にいく。見終えたら、駐輪場に戻って次のみどころに移動する。これを繰り返すしかない。なんともはや不自由なことで、大失敗でした。
とにかく菜の花畑に行きました。きれいです。しかし、規模はやや小さい。桜が散る前だったらみごとだったろうな。むしろ、広大な広場がすばらしい。
昭和3.jpg 昭和4.jpg 昭和5.jpg
広場の一画に屋台のような店が数軒でており、スリランカのビールと揚げ物を購入。あずまやで、テーブルに合席させていただいて飲みはじめます。ま、結局ビールが飲めれば幸せなわけで、だんだん機嫌がよくなってきます。
同年代とおぼしき男性と「いい公園ですね」などと雑談がはじまる。地元のかただそうで、年間パス(65歳以上2100円)を購入し、週に何回もここを散歩コースにしているという。
「わたしも神代植物公園の年間パスで散歩していますが、いやあここは規模がちがいますね」とヨイショすると「なんといっても国立ですからね。カネがかかってます」と胸をはる。
もうすこし前にくると桜と菜の花のコラボがきれいだった、これからはいろんな花、特にいいのが秋の日本庭園…と1年中飽きないそうです。
おもわず長話しとなり、お別れして日本庭園をのぞいたり、園内電車と遭遇したり、ぐるりと回って入口に帰ってから気づきました。いまが見ごろのチューリップ畑を見逃した!いまさら戻るのもめんどうなので、入口のチューリップを写真に収め、「花みどり文化センター」の展示をみて帰路につきました。
昭和8.jpg 昭和9.jpg 昭和12.jpg

かつてここは米軍基地撤去闘争の最前線だった

「花みどり文化センター」には「昭和天皇記念館」が併設されています。わたしがこれまで昭和記念公園に来ることをためらっていた理由がこれです。1977年に立川米軍基地は全面返還された。砂川基地反対同盟をはじめとする地元のみなさん、全都・全国の反戦平和闘争の成果だった。住民の敵意に包囲された軍事基地は十全な機能を果たすことができない。勝利した反基地闘争の、数少ない実例が立川基地全面返還だった。
ところが政府は「昭和天皇御在位五十年記念事業」の一環としての記念公園設営をうちだし、1983年に昭和天皇出席のもとで開園した。反基地闘争をたたかった住民への、敬意も感謝もなく「天皇在位記念事業」に回収していくその政治のあり方に、大きな疑念があります。
もちろん、公園はいいのです。老若男女を楽しませるすばらしい公園であり、大地震などあったときの広域避難場所としてもこれは機能するでしょう。戦後反戦平和運動の、数少ない勝利の証としてせめて「立川平和記念公園」くらいのネーミングがほしかったなあ(ブツブツ)。
いま、1950〜60年代の反基地闘争の盛り上がりで縮小した本土の米軍機能が、ことごとく沖縄に集中してきたということが明らかにされています。『通販生活』2018年夏号の沖縄特集には、沖縄だけに70%以上の米軍基地をおしつける異常さがくっきりと分かる図が載っています。
米軍基地.jpg
沖縄の全米軍基地の返還、跡地の有効平和利用という、とても自分が生きているうちには実現しそうにない夢を、それでもみることにします。あのまがまがしくベトナムに飛んでいく米軍機の基地を、この公園に変えた歴史が立川にはあった。

複雑な想いをこめて、美しい国立公園に、乾杯。
関連:2014年07月23日、砂川基地闘争の跡地を歩くhttp://boketen.seesaa.net/article/402421259.html
posted by 呆け天 at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

西本喜美子『ひとりじゃなかよ』

「自撮りのキミちゃん」(5月に90歳)の写真集。熊本弁がなんともいえんばい。

「この表紙、どう?」
「どうって。おばあちゃんのカーリングチーム?」
「よっく見てみ。なんか変でしょ」
連れ合いが、購読している『通販生活』2018夏号の表紙をおしつけてくる。なにが変だって?
通販生活.jpg
あら。氷のリンクじゃなく、家の廊下か?3人とも同じバアチャン?ストーンに見えるのはヤカンか?
「自撮りのキミちゃん(5月に90歳)なりきりシリーズ」という、特集記事が掲載されている。
なんとこの人、撮影、演出、出演、写真をコンピュータ加工するCG技術者の、すべての役割を自分でするのだという。魂消ました。
記事によれば72歳で写真をはじめ、あまりもユニークな自撮り写真がWeb上で評判になっている。
さっそく写真集『ひとりじゃなかよ』を拝見。傑作な自撮り写真も楽しいが、それにまけない芸術的な写真がいっぱい。静物、風景、創作などさまざまな写真に添えられている熊本弁の詩がまたすばらしい。
「カレンダー」と題した一篇。
「毎年あんたたちゃ家に来るばってん
たいぎゃ溜まって 始末におおじょしとる
好かんとじゃなかとばい
助かるばってん 一枚あっとよかたい
ごめんね わがまま言うて」
(熊本弁 たいぎゃ=すごく。おおじょ=困る)
丸められたカレンダーが数本、筒状になっている写真にこの詩。おみごと。

『通販生活』ってなんなの。沖縄特集もすごくいい。

連れ合いが『通販生活』を定期購読していることは知っていましたが、手にとって読んだことはありませんでした。
大笑いしながらキミちゃんの自撮り写真を見終えたら、もうひとつ沖縄特集が組まれていて、稲嶺進前名護市長と落合恵子の対談が6ページ、「沖縄、私はこう考える」という伊勢崎賢治(東京外語大教授)、半田滋(東京新聞論説委員)、飯島信(「沖縄の基地を引きとる会・東京」)の充実した論考が3本。総合月刊誌だってこれだけの特集みたことがないくらいすばらしい内容です。
カタログハウスというところが出版している雑誌のようですが、なんなのこの会社は。
まったく、世の中には不思議な仕組みの会社があるようです。

自撮りのキミちゃんの、すばらしい写真に、乾杯。
ひとりじゃなかよ
西本喜美子『ひとりじゃなかよ』飛鳥新社、2016年、1111円+税。
続きを読む
posted by 呆け天 at 08:15| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする