2018年05月24日

腐った「アタマ」がふりまく害毒。なんという無惨な。

日大アメフト部・内田と、首相・安倍のあまりの近似。

スポーツにかかわるニュースで、最近これほど気持ちの悪いものはなかった。
日大アメフト部の選手が、コーチと監督の明瞭な指示に基づいて、相手選手にケガを負わせることだけを目的としたタックルをおこなったと記者会見で明言し、その言葉の真実性は、ニュースを見ている誰にも伝わった。
ところが、この記者会見をうけて開かれた5月23日の記者会見で、内田正人(前監督)と、井上奨(コーチ)はこれを全面的に否認した。
「私は指示していない」(内田)、「ケガをさせろとは言ってない」(井上)。
障害行為をした選手がウソをついたか、あるいは内田や井上の言葉を曲解して誤った行為をしたという言いのがれだ。もし内田や井上を傷害犯罪の教唆で立件しようとすれば、録音テープとか書面が必要らしいから、逮捕・起訴はされないと確信しての記者会見だろう。
なんという気持の悪い。
昔から「魚は頭から腐る」という。内田という男が、骨の髄から腐った人間であることは、テレビ画面越しでもつたわってくる。その腐った頭が、絶対権力者として君臨するアメリカンフットボール部。彼の腐敗になじみ、同化し、疑念を持たない者だけがこの組織でコーチになれる。井上という男のふるまいが、いやになるほどそのことを伝えてきます。

「私か妻がかかわっていたら首相も政治家もやめる」と語った安倍のことばが、ありとあらゆるウソをひきおこし、国の書類を廃棄させ、下級公務員の自殺者を生む。
暗愚の、腐ったアタマの男の一挙手一投足が、日本の官僚政治システムの総劣化を引き起こす。
「記憶にない」「記録されていない」「職務を完遂して責任をとる」…。
おそろしい限りです。

いったい、どこまでつきすすめばエンドマークがうたれるのか。
5月24日朝日新聞朝刊1面は、期せずして(あるいは意図して)二つの事件の近似を伝えている。
posted by 呆け天 at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

伊東潤『西郷の首』


加賀藩の足軽の眼から幕末・明治維新をみる

 書き尽くされたようにみえる幕末・明治維新ですが、本作は加賀藩の足軽身分の若者二人を主人公に据えたことで、これまで見たことのない景色が広がります。
なるほどなあ、こんな斬新な手法があったか。まことに、時代小説の素材・手法は無尽蔵です。

 明治維新の4年前、元治元年(1864年)の加賀藩で、歴代藩主の墓所を掃除する二人の若者の会話から長い物語が幕をあける。
当時の加賀藩は、当然のことながら、厳格な身分制のもとにある。藩主とその親族、重臣(「八家」)、上級家臣(「人持組」68家)、中級家臣(「平士」「平士並」)、下級家臣(「与力」)、徒士(かち)身分(「御歩」「御歩並」)に分かれている。足軽はその下で、さらに下には小物、中間、陸尺と呼ばれる雑役担当がいる。
しかし、加賀藩では雄藩の誇りから、足軽の居住環境にまで配慮していた。他藩であれば壁板一枚を隔てただけの長屋に住むのがあたりまえの足軽に、足軽小頭で70坪、平足軽で50坪の広さの一戸建てを与えていた。若者二人も、意気軒高としており、最下級武士の卑屈さといったものを感じさせません。

 島田一郎17歳、小柄でがっしりした体格、直情型。身分にしばられた時代が終わることを予感して、熱に浮かされたようになっている。
千田文次郎18歳、長身痩躯、穏やかで控えめな性格。空理空論を好まず、剣の腕は確か。性格や考え方はまるで反対だが、幼いころから遊びも勉学もともにした親友だ。
一郎は直情のままに生き、やがて不平士族の急先鋒となり、大久保利通暗殺の主犯となる。
文次郎は軍人となり、西南戦争に従軍して、薩摩軍が隠した西郷隆盛の首の発見者となる。不平士族の中に「まだ西郷はどこかで生きている」という神話が生まれなかったのは、首が発見されたからだった。
西郷と大久保、その終焉に深くかかわった元加賀藩の足軽二人、しかも二人は親友だった。じつに卓抜な設定で、「作ってないか!」と言いたくなります。小説ですから、まさに伊東潤がつくった物語なわけですが、史実に裏打ちされた迫真の展開で、時を忘れて呑み込まれます。

 加賀百万石が幕末の大波に揺らぎ、生き残りのために苦闘するさまも興味深い。
ときの藩主・慶寧の「三州自立割拠」の構想など、本書で初めてしりました。西洋文化を取り入れて殖産興業、富国強兵に務め、加賀・越中・能登に割拠して『義旗を揚げる=朝廷を守る』というもので、幕府・薩長のどちらにもくみしない独自の道はないかと模索した。
一郎と、後に「アドレナリンの発見者」となる高峰譲吉との出会いから生まれた窮民救済活動が、やがて藩の事業になる。直情の一郎が慶寧に直訴したことで、卯辰山に飢饉の窮民を救う養生所と撫育所がつくられ、さらに産物会所や種痘所、薬草園などに広がって行く。慶寧は「三州自立割拠」の象徴としてこれを育てようとした。これだけで独立した一編になるほど魅力的な挿話です。
もうひとつは、やってきた水戸天狗党への応接。吉村昭『天狗争乱』で、水戸天狗党が加賀藩で降伏したことが詳述されています。本書では加賀藩側からみた天狗党の最後が描かれています。天狗党を単なる暴徒としてではなく、志をもった武士として扱い、天狗党の幹部(武田耕雲斎、藤田小四郎)の面々も加賀藩に深く感謝する。小四郎の謦咳に接した一郎は、志士としての死に方を学ぶ。天狗党事件に、もうひとつの光をあてる挿話になっています。

 さすが加賀百万石、歴史の厚み、重みがちがいます

 加賀藩といえば『武士の家計簿』(磯田道史、2003年)です。加賀藩の微禄の陪臣が、算用(ソロバン)の技術で、何代もかけて少しずつ身分をあげ、維新後は兵站係としての能力をかわれて中央政府に出仕、海軍主計にまでのぼりつめる。能力が身分を凌駕していく。それも軍事・政治の能力ではなく、会計・経理の能力で。幕末・明治維新をみるもう一つの視点を示した、画期的な著作でした。
そしてこの『西郷の首』です。幕末の激動に翻弄されながらも、誇りをもって生き抜く藩士たちが、西郷・大久保と交錯する。さすが加賀百万石、歴史の厚み、重みがちがいます。

 加賀藩の足軽の眼から見た幕末・明治維新の景色に、乾杯。

 西郷の首

伊東潤『西郷の首』KADOKAWA、2017年、1800円+税。

posted by 呆け天 at 07:33| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

沖縄の友人より(53)5・13県民大会に3500人

辺野古阻止、自衛隊ミサイル配備反対、アジアの平和を決議
韓国からも、米軍基地とたたかうみなさんが参加

「5・15平和行進」を締めくくる県民大会は、5月13日午後、宜野湾海浜公園屋外劇場で開かれ、3500人が参加した。
主催者を代表してあいさつに立った山城博治沖縄平和運動センター議長は「辺野古は護岸造成から土砂投入という重大局面を迎えている。不法な埋立てを絶対に阻止しよう。昨日宮古島の平和行進に参加してきた。自衛隊ミサイル基地に反対する宮古の闘いを孤立させてはいけない。与那国、八重山、宮古の自衛隊基地建設で南西諸島が戦争の防波堤とされ戦場となることを止めよう。全国の仲間と手を取り頑張りたい」と決意を述べた。
司会の仲村さんが「行進参加者は、一日目辺野古を出発する中北部コース550人、南部戦跡コース400人、2日目は700人と650人、普天間基地を包囲する3日目は2500人と1100人、合わせて5400人」と報告すると、大きな拍手が起こった。
 
照屋寛徳、糸数慶子、伊波洋一の3人の衆参議員が発言した。伊波洋一さんは「沖縄基地は朝鮮戦争に備えている。そのため米軍は毎年大演習を繰り返してきた。アメリカはアジアで戦争することを何とも思っていない。安倍は戦争加担の政策を進めている。有事の際に全国の港、空港は米軍が自由に使えることになっている。日本中が戦場になる。ミサイルが原発にあたれば広島の何十倍もの被害を生む。沖縄だけの問題では済まない。アジアで戦争をさせてはならない。米軍優先で主権のないこの国の現状を変えよう」と訴えた。
辺野古の闘いを報告したヘリ基地反対協の安次富浩さんは「朝鮮半島の非核化統一に向かう朝鮮の人びとの自己決定権を支持する。沖縄も自己決定権を行使し基地のない沖縄をつくる。手本になる闘いは朴槿恵を追放し民主政権を打ち立てた韓国のろうそくデモだ。巨万の人びとが国会に集まれば安倍を倒すことができる。直接民主主義を沖縄、日本で展開しよう」と呼びかけた。
 
海外ゲストのコ・グォニルさん「イデオロギー対立をこえたろうそく革命で独裁から民主政治を勝ちとったが、依然として米軍中心の世相が強く残っている。民衆の意思をさらに強くし恒久的な平和体制をつくり伝えるため共に闘おう」と述べて、「辺野古新基地建設反対」「米軍はアメリカへ帰れ」と声を限りにシュプレヒコールした。
韓国京畿道の水原七宝山(スウォン・チルボサン)自由学校の小学生14人は、セウォル号真相究明を求める運動の中で常に歌われた歌を元気よく踊りながら歌った。歌詞は「闇は光に勝てない。嘘は真実に勝てない。真実は沈まない。我々は諦めない」を繰り返す。
安倍政権のウソと欺瞞、隠蔽に塗り固められた政治に対し、日本の我われこそが声を大にして歌わなければならない歌だ。

@2018.5.13 宜野湾海浜公園屋外劇場。復帰46年 5・15平和とくらしを守る県民大会に3500人。「辺野古新基地阻止するぞ」。A川口真由美さんと泰真実さん「We shall overcome」。Bヘリ基地反対協の安次富浩さん。
Cチェジュのコ・グォニルさんが「米軍は出ていけ」とアピール。Dキョンギ道スウォンの自由学校の小学生が「真実は沈まない」との歌と踊り。
E5.11 沖韓民衆連帯の豊見山さんを先頭に行進に出発する韓国行進団一行。横断幕には「沖縄平和行進韓国参加団」。F5.10 5.15平和行進全国結団式に500人。韓国の行進団長、シン・スヨンさんがあいさつ。G5.7 辺野古集落の道路横に咲いたデイゴの花。デイゴが咲き誇る年は台風が多いという。台風も埋立工事粉砕に一役買う筈だ。

「第8回コリア国際ファーラム」に参加

「第8回コリア国際フォーラム」が4月25日〜27日、ソウル市ヨンサンの鉄道会館で開かれたので、参加してきました。
英、仏、独、スペイン、スイス、ベルギー、ギリシャ、アイルランド、ウクライナ、ロシア、アメリカ、エクアドル、ラトヴィア、そして日本(沖縄)からの参加者と、韓国の活動家が、さまざまな分科会に分かれて平和のための討議を行いました。
ちょうど27日は南北会談の日で、新聞、テレビでは持ち切り。テレビは24時間ニュースの局が2つあり、くりかえし放映していました。

Hアメリカ大使館前のひとりデモ。Iテーマ「世界の民衆生活と民衆抵抗」。参加者の記念撮影。Jテーマ「憤怒を組織せよ」。参加者はギリシャ、ドイツ、ロシア、イギリス、スイス、イタリア、ウクライナ。
Lアメリカ大使館前のひとりデモ.jpgHM「世界の民衆生活と民衆抵抗」.jpgIN「憤怒を組織せよ」.jpgJ
Kテーマ「米朝平和会談と平和運動」参加者は、フランス、アメリカ、ロシア、ベルギー、韓国。L米軍基地ゲート前のパフォーマンスMテーマ「戦争のない世界」。ウクライナ、ドイツ、フランス、エクアドルの参加者。
沖縄のメッセージは、海を越えて行く。敬意と連帯を表します。
posted by 呆け天 at 08:32| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする